2021年12月 8日

骨伝導ヘッドホンの定番品「AfterShokz OpenMove」でエセ骨伝導からの脱却

aftershokz_openmuve_01.jpg

AfterShokz OpenMove 骨伝導ワイヤレスヘッドホンです。

Amazon BLACK FRIDAYセールの序盤で6,999円でセールされ、中盤にセールが終了して9,999円になってしまい、「あー、買っておけば良かった!!!」と後悔しつつも、よくよく調べてみたらAmazon以外で普通にセールでお得に注文できる状態だったので、焦る必要が無くなったので普通にポチったブツになります。

記事作成時点だと7,370円をベースとして、JoshinWeb 楽天市場店が全カラーお得(ポイント+9倍キャンペーン)で、ブルーカラーならビックカメラ 楽天市場店(50円OFFクーポン&ポイント+10倍キャンペーン中)、ホワイトピンクなら コジマ楽天市場店(100円OFFクーポン&ポイント+9倍キャンペーン)となっていたり。

そこからさらに、RAKUTENスーパーSALEの期間中であれば、買い回りであったりでポイント増量を狙っていくことが可能となりますので、ある意味で今が買いのチャンス!!という状況。

これまで、何個か骨伝導を謳う商品を試してみたりしてたんですが、どうもよくよく調べてみるといくつかはエセ骨伝導とでも言いますか、実際には空気電動式だったり、耳元で鳴らしているだけのエセ具合だったということが判明。

まぁ、それでもお値段だったり、誇張され気味な音質を除けばそこそこ使えていたのと、年を追う毎に音質もそれなりに向上していたりしていたので、「まぁ良いかな」という具合で使用していたんですが、色々聞き及ぶに「おまえはまだ本当の骨伝導を知らない」といわれたこともあって、真の骨伝導として各種特許取得しているAfterShokz 製品を時折気に掛けていたタイミングで上述したように安くなっていたのでポチった次第。

結果から言えば、「あぁ...今まで骨伝導だと思っていたのは、エセ骨伝導だったわ...」とあらためて認識させられた次第。

特許技術を元にした、PremiumPitch 2.0骨伝導テクノロジーやばー!という具合。

本当の骨伝導ヘッドホンは、思っていたよりも音質がだいぶ良かったです。こんなにも「聴ける」音が鳴ってくれるんだなと。

そんな、真の骨伝導ヘッドホン AfterShokz OpenMove 骨伝導ワイヤレスヘッドホンをご紹介。

2021年12月 7日

利便性高くコストパフォーマンス抜群な「EppieBasic LEDスタンドライト」は見た目にもオシャレでデュアルLED光源を採用したスタンドライト

  • 投稿日:
  • Category:

s-standlight2l_01.jpg

EppieBasic LEDスタンドライト(DDL-003-12W)です。

普段の生活には欠かすことのできない照明器具。

照明が一つもないという家は現代にはそうそう無いと思いますが、何らかの我慢をしながら使っていたり、不便な状況に感覚の方が慣れてしまっていたり、という場合も多く、今の照明に満足している人、というと少ないのではないでしょうか。

テレワークの続く昨今、一日のうちで滞在時間の占める割合が特にデスク周りについては多く、照明の良し悪しは作業効率にも直結してしまいます。

デスクライトも様々なタイプがありますが、本製品はユニークな二つのLED光源を採用したモデルであり、一般的なスタンドライトではカバーしにくいような環境下でも二方向から光を照射してくれるため、まさに「死角がなくなる」製品と言えます。

そんな利便性も確保しつつ、類似製品では1万円を超えることも多かったわけですが、抜群のコストパフォーマンスの高さも実現して登場してきたというから注目せざるを得ないでしょう!という感じに。

s-standlight2l_01.jpg

本製品には以下の特徴があります。

  • 2つの光源により広範囲かつ十分な明るさの光を照射可能

  • 回転ライト195度、回転ベース360度、アーム270度と、柔軟な角度調整でどのような環境にも適応可能

  • 高効率のLEDにより消費電力を押さえつつ5万時間の高い耐久性

  • 取り付けのしやすい金属製のクリップタイプ

  • 色温度は2700Kから6000Kまで対応で好みの色味に調整可能

  • 前回最後に使用した色味を記憶しておいてくれる「メモリー機能」で毎回色味調整の必要なし

そんなデュアルLED光源を採用した本製品の実力をみていきましょう。

2021年12月 7日

制約・制限の多い端末で「サファイア VGA to HDMI 変換アダプタ」を使ってフルHD出力

  • 投稿日:
  • Category:

sapphire_vga_to_hdmi_01.jpg

サファイア VGA to HDMI 変換 アダプタです。

いまさらVGA(D-Sub15ピン)をHDMIに変換するアダプタ?と思われるかもしれませんが、お仕事の都合で使わざるを得ない状況にあってですね・・・。

という感じで、正直この2021年にまさかD-Sub15ピンしか外部出力出来ない端末を貸与されるなんて思わないじゃないですか。

ノートパソコンの液晶サイズは13.3インチなのに、解像度が1,366×768でメールから資料作成から諸々よろしく!と言われても効率悪すぎてお話にならないのですが、そこは悲しきサラリーマン。先方会社さんからの指示に従い、許容される範囲でなんとかしないといけないわけなのです。

自宅内で使う分には、D-Sub15ピン接続できる24インチな1,920×1,200解像度の液晶ディスプレイがあるので問題ない(というかなんとかなる)のですが、ちょっとワーケーションするか~というときに、非常に困るわけですね。

端末には様々な制約が課せられていて、デバイス接続制限、ソフトウェアインストール制限、設定変更制限、etc...ということで、リモート接続できればそれで解決なんですが、設定も出来なければデータ取り扱いポリシー上も不可ということで、制約・制限の中でなんとかしないといけなくて、苦肉の策としてモバイルディスプレイに接続するためにHDMI変換するというワケです。

一応なんとかなったので、その顛末をご紹介。

2021年12月 6日

超音波式アロマ加湿器「ForJoyhome HTJ-2202」が湿度と水の残量が視覚的に分かりやすくて自動制御機能付き

s-humidifier2_01.jpg

超音波式アロマ加湿器 ForJoyhome Hysure HTJ-2202 です。

12月に入って寒さも厳しさを増してくる今日この頃、朝起きた時になんとなく喉がイガイガする、肌がカサつくなど、体感的にも空気の乾燥を感じるようになってきました。

そして何より風邪をはじめとした感染症を考えると、湿度が低下し過ぎることは健康にも大きな影響を与える大きな一因になってしまいます。

一方で、難しいのはその湿度のコントロールです。湿度は低すぎてもいけませんが、高すぎてもいけません。さらに湿度の変化は人体が感じにくく、体感する頃には、高すぎるか低すぎるかのどちらかの状態に陥ってしまっている場合がほとんどです。

そんな日本の冬の悩みを自動的にコントロールしつつ、視覚的にも水の残量や湿度の状態が分かりやすい便利な一台をご紹介。

2021年12月 5日

大きめサイズでオシャレ柄カバー採用の高反発枕「MONMEIDE ZT-002」で温かさを自然に調節しアロエ効果で快眠

s-pillow_01.png

MONMEIDEの高反発安眠枕 MONMEIDE ZT-002 です。

睡眠時間は十分なはずなのに疲れが抜けない、そんな経験は誰しもあると思います。

快眠を妨げるのは、騒音、室温、明るさ、ベッドの硬さなど色々とありますが、「枕が変わると眠れない」と言う方が珍しくないように、枕と睡眠との関係性は非常に深いことは間違いありません。

気持ちの良い眠りとスッキリとした目覚めのため、「高反発枕」に「アロエベラソフトクリスタル」をプラスして設計されたユニークな枕をご紹介します。

2021年12月 1日

静寂環境が得られるアクティブノイズキャンセリング機能搭載「SuperEQ Q2 Pro」がバッテリーの持ちが良く、コンパクトで音質も十分

supereq_q2pro_01.jpg

SuperEQ Q2 Proです。

TrueWireless ハイブリッドノイズキャンセリングイヤホンと謳う通り、完全ワイヤレスイヤホンでアクティブノイズキャンセリングを含む4個のノイキャンり地青うマイクを搭載し、イヤーピースと相まって外音を遮断し騒音低減-35dbを謳うモデルとなります。

ここのところ、5,000円台で購入可能な価格帯商品についてもアクティブノイズキャンセリング機能がつけられるようになってきて、より選択の幅が広がると共に、「とりあえずアクティブノイキャンつけました!」というオマケレベルではなく、割としっかりとしたアクティブノイズキャンセリング性能を搭載しての5,000円台というモデルが増えてきていて、群雄割拠というか、コスパ重視な方々にとって迷い(選択肢)が増えてきている感じになっています。

そんな中にあって、従来モデルかた音質に定評があり、なおかつ以下の条件に合致するモデルとしてSuperEQ Q2 Proがありましたのでご紹介という流れです。

  • iPhone利用を想定したAACプロファイル対応
  • 外音機能搭載
  • Bluetooth5.2対応
  • アクティブノイズONでも長時間再生(8時間)
  • ドライバサイズが大きい(12mm)
  • 防水(IPX5)
  • 充電ケースも含めてコンパクト

これら機能を備えて5,000円台。セール、クーポンなどを用いれば5,000円を割り込んでお買い求めになれちゃいます。

2021年11月29日

亜鉛合金ボディでコンパクトだけど存在感ある「Mayilar アロマディフューザー」が自宅&車とUSB接続でどこでも活用可能

s-aromad_01.jpg

Mayilar アロマディフューザーです。

車載用の芳香剤と言えば、エアコンの吹き出し口に取り付けるタイプがよくありますが、当然のことながらエアコンの送風の強さがすなわち芳香剤の「効き」に直結します。

このタイプは手軽である反面、エアコンを付ける必要もない時にわざわざつけたり、風量を調整したりするのも変な感じがしますよね。

また、サイズも小さいものが多いため、あまり長持ちしないというデメリットもあります。

そんなデメリットもしっかりと解消してくれる、オシャレなアロマディフューザーをご紹介。

2021年11月28日

高コスパなスマートウォッチ「realme Band 2」は物理ボタン無しでスタイリッシュかつ屋外でも画面が見やすい

s-realmeband2_01.png

realmeのスマートウォッチ(スマートバンド)、realme Band 2 Smart Braceletです。

健康志向の高まりを受けて活況を見せ、競争の結果、高機能化と低価格化の進んでいるスマートウォッチ市場。

先駆けであるApple Watchと比べると、マスクを付けた状態でのスマホのロック解除や音声コントロール機能(Siri)、心電図機能、Watch単体での音楽再生機能等の便利な機能が無いとは言え、モデルにもよりますが10倍近いかそれ以上の価格差を考えれば、何を求めるのかによって他社製品でも検討の余地が十分あります。

さらに、物理ボタンの無い本製品であれば50mまでの防水に対応しているという防水性能面でのアドバンテージもあり、水泳等での利用も想定される方にはこちらの方が安心して利用できるなど、本製品の方が良いと言える点もあります。

タッチコントロールのみの製品ながらストレスフリーなキビキビとした動作で、デザイン的にも普段の生活にも無理なく馴染んでくれる本製品を見ていきましょう。

2021年11月25日

5段階レベルで3モード備える機能と価格を絞った家庭用脱毛器「Jeezfee Skin 8 Pro」はコンパクトで手軽に使える

jeezfee_skin8_pro_01.jpg

Jeezfee Skin 8 Proです。

ある程度年を重ねてくると、男性でもムダ毛が気になってきたりするシーンが出てくるかと思います。

個人的に、ヒゲはほとんど生えないのでヒゲ剃りなどが不要なこともあって、散髪する際に剃って貰えればOKという気軽な感じだったんですが、心なしか腕毛とかが少しずつ気になり始めてきた今日この頃。

ガッツリ本格的な脱毛をするほどじゃないけど、ただ単純に剃るだけだと徐々に濃くなってきてしまいそうなので、ケアはしておきたいな~というところに、お値段的にかなり値頃感のある商品がありましたので試してみることに。

本体重量が200g程度とスマホ感覚で持つことができて、必要となったときにサッと取り出してすぐに使用することが出来る感じなので手軽さが嬉しい商品です。

カラーは、ホワイトとグリーンの2色展開。今回はグリーンカラーを選択しました。

2021年11月24日

毎日乗るだけでOKな「PICOOC Technology Mini Pro U」はアプリで手軽&しっかり健康管理ができるスマートスケール

s-smartscale_01.jpg

スマートスケール、PICOOC Technology Mini Pro Uです。

体重計・体組成計・体脂肪計の一台三役をこなすマルチな測定器です。

食欲の秋!ということで、色々な食べ物が旬を迎え美味しくなる上に、食欲も深まる秋。といいつつ、もう冬も間近というかさしかかっている感もありますが、冬は冬で暖かく美味しいものをいっぱい食べたくなるものです。

どんなに食べても太らない、という体質の方も稀におられますが、一般的には食べれば食べただけ、体重に跳ね返ってきてしまうもの。当然ワタシも例に漏れず、すぐに体重が増えてしまいます。

現実を直視するのが怖いから体重計はあるけど乗ること自体を避けている、と言う方も多いかもしれません。

そもそも、「毎日体重計に乗る」という行為にモチベーションを見出すのはなかなか難しいでしょう。

そんな人でも、ただ「毎日乗るだけ」で様々な項目の値を測定し、しかも分析結果を分かりやすい文章やグラフにして表示してくれたら、その結果に一喜一憂しながらも、続けやすいのではないでしょうか。

食べ過ぎてしまった!という現実から目を背ける前に、楽しく続けられる健康管理ができる本製品の使い勝手をみていきましょう。