缶詰ながら「いなば タイカレー」が美味しそうだったので、3種+ガパオを食べ比べ

  • 投稿日:
  • Category:

◎いなば タイカレー 3種 各4個セット(125g缶詰)

結構人気みたいで、近所のスーパーでは軒並み売り切れだったりしてたんですが、ようやく普通に購入できました。

どうせ買うなら全種類試してみたいなぁということで、いなばタイカレー3種ともう一つ追加に同じシリーズっぽいやつで売っていたタイガパオこと、とりそぼろとバジルを購入。

1つ1つはそれほど大きく無いので、ちょっとした夜食だったり、おかずとして1品加えたりすることができるのと、保管しておける期間も長いので、いわゆる缶詰としての役割をしっかり果たしてくれるのではないかと

inaba_kan_01.jpg

今回はこの4つを食べていきます。

inaba_kan_02.jpg

4つ積んでみました。

とりそぼろとバジルだけ、一回り小さいのです。

inaba_kan_03.jpg

上から見てもその小ささがわかるのではないかと。

お値段はどれも一緒ぐらい。

写真を撮る前にレッドカレーはヨメさんに食べれられちゃったので、チキンカレーから。

inaba_kan_04.jpg

イエローカレーこと、チキンなタイカレー。

思っていたよりちゃんとタイカレー感があって、内容量こそさほど無いものの小腹を埋めるには十分な量で、ちょいと小腹が空いたときにほかほかご飯があればそれとこれだけで、美味しくいただける感じ。

鶏肉は3つ4つ小振りながら入ってます。辛さはあまりなく、ビールとの相性は良さそう。

inaba_kan_05.jpg

続いて、とりそぼろとバジルなタイガパオ。

これも本場タイで製造しているということをうりにしている商品。

別に本場で製造しなくても材料一緒なら国内で作れば良いんじゃない?と思わないこともないですが、きっとタイで作ることによって、その風味だったり、空気感だったりが一緒に味わえるのでしょう。

inaba_kan_06.jpg

開けてみたところ、思っていたよりもオイリー。

挽肉からくる油なのか何なのかは不明。

inaba_kan_07.jpg

ご飯にのせてみたら、案外いい感じに。

オイリーな感じも若干軽減されました。

inaba_kan_08.jpg

目玉焼きをのせることによって、ガパオ化してみたり。

スプーンで混ぜ混ぜしてくのです。

inaba_kan_09.jpg

玉子と一緒に混ぜてあげると辛さもオイリー感も薄れていい感じに。

味は結構本格的なガパオで、もう少し辛くても良いかな~と思いながらも、ちゃんとした料理として成り立っちゃうぐらいしっかりしたものでした。

それだけに、もうちょっとボリューム感がでてくれれば文句ないんですが、まともな量のご飯と合わせるのであれば2つ買えという事ですね。

inaba_kan_10.jpg

そしてツナとタイカレーこと、グリーンカレー。

タイっぽい雰囲気あるイメージに仕上がってました。

inaba_kan_11.jpg

こちらも目玉焼き併せて美味しくいただきました。

ツナがどういった味わいなのかちょっと不安でしたが、グリーンカレー感は損なって無くて、むしろ旨味が増すような形に仕上げられていて、これもなかなか。

いずれも「タイカレー」っぷりとしては十分なもので、2缶あれば1食十分に賄えるだけの量になります。

今ではコンビニや100円ショップなんかでもタイカレーが普通に売られているし、味わいもそこそこだったりするので、あえて缶詰を選ぶ理由はないんですが、ビールとの相性は良さそう。

なので、備蓄も出来るいわゆる「おつまみ」として買い溜めしておくとちょっとしたときにいい感じの味わいで美味しくいただけるのではないかと。

コメントする