2022年4月 7日

スマホアプリでの管理にも対応した「Ymiko MK-60」は丸みを帯びたデザインで長く使えるハンディ脱毛器

s-hairremove3_01.jpg

Ymiko ハンディ脱毛器 MK-60です。

これからの季節、今年こそは色々な所に旅行にいったり遊びに行ったりしたい、と思っておられる方も多いでしょう。ただそれと共に、しばらくケアをしていなかった部分を先になんとかしないと、という気がかりも出てきているのではないでしょうか。

昨今は自宅で扱える脱毛器も様々なものが出てきたものの、効果的な使い方や正しい使い方の知識がなければ、あまり効果を得られないのではないか、やはりサロンにいくしかないのか...?と考えられている方も一定数おられるだろうと思います。

そんな状況にぴったりな、安価で、手軽に扱えて、専門知識がなくてもアプリで効果的に管理することができる脱毛器をご紹介。

2022年3月25日

吸引+水拭き&自動洗浄+乾燥対応のフラッグシップモデル「ECOVACS DEEBOT X1 TURBO」がデザイン性に優れ、吸引力抜群で機能も最高峰

deebot_x1_turbo_01.jpg

ECOVACS DEEBOT X1 TURBOです。

長年ロボット掃除機をメイン商材として展開してきたECOVACSがリリースする「本気の全自動」を謳うフラッグシップモデルになります。

「本気」を謳う以上、妥協はしない!といわんばかりに、機能・性能はガッツリハイエンド仕様。

吸引+水拭きの乾湿両用は当たり前で、水拭きしたモップについても洗浄可能で手を汚さずにメンテすることが出来る優れもの。

さらにモップ自体を洗浄した後に乾燥してくれるので雑菌が増殖したりしない様にしてくれていたりと、痒いところだけじゃなく隅々まで手が届けられちゃっている商品になっています。

そして、非常に興味深いのが通常のロボット掃除機だとレーザーセンサーだったり、赤外線センサーだったりを用いて障害物を避けたりするところ、このDEEBOT X1 TURBOは撮影・記録まで可能なカメラを搭載して精度高く障害物を避けることが出来るのはもちろん、リアルタイムにカメラの映像確認が行えるなど、進化を存分に体感出来る先進機能を盛り込んだモデルに仕上がっています。

デザイン面についても、かなり攻めたスタイリッシュさがあり、高級感も漂うほど。

色々と試していたら、写真の数が50枚を軽く超えてしまったんですが、それだけの価値ある商品となっています。

ちょっと長いですが、使用感などを含めご紹介。

2022年3月23日

工事不要で設置場所の自由度が高い食器洗い乾燥機「ecozy DW-01」は結構パワフルで洗浄力もしっかり

s-dish_washer_01.jpg

ecozy(エコジー)の食器洗い乾燥機 DW-01です。

お家ご飯の機会が増えると、当然片付けの機会も増えますよね。

食洗器がビルトインされたキッチンであれば便利で良いですが、そうでない場合はキッチンの作業台などに新たに設置する場所が必要になるため、十分なスペースがなければ諦めざるを得ない、とお考えの方も多いでしょう。

また、水の給排水が必要になる製品のため、工事が伴うこともあり、製品の費用と工事費用とで出費もばかになりません。

一切の専門的な取付工事不要で、一般的な製品と同様にキッチンに設置しての自動給水/自動排水にも対応しつつ、さらに手動給水にも対応していることにより、蛇口の近い場所でなくても設置することが可能な機能性が高い食器洗い乾燥機をご紹介。

2022年3月16日

4つのブラシで汚れをグイグイ落とし込む「Tilswall ワイヤレス スクラバー QXJ-M3」がトルク5.0Nmでパワフルにブラッシング可能

  • 投稿日:
  • Category:

tilswall_brash_01.jpg

Tilswall ワイヤレス スクラバー QXJ-M3です。

強力なモーターを搭載し、優れた洗浄効果をもたらしてくれて、バスルーム、キッチン、床などの頑固な汚れも楽に落とせる便利グッズです。

先端部の角度調整が簡単に行えますし、動作モードも250rpmと300rpmの2モード切り替えが可能。

D型デザインを採用したハンドルは持ちやすく、ハンドル超も66cmまたは104cmとパーツ切り替え可能なので用途に応じて調整しやすいのもポイント。

先端ブラシ部についても、角度調整を行えるので、清掃箇所に合わせて角度を変えつつ位置固定して使えます。

そしてコードレスで面倒になりがちな充電については60分間の急速充電が可能で、パワフルモードで80分、標準モードなら180分使用することを可能にしています。

5分間の急速充電でも10-15分程度使えるということで、充電し忘れてバッテリー切れた!!という様なシーンでも、数分の充電で使用することが出来る様になるのは便利。

ハンドル部については人間工学に基づいて作られているので、握りやすく、全体的にスッキリとした外観なこともあってスタイリッシュな印象すら与えてくれます。

個人的に、手磨き的なブラシを用いてお風呂の掃除を日々行っているんですが、やっぱり疲れるな~という感じであり、電動ブラシで軽く握って当て込むだけで綺麗になるんだったら家事楽だなーということで、今回使ってみることにしました。

