2019年12月 4日

完全ワイヤレスイヤホン「OKIMO TWS-P10S」が3,500mAhバッテリーケースを備えてIPX7防水なコスパ重視モデル

okimo_tws-p10s_01.jpg

IPX7 完全ワイヤレスイヤホン OKIMO TWS-P10Sです。

LEDスクリーンにバッテリー残量が数字で表示されるので、残量が一目で確認できます。

磁石式でカチッと充電できる収納ケース付き。手のひらサイズで重さはあまり感じませんが、容量は3,500mAhで60回ほどのバッテリー充電ができるとのこと。

両耳を1回とすると30回分でしょうか。十分すぎる容量です。USB出力インターフェースもついているので、モバイルバッテリーとしてもお使いいただけます。

IPX7の汗や水しぶきに強い防滴仕様だから、突然の雨や、汗で濡れても安心して使えるためスポーツのお供としても適している印象。

AAC対応なので、iPhoneのお供としてもしっかり使える感じです。

2019年12月 3日

無段階調光モードも備えたLEDフラッシュライト「Sofirn C8F」が21700バッテリー付属で最大3,500lmとがっつり明るい

sofirn_c8f_01.jpg

Sofirn C8F LEDフラッシュライトです。

手頃なサイズ感で手になじむデザイン。本体重量は約200g(+バッテリー)で最大3,500lmなモデルとしては軽い部類に入るんじゃないかなという商品です。

いわゆる1lmなムーンモードから1,800lmな強モード、そして3,500lmなターボモードなどを切り替えたりして使う感じになってます。

特徴的な点としては、動作のモードが4グループある点でしょうか。

グループ1:中 (500 lm)
グループ2:弱(100 lm)-中 (700 lm) - 強 (1800 lm)
グループ3:エコ(10 lm) - 弱(100 lm) - 中 (500 lm) - 強 (1800 lm)
グループ4:Ramping(1-3500lm)

日常的にはグループ1の500lmで十分かなと思いますし、明るさ切り替えて使うのであればグループ2か3。

任意の明るさでやっていきたいんだ!という場合にはRampingモードなグループ4を選択すれば良い感じです。

ボタンが2つ備わっていて、ボディ前部のボタンを4連続ポチポチすることでモードが切り替わってくれます。ちなみに3回押しだと点滅モードに鳴ります。

そんな無段階調光モードも備えたLEDフラッシュライトSofirn C8Fをちょっと見ていきます。

2019年11月25日

防寒手袋付きでお得感高い「SRG FASHION 電熱ヒーターベスト」が腰背中周りの保温に活躍

srg_fashion_heater_best_01.jpg

SRG FASHION 電熱ヒーターベスト 防寒手袋付きモデルです

5つのヒーターカーボンパッドをベスト内に内蔵し、USB接続なモバイルバッテリー経由で暖めてくれる冬のお供に適したベストです。

パネル部分から炭素繊維を熱源とした発熱ユニットで、わずか3~5秒で発熱し体を温めはじめてくれます。

カイロとは違い、服に貼る面倒がありません。中に切ればOKというのはお手軽(モバイルバッテリーを用意する必要はありますが)。

2019年11月24日

70度の首振り対応のミニセラミックヒーター「BiMONK BHE02JP」で足下を広く暖かに

bimonk_bhe02_01.jpg

BiMONK BHE02JP ミニセラミックヒーターです。

アルミニウムとセラミックの混合ヒーティングエレメント(熱源)の効果で素早く足元などを暖めてくれるミニセラミック首振り対応足下ヒーターで、ヒーターをオフにして送風機能だけでも使用可能。

首振り運転を併用すれば、簡易的なサーキュレーターとしても利用できます。

スイッチで首振りのオン/オフが可能。

首振り時は約70度の範囲で動いてくれるため、広範囲を暖めることができたりも。

そんな冬の暖か家電として活躍してくれそうなBiMONK BHE02JPを外観中心に見ていきます。

2019年11月18日

多数の光らせ方で演出力ある「MOTOSPEED K87S Mechanical Keyboard」は青軸で使いやすいフルメカニカル有線キーボード

motospeed_k87s_01.jpg

MOTOSPEED K87S Mechanical Keyboardです。

OUTEMU製スイッチを採用したフルメカニカルスイッチキーボードです。Amazon.co.jpで似たモデル(型番K87S)が売られてますが、そこはやはり海外通販の方が大分お得。

