2020年5月 7日

IP65防塵防水LEDテープライト「Lighting EVER 410054-RGB」で間接照明環境のお手軽実現が可能に

lighting_ever_led_01.jpg

LEDテープライト Lighting EVER 410054-RGB-JPです。

安価に入手できるようになってきてちょっと部屋の構成を変えたときにLEDテープライトを家具だったりディスプレイ裏に貼り付けておしゃれ感を演出したいじゃん?という思いに駆られたこともあって、お試し感覚でまずはLEDテープライトがどんなモノなのかと試してみることに。

作業部屋がワンコの居住スペースと同居しているため、(部屋の照明に調光機能が無いこともあって)深夜帯の作業時には間接照明だけに出来たら良いなと思いつつ。

なお、リンク先だとIP67って書いたあったんですが、パッケージを見るとIP65となってます。防水能力として、IPX7ではなくIPX5ということで生活防水程度ということになるのかなと。

水が滴るようなところで使用するわけではないので良いんですが、商品説明についてはしっかりしていただきたいなと思います。

購入を考えられている方は、念のためご注意を。

2020年5月 6日

スタイリッシュデザイン&回転型ケース採用「Aipower Key Series EP-T10」がQi充電対応で真の完全ワイヤレス運用が可能に

aipower_keyseries_t10_01.jpg

Aipower Key Series EP-T10です。

割と珍しい、円形の充電ケースを採用したモデルです。

AUKEYが販売メーカーで、Key Seriesとしてブランド化したシリーズ品。

先んじて、「アクティブノイズキャンセリング機能搭載ワイヤレスイヤホン「Aipower Key Series EP-N33」が軽いのにしっかり防水でネックバンド部質感と装着感が良い」でレビューを実施したAipower Key Series EP-N33も同じシリーズ品です。

ともに、鍵マークをモチーフとしたロゴが特徴的。

ぱっと見でスタイリッシュに見えるので結構KeySeriesのロゴは好みです。

そんな、KeySeriesの完全ワイヤレスイヤホンとなるAipower Key Series EP-T10における最大の特徴はQi規格対応による充電ケースのワイヤレス充電対応です。

「完全ワイヤレス」を謳っていても、充電する際はどうしても充電ケースとUSBケーブルなどを接続してワイヤードな状態で充電する必要がある商品が大半。

「完全」を謳うなら、充電ケースの充電だってワイヤレスであるべきだ!ということで、ケースを置くだけ充電対応とすることで真の意味で「完全ワイヤレス」を実現したイヤホンとなります。

充電機能以外にも、高品質なKeySeriesらしさが随所に垣間見える出来になっているので、ちょっとご紹介していきます。

2020年5月 6日

AliExpress お買い物方法(モバイル版)- 日本語表記/日本円通過設定/住所入力まで

  • 投稿日:
  • Category:

アリババグループにより運営されている「AliExpress」は、非常に安価に多種多様な商品を買うことができるということで、海外通販の中でも割とメジャーなショップです。

日本語対応もなされていて、使いやすい印象がありますが、それでも初めて利用する際などは不明点も多いかと思います。

迷われる方が多いと考えられるモバイル版ページでの「日本語 言語選択」「日本円」表記方法と、「カートに入れて支払い」までを簡単に説明します。

アプリも出てますが、ブラウザ版でご紹介。

2020年5月 5日

アクティブノイズキャンセリング機能搭載ワイヤレスイヤホン「Aipower Key Series EP-N33」が軽いのにしっかり防水でネックバンド部質感と装着感が良い

aipower_keyseries_ep-n33_01.jpg

Aipower Key Series EP-N33です。

ちょっと写真が暗くなってしまいましたが、アクティブノイズキャンセリング機能を搭載するネックバンドタイプワイヤレスイヤホンとなります。

KeySeriesモデルについては、モバイルバッテリーなどで国内展開を含めがっつり商品ラインナップを手広く手がけているAUKEYのサブブランドてきな位置づけとなっています。

簡単に本商品の説明をするなれば、「アクティブノイキャン搭載」「バッテリーの持ちは8h程度」「IPX6防水」「イヤホンマグネット吸着」「AAC対応でiPhone派も満足」といった感じ。

完全ワイヤレスイヤホンの隆盛により、ちょっと影が薄くなりつつあるネックバンド型ワイヤレスイヤホンですが、「ちょっと外したい時に不便」「どこかに行っちゃう不安感」など、踏み切れないというかやっぱりある程度の存在感があった方が良いというニーズも根強いです。

個人的には、音楽に没頭していても頻繁に声を掛けられるので、片耳をサクッと外せるネックバンドタイプの方が楽という感じです。移動中とかは完全ワイヤレスイヤホンで問題ないんですが、作業中とかはネックバンドの方が楽かなと。

そんなわけで、重量も38gと軽く、バッテリーの持ちも良く、アクティブノイズキャンセリング機能も備えた完成形ともいえそうなAipower Key Series EP-N33を見ていきます。

2020年5月 5日

肺炎の疑いもチェックできちゃう「UMIDIGI UFit」は健康チェック機能豊富なスマートウォッチ

umidig_ufit_01.jpg

スマートウォッチ UMIDIGI UFitです。

各種SIMフリースマートフォンで、日本の技適をしっかり取得し、かつ対応バンド幅も広い上にコスパが高くて優秀!というイメージの強いUMIDIGIさんが、スマートウォッチも出していたということで、要チェック。

とはいえ、機能面では他社含めて多種多様に出ているスマートウォッチと大差ないんじゃ無い?コスパ重視なだけなら他社で安いのいっぱいあるし・・・と思ってたんですが、何やら健康志向な設計がなされているということで昨今の状況を考えると健康維持をしてしかるべきな感じにもなっているので、それならその健康志向な設計となっている機能をしっかり見ていこうじゃないかという感じ。

具体的な機能として、経皮的酸素飽和度(SpO2)の測定が可能な機能を搭載しているという点がかなりユニーク。

わかりやすく説明すると、動脈血の赤血球に含まれるヘモグロビンの何%に酸素が結合しているかを計ることができ、血流に含まれる酸素レベルを数字で表示可能となってたりします。

つまり、肺炎の疑いがチェックできちゃうということ。肺炎以外にも、気管支炎、喘息、睡眠時無呼吸症候群、慢性閉塞性肺疾患、肺気腫などの調光や恐れがないかを簡単にチェックできちゃうのです。

(※測定された情報は診断と治療の依拠として使用できないので、あくまで目安として用いてください)

当然、自動的に24時間心拍数を追跡でき、健康の変化をリアルタイムで把握できたりする従来型のヘルスチェックもしっかり行えますし、当然ながら着信、Facebook、Skype、YouTube、Twitter、instagram、SMSなどのAPPからのリアルタイム通知はスマートウォッチにバイブで知らせることができ、重要な情報を漏らす事も無い、スマートウォッチとしての機能も充実。

初めてのスマートウォッチとしても、年配者向けのプレゼントとして適した商品といえるんじゃないでしょうか。

ちょっと見ていきます。

2020年4月30日

お手軽真空パック機 「CalmDo JP-V001-01」が乾/湿対応&脱気/シーラーと多機能

  • 投稿日:
  • Category:

calmdo_jp-v001_01.jpg

CalmDo 真空パック機 JP-V001-01です。

食材を真空状態で保管すると、空気と変質物を食材と分離し食材の保存時間が伸ばせるのと、湿気対策などにも有効だということもあって、結構人気なようです。

また、冷凍保存をするのに便利だったり、これから気温がぐんぐん上がっていく中において、鮮度を保ちつつ長期保存したい!とかいうニーズにもバッチリ応えてくれます。

使用した感じについて、結論を述べてしまえば「お手軽・かつ便利」「真空パック化するのが楽しい」という結果になったわけだったり。

使い勝手など含め、そんな便利な自動真空パック機をちょいと見ていきます。

2020年4月28日

安価な水平多関節デュアルディスプレイアーム「KITASEN MA12-2」は角度調整が柔軟で設置が容易

kitasen_ma12-2_01.jpg

KITASEN 水平多関節デュアルディスプレイアーム MA12-2です。

写真の通り、13インチから32インチまで対応することが可能な商品です。

耐荷重は8kg。VESAマウント対応規格は75×75mm、100×100mm。大半のディスプレイでお使いいただけます。

PCモニターアーム デュアルディスプレイアーム 2画面ディスプレイスタンド 水平多関節 13-32インチ対応 耐荷重8kg KITASEN

クランプ式での設置となり、デスクの厚さは10mm-88mmの場合に利用可能となります。

または、グロメット式取り付けにも対応し、その場合はデスクの厚さは10mm-75mmの場合に対応できるとのこと。

ケーブルを綺麗にまとめて収納できるケーブルホルダーがありますので、作業スペースがきれいにスッキリした環境とすることができます。

液晶ディスプレイを回転することもでき、通常の横位置だけでなく縦位置での使用も可能です。

2020年4月24日

可動域の広いデュアルモニターアーム「Accurtek ZJ25-02」が、ガススプリング方式採用で調整自在

accurtek_zj25-02_01.jpg

土台1つに支柱が2つでディスプレイ2枚を設置することが可能なAccurtek ディスプレイスタンド ZJ25-02です。

ガススプリング方式を採用し、ぐいぐい動かすことが可能。

17~27インチの液晶ディスプレイに対応し、液晶ディスプレイモニターアームのVESA規格は75×75mm、100×100mmに対応。

耐荷重は各アームごとに2~6.5kgとなっています。

PC モニターアーム 2画面 液晶ディスプレイ アーム デュアル  ディスプレイスタンド 2アーム ガススプリング式 ガス圧式 クランプ式 17~27インチ 耐荷重2~6.5kg ZJ25-02 ACCURTEKPC モニターアーム 2画面 液晶ディスプレイ アーム デュアル  ディスプレイスタンド 2アーム ガススプリング式 ガス圧式 クランプ式 17~27インチ 耐荷重2~6.5kg ZJ25-02 ACCURTEK

ガススプリング式のモニターアームはスムーズに高さ調節ができますし、様々な角度も調整できて、自由度が高いです。

上+90°下-45°、左右±90°、回転360°に対応ということで、常に自分に最適な角度・位置に調整し、背中や首の疲れを軽減するのに役立ちます。

机の固定方式としてクランプ式を採用しました。転倒を防ぎ、耐震に効果があります。天板(10~80mm)にははさむだけで簡単に取り付けることができます。

2020年4月20日

肉厚イヤーパッドを採用する「OneOdio Pro50」が流石の上位モデルっぷり

oneodio_dj_pro50_01.jpg

OneOdio Pro50です。

独自開発のドライバーユニットを採用し、どこまでも原音に忠実であること、音色や音像定位の微細な変化を厳密に再現できること。楽器配置や音の響く空気感といった演奏空間全体を広く見渡すことができ、原音のイメージそのままの音質を実現すると謳うモニターヘッドホンです。

スタジオモニタリング、ミキシング、マスタリングからライブサウンドエンジニアリングまで対応できるとしています。

2020年4月19日

apt-X不要ならコスパが良い「Sabbat okcsc JY X12 PRO」がiPhone派にオススメ

sabbat_x12_pro_01.jpg

Sabbat okcsc JY X12 PROです。

割と珍しい、インナーイヤー型の完全ワイヤレスイヤホンとなります。

IPX5防水機能を備え、AACコーデック対応でiPhone派にオススメなモデルです。

割とシンプルなデザインで、軽量かつ1回の充電で6時間再生が可能というバッテリーの持ちも魅力。

apt-X + AAC対応の類似モデルAabbat okcsc JY X12 Ultraを有しているんですが、主にAndroid端末で対応しているapt-Xが不要ということであれば、本モデルの方が安いのでオススメ度が上がるかなと。

加えて、デザインもシンプルになるので派手さを求めない方にもオススメできます。