2022年3月 3日

ハイパワー除湿&空気清浄機「hysure Q10」は空気中の埃や花粉、湿気に2in1で対応できるコンパクトモデル

s-_dehumidifier_air01.jpg

除湿&空気清浄機hysure Q10です。

3月に入って最高気温が関東圏でも10度を超える日が増えてきた今日この頃、今年も花粉の季節と湿気の季節が徐々にやってきます。

花粉も湿気も不快極まりないですよね。部屋のスペースは限られる、でも両方対策したい・・・そんな思いを持っておられる方も多いことでしょう。

そんなニーズに最適で、小型ながらしっかりと12畳までの範囲で対応可能な除湿器と空気清浄機を兼ねる便利な1台を紹介。

本製品の特徴は以下の通りです。

  • 1日最大750mlもの除湿に対応

  • 簡単にタンクを取り出して水を捨てるなどのメンテナンス可能

  • 動作音が最大45dB以下の低騒音設計

  • 不在時や睡眠時も安心なタンク満水時の自動検知/停止機能搭載

  • 連続稼働も安心な低消費電力設計

  • 集塵量が2倍に増えた静電HEPAフィルターで花粉などの微細粒子を99.97%除去

2022年3月 2日

簡単操作で様々な蒸し料理を作ることができる「AONICA AC-EG-2W」はゆで卵なら最大14個同時調理可能な高コスパスチームクッカー

  • 投稿日:
  • Category:

s-_steamcoocker01.jpg

AONICA AC-EG-2W、スチームクッカーです。

※パッケージには「電気卵ゆで器」とありますが、ゆで卵専用ではありません

日本人の朝食やお弁当のおかずで「定番」と言えば、やはり、ゆで卵です。

忙しい朝でもサッと作ることが可能なほど、文字通り卵を茹でただけの簡単な料理であり、栄養価も高いということが昔から愛される由縁でしょう。

しかし、卵の中は基本的に殻をむくまで見ることができないため、鍋で作ると意外と「ちょうど良い茹で加減」のゆで卵を作ることは簡単なようで難しいものです。

半熟で作りたかったのに、ちょっと目を離しただけでも茹ですぎて固ゆでになってしまったり、うまく茹でられたつもりでも卵一つひとつの茹で加減に微妙なムラが出たり、殻がとにかく剥きにくくなってしまったり、というような経験をされている方も多いでしょう。

電気加熱による「蒸し」調理で、設定時間さえ一度覚えてしまえばいつもベストなゆで卵を作ることができ、茶わん蒸しやトウモロコシの茹でなどにも対応するコンパクトで使いやすいスチームクッカーを紹介します。

2022年2月18日

水拭き&ハンディの2in1で使える「Tineco Floor One S5 Slim」がお手軽&パワフル

tineco_floor_one_s5slim_40.jpg

Tineco Floor One S5 Slimです。

別記事「省スペース&パワフルな「Tineco FLOOR ONE S3」はセルフクリーニング機能も備える乾湿両用コードレスクリーナー」で、紹介したTineco FLOOR ONE S3の上位モデルにあたる商品。

基本的な乾湿両用掃除機としての機能は一緒なんですが、Slimと付いているとおり、多少スマートなデザインになっているのと、ハンディモードで使うことが可能になっている点が大きな違いとなります。

S3は床の水拭きを兼ねて清掃することが出来るのは便利だというのは上記別記事でレビューした通りなんですが、やはり普通に掃除機としても使用したくなることもあるわけで...。

そんなニーズに応えてくれるのが、このS5 Slimで本体から分離してハンディクリーナーとして使えるので、メイン利用としては水拭きできる乾湿両用クリーナーとして使いつつ、細かな場所はハンディで対応という2in1で使える感じが嬉しいところ。

S3との対比もしつつ、ご紹介。

2022年2月18日

省スペース&パワフルな「Tineco FLOOR ONE S3」はセルフクリーニング機能も備える乾湿両用コードレスクリーナー

tineco_floor_one_s3_22.jpg

Tineco FLOOR ONE S3です。

ホコリ認知センサーを搭載し、キッチンやリビングなど様々な汚れを吸引してくれる便利なコードレスクリーナーで、床の汚れを検出し、汚れの状況を瞬時にキャッチ、吸引力と水量を自動的に調整してフローリングをピカピカに掃除してくれる便利なアイテムです。