そして何より9つのライティング効果が印象的。加えて耐久性、正確性、応答性を備えたメカニカルモデルです。

ど派手な感じではありますが、キーボードとしての品質は十分あります。

2019年11月10日

コスパ良い2BayモデルNAS「TerraMaster F2-210」が読み書き速くて機能も豊富

terra_master_tnas_f2-210_01.jpg

TerraMaster F2-210 2ベイNASです。

動作周波数1.4GHzのクワッドコアプロセッサを採用し、1GBメモリを備えることで、最大で114MB/sの読み取りが可能なコストパフォーマンスに優れる2Bay NASになります。

最大16TBのドライブに対応しているので、MAX32TB使用することが可能です。今だとコスパで考えると6TBあたりが良い感じでしょうか。

ストレージは3.5インチSATA HDD、2.5インチSATA HDD、2.5インチSATA SSDに対応します。RAID 0、RAID 1、JBOD、およびSINGLEを含む複数のアレイモードをサポート。

アクセスについては、HTTP、SMB/CIFS、AFP、FTP、NFS、およびWebDAVのサポートに加えてスマホアクセスなどにも対応しています。

これが、予想していたよりも読み書き速度のパフォーマンスが良く、実用性が高くてなかなかに良かったのでご紹介。

2019年10月24日

ウォーターピーリング超音波美顔器「YANABA YSC-026」を用いて微電流で肌改善

yanaba_ysc-026_01.jpg

YANABA ウォーターピーリング 超音波 美顔器 YSC-026です。

基本的には女性向けの商品になるわけですが、男性にとっても肌ケアは大事。

くすみ具合などによっては年齢以上に見られてしまい損しちゃうことも...ということで、ちょっとお肌の曲がり角というか曲がりくねってしまっている年齢なので、ケアがいるかな?と試してみることに。

見た目にもシンプルなデザインで置き場所にも困らず(後述)、手軽に使えるということもあって、1つあると日々のケアが楽に行えて良いんじゃないかな?と思った次第。

2019年10月23日

フルHD録画対応ドライブレコーダー「yanie OK-01」が前後カメラ&メモリーカード&3in1 USBケーブル付きでコスパ良し

yanie_ok-01_02.jpg

yenie ドライブレコーダー OK-01 SDメモリーカード付きモデルです。

デジカメチックなデザインを採用したドライブレコーダーで、前方走行映像に加え、後方からのあおり運転などの危険行為も逃さず記録できるリアカメラもセットになっています。

レンズはSONY製の6層ガラスレンズを採用。フロント170°、リア140°広角で撮影が可能です。

エンジンON/ OFFに連動して、自動で記録を開始/終了します。電源の入れ忘れなどの心配もなく、万が一の事故に備えられます。SDカードの容量がいっぱいになると古い映像に上書きして、常に新しい映像を記録し続けるループ機能や、動体検知センサーであるGセンサーも装備。夜間についてもHDR/WDRで明暗差の補正を行って鮮明な映像を撮影することができます。

都合上、車への取り付けまでいけてませんが、外観と設定などを中心にご紹介。

2019年10月22日

コンパクトなのにバッテリー動作対応な超音波加湿器「yenie 211」が容量1,000mlで個室使用に便利

  • 投稿日:
  • Category:

yanie_211_01.jpg

yenie 211 超音波加湿器 充電対応コードレスモデルです。

給水が面倒、置き場所がない、けどちょっと加湿したいというニーズに応えてくれる充電式の加湿器となります。

水の容量が1,000mlまで入れられるので給水の手間が少なく、水が途切れれば当然自動で動作を停止してくれます。

消し忘れが防止できるので、寝る数時間前に動作させておいて後は朝までぐっすりでOKというのはうれしいところ。

2019年10月21日

2.5インチストレージ7mm/9.5mm厚両対応なUSB3.1対応エンクロージャ「ORICO 2139C3-G2」が透明ケースで使い勝手良し

orico_type-c_enclosure_01.jpg

ORICO 2.5インチ USB-C HDD ケース USB3.1対応 2139C3-G2です。

見るからに透明な外付け対応ケースとなります。

10Gbpsと記載のあるとおり、USB3.1およびUSB Type-C接続に対応しているあたりがポイント。

基本的にこの手の外付けエンクロージャは手軽さが重要視されると考えているんですが、中身が見えて接続も容易、そして読み書きの速度が実用性を備えているかというあたりが購入ポイントとなるのかなと。

その点、このORICO 2139C3-G2は、中身が丸見えで何を使っているか確認しやすく、重量も軽い、読み書きも最新チップ採用で高速と文句なしな印象です。

速度については、10Gbps対応していてもストレージ側がSATA3(理論値6Gbps/実行速度600MB/s程度)なのでボトルネックになるんですけどね。

今回は、外観中心にレビューをしていきます。