【300万回線突破!4/7まで1年無料】Rakuten UN-LIMIT VIの "0円" インパクト

Rakuten UN-LIMIT VIRakuten UN-LIMIT VI

ついに300万回線を突破したことで、1年無料キャンペーンは4/7までに!

現在のRakuten UN-LIMIT Vから、さらに進歩した次期プランである Rakuten UN-LIMIT VI が発表になりました。

4/1以降の新料金プランとして、新たに月額維持費が0円から!

サブ回線として格安スマホとか契約する意味が無いぐらいのインパクトあるプランが登場です。大手同様の中容量での低価格化&MVNOの小容量における超低価格化のいいとこ取りです。

もちろん、今申し込みをしても月額2,980円のところ、最初の1年は無制限でどれだけ使っても無料なので、1年経った後に使用を継続するという時のプランになるわけですが、使わなければ0円。ちょっと使ったとしても1GBまでなら0円です。

Rakuten UN-LIMIT VI

その後は段階制で、1~3GBまでは980円。3~20GBまでが1,980円。20GB以上はいくら使っても無制限で2,980円(いずれも税抜き)となります。そろそろ、義務づけられている税込み表示対応して貰いたいですが・・。

しかも端末は実質0円から、0円お試しまで勢揃い。Rakuten Hand / Rakuten WiFi Pocketだれでも0円お試しキャンペーン。もう何でもござれです。

ahamo、pavo、softbank onlineと比較して、店舗サポート有りで実現されているというのは高齢者だったりにも嬉しいポイントとなりそうです。サブ回線利用推奨にはなりますけども。

いわゆる諸費用にあたる契約事務手数料、解約手数料、MNP転出手数料、全部0円。初年度費用と、国内通話(アプリ経由)も0円です(厳密には、ユニバーサルサービス料が2円か3円かかると思います ※負担無しだそうです)。

個人的には5月頃に契約から1年立つわけですが、継続するか迷っていたところにこのプラン。使わなければ0円という素敵プランによって維持費0なら契約維持しよう!となる感じです。

契約中は楽天市場でのポイントが+1倍されるというあたりも利点となるのかなと。

なお、1年間無料は300万人限定でしたが、早期に300万回線を突破したため、4/7までとなりました。

他社と比較して、弱点はエリア(夏頃に人口カバー率96%予定)と、海外での通信(2GBまで)ですが、メイン回線として使用するのだと弱みにはなるものの、サブ回線なら問題ないと思います。

使わなければ0円なので、まだ未申し込みの方は、1年無料枠の確保だけしておいても(ポイントが5,000ポイント貰えますし)損は無いと思います。

Rakuten UN-LIMIT VI

コメントする