値頃感あるプロジェクター「VIVIBRIGHT GP90」がネイティブ1,280×800解像度対応でコスパ的にイケてる

vivibright_gp90_03.jpg

ネイティブ解像度1,280×800、入力最大解像度1,920×1,080をサポートし、明るさ3,200lmを謳うプロジェクターVIVIBRIGHT GP90 LCD Projector 3200 Lumensです。

結論から言うと、3200 ANSI Lumensは・・・流石に2,000lm程度にしか感じられないよ~という結果ではあったんですが、その点を妥協できるならば、という条件付きではありますが「アリだねコレ。」という感じのプロジェクターになります。

1.2メートル〜8.5メートルの投写距離をサポートし、35インチ程度~200インチ超の映像投影を可能としていたり。

OSDメニュー言語は中国語、英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ロシア語、日本語など23言語をサポートしていますが、英語でも十分理解出来るものとなっています。

VIVIBRIGHT GP90の外観

vivibright_gp90_01.jpg

商品パッケージ。

トップエンドなホームシアターという謳い文句。

vivibright_gp90_02.jpg

付属品。

AVケーブル、リモコン、クