【スマート家電化】Pluto ステーション - 普通の家電をインターネット経由でコントロールするスマート家電化デバイス

Pluto ステーション

こういうものを本当のスマート化というんじゃないの?という決定版的なデバイスをご紹介。

先日、「現役大学生ら3人が開発した、「普通の家電」をスマート家電にするデバイス『Pluto』がすごい」という形で取り上げられるなど話題になり、速攻で品切れとなった Pluto ステーション が Amazon にて在庫復活されて注文受付中。

筐体はコンパクト。そしてシンプル。

いわゆる白物家電が「スマート化」という名のスマホアプリ対応していくことで付加価値を上げようとしているわけですが、それだけで基本機能は従来モデルと変わらないのに+30,000円やら+50,000円なんていった価格設定がなされていて率直にいって「馬鹿らしい」と感じたのは管理人だけじゃないはず。

そんなスマート化をしても、家電のステータスが見えるとか微妙な機能ばかり。また、電源ON/OFFに対応等していても、その対象はスマート家電単体という制約があり、微妙な感が否めない現状において、このPlutoステーションは「赤外線リモコン対応デバイスを軒並みスマートフォンから操作可能」にすることが出来る、クラウド対応の学習リモコンなのです。

一見お値段が張るように見えますが、ステーションを家のルータなどに有線LANでつなぎ、スマホからWebアプリにアクセスするだけで、家中の家電をスマホ経由でコントロールすることができることを考えれば割安感すら感じられます。

例えば、外出先から帰宅前にエアコンの電源をONにして温かい室温で帰宅することが出来たり、逆につけっぱなしにしてしまった可能性のある家電を出先からサクッとOFFすることが「赤外線リモコン操作で学習可能な全家電で実現」することが出来ちゃうわけです。

通常のリモコンより広範囲に赤外線が届きます。これ、結構重要です。

そ のため、このPlutoステーション1台で多くの家電に赤外線が届かせることが出来るので、リビング等に1台設置しておけばOK。普段リモコンが聞きにく く、角度設定してやっとの思いで操作していた・・・なんてデバイスも容易に操作できる容易なるのではないかという期待も持てます。

デバイスそのものの接続は上述したようにインターネット接続のルータにサクッとLANケーブルを挿して接続しちゃえばOK。アプリ経由でリモコン設定(一部デバイスはプリセット済み)してしまえばOKという手軽が何よりも魅力。

わずか3人という開発会社から生まれた画期的デバイスということだけでも、大いに期待してしまいます。大手には制約などもあり実現出来ないかもしれないけれど、確実なニーズがあるスマートなデバイスが登場してくるのはそれだけで嬉しいもので、ワクワクさせてくれます。

Pluto ステーション
楽天市場の最安値[送料無料で比較] / Yahoo!ショッピング最安値[送料無料で比較]

コメントする