薄くて軽くてコンパクトなWindows10 PC 「VOYO V3 Mini PC」 外観チェック

voyo_v3_minipc_01.jpg

VOYO V3 Mini PCです。

特価商品としてセール時に「【128GB SSD搭載】VOYO V3 Mini PC - Intel X7-Z8700搭載超薄型コンパクトWindows10 PC」という感じで何度か紹介してたりしたブツです。

まだじっくり触れていないんですが、その商品パッケージのコンパクトさと、VOYO V3 Mini PCの実物を見たときに、本体の薄さにびっくりしたということもあって、まずは外観だけですがご紹介。

見た目だけでも結構なインパクトがあります。

VOYO V3 Mini PC開封!

voyo_v3_minipc_02.jpg

パカッと開けまして、VOYO V3 Mini PCがお目見え。

箱自体コンパクトなんですが、その中にきれいに収まってます。

この時点では「ふーん」ぐらいの感じだったんですが、取り出したらその薄さに驚いた次第。

voyo_v3_minipc_03.jpg

モックじゃなくて実機です。

VOYO V3 Mini PC本体はこんな感じで非常にコンパクト。

13cm × 13cmという商品サイズになってます。

voyo_v3_minipc_04.jpg

厚みはわずか1cmです。

こんなナリで、Intel Cherry Trail X7-Z8700 Quad Coreプロセッサ、4GBメモリ、128GB SSDを搭載するというのだから凄いです。

voyo_v3_minipc_06.jpg

インターフェースは左から、電源供給用のUSB Type-C、HDMI出力、メモリーカードリーダライタ、USB3.0×2、オーディオ用3.5mmイヤホンジャック。

良くここまで詰め込んだなーという印象。

voyo_v3_minipc_05.jpg

横にUSB2.0がさらに1ポートあったり。

voyo_v3_minipc_07.jpg

背面は滑り止め用のゴム足がちゃんと付いてます。

voyo_v3_minipc_08.jpg

ACアダプタ。

割とコンパクトな感じ。

voyo_v3_minipc_09.jpg

VOYO V3 Mini PCへの接続はUSB Type-Cコネクタになっています。

多ポート備えたUSB-AC出力器などを用いても動作させることが出来るかもしれません。

必要電力などきちんと調べた上でじゃないと危ないですが。

voyo_v3_minipc_10.jpg

HDMIケーブルもしっかり付属。

VOYO V3 Mini PC外観チェックまとめ

商品ページの写真で見るより、各段にコンパクトさが実感できました。実機のサイズ感はちょっと違和感を覚えるぐらいコンパクトかつ軽量です。

質感も上々ですし、汎用性のない電源コネクタなどではなく、USB Type-Cコネクタでの供給というのもどことなく洒落てる感じも。

インターフェースは充実していますし、リビングPCとしても違和感なく使えます。

コンパクト過ぎることが逆に違和感を生むかもしれませんが。

搭載している Intel Atom CPUもZ8700で内蔵GPUのスペックアップとともに、その性能具合は一定の評価を得ているので、実用性という意味では、ストレージがフラッシュメモリではなくM.2 SSDなので読み書きの速度なども期待出来ちゃうなど、実用性の高さに期待している状態です。

まだあまり触れていないので、実際の機能性と実用性、操作感は別途レポします。

VOYO V3 Mini PC

VOYO V3 Mini PC

コメントする