掃除中にブラシに付いている汚れを除去し、いつも綺麗な水でフローリングを掃除することができる、床の清潔感を保ってくれるセルフクリーニング機能を搭載。

インテリジェントヒューマンインタラクティブシステムを用いて、汚れの度合いなどに応じて吸引力を自動調整してくれます。

バッテリー残量などもサッと確認できて手間いらず。気が向いたときに取り出して、掃除して、戻せばOKという手軽さが魅力の商品です。

tineco_floor_one_s3_01.jpg

そんな、Tineco FLOOR ONE S3をご紹介。

2022年2月14日

コスパ良し・サイズ感良し・使い勝手良しの3拍子が揃った「AONCIA 電気圧力鍋 E-PC031」

s-_pressurecooker01.jpg

AONCIA 電気圧力鍋 E-PC031です。

コロナ禍でおうちご飯が主の日々が続く中、そろそろ調理のバリエーションを増やしたいと感じておられる方も多いのではないでしょうか。また、テレワークで仕事を切り上げるタイミングがつかめず、ついつい長引いてしまい、ゆっくり調理する時間が取れないので短時間で調理したい、という方もおられると思います。

ガスで温めるタイプの鍋では調理に時間がかかりますし、微妙な温度設定が基本的に行えないので何より目を離すことができません。IHの場合、火の消し忘れの心配はありませんが、それでも調理に時間がかかるという問題は解消できません。

そんな状況にピッタリとハマり、1万円を切る低価格ながら3Lの容量を確保しつつ、1台10役を兼ねる便利な電気圧力鍋をご紹介。

本製品の特徴は以下の通りです。

  • 炊飯/煮込/蒸し/シチュースープ/肉料理/豆料理/角煮/低温調理/圧力調理/炒め、と10種類もの調理方法に対応

  • たったの3ステップ、火力調整も不要で調理できる簡単操作

  • 調理中の見守り不要で時間を有効に活用可能

  • 通常の鍋と比較して調理時間を3分の1に短縮

  • 外出中に予定の時間がずれても安心!温かな出来立て料理が楽しめる12時間の予約調理+最大24時間の保温に対応

  • 簡単にお手入れができる焦げ付き防止加工済みの内釜

2022年1月30日

手に馴染むサイズ感で小気味よい使い勝手が嬉しい「POCKETALK S Plus」は会話も学習もこなせる夢のAI通訳機

pocketalk_s_plus_01.jpg

POCKETALK S Plusです。

「夢のAI通訳機」をウリにする、クラウド対応で常に最新翻訳エンジンを搭載する翻訳デバイスになります。

ポケトークシリーズとして、2017/12に初代が発売になってから4年強が経過しているわけですが、当時は画面が1.3インチと小さく音声メインの使用でしたが、月日が経って画面もテキスト表示が実用レベルになるサイズになりましたし、ラインナップも広がってきてたりします。

pocketalk_s_plus_32.jpg

ポケトークは、現在ラインナップとして3つの商品があります。

  • ポケトークW:ベーシック機能を揃えたエントリーモデル
  • ポケトークS:高機能でコンパクトなハイエンドモデル
  • ポケトークS Plus:高機能で大画面なハイエンドモデル

10,000円を割り込むお値段設定が魅力のポケトークWは、登場時からその小気味よいレスポンスから人気を博していましたが、元々21,780円と入門機的に使うには少し心許ない価格感でしたが、2021年2月に一気に9,900円へと大幅値下げされる価格改定を実施したことで、手を出しやすくなっているのが特徴です。

ベース機能としては、62言語間では音声とテキストによる通訳機能が使え、20言語では音声で入力した翻訳結果のテキスト表示が可能という感じ。

ぶっちゃけると、翻訳機能(精度)そのものはハイエンドモデルのS / S Plusと一緒なので、「通訳(翻訳)機能と発音練習機能があれば十分!」という方であれば、これから紹介するポケトーク S Plusとかじゃなくて、ポケトークWがオススメという感じだったりします。

量販店でも販売されていますが、公式サイト特典として非売品の操作ガイドDVDと3,036円相当のアクセサリがついた、お得なパックでで提供していたりするのもポイントです。

ポケトーク S Plusは(機能含め後述しますが)34,980円とそれなりにお値段が張るので、用途に合致するかは確認してから選択するのが良いのかなと。

なお、今回はちょっと無償で使ってみない?というキャンペーンを販売元であるソースネクストさんが募集していたので、特に忖度なくレビューして良い感じだったので、ちょいと興味があったこともあって応募したら運良く当選したので使わせて貰った次第。

個人的に、画面が大きめの方が良い(手に馴染む感と、テキストを多めに表示できる方が好み)ということもあって、POCKETALK S Plusを選択させてもらいました。

過去にもいくつか、同じようなクラウド翻訳エンジンを備えた翻訳機を3種ぐらい使ってきたんですが、結論から行くと使い勝手の面ではポケトークが一番ですね。英語をはじめとする外国語が苦手な人にとっての使いやすさについてかなり考えられていて、可能な限り操作はシンプルに、それでいて機能はしっかり。ということで予算が合えばポケトークをオススメするなぁというところです。

具体的にどういった感じなのかを含め、ご紹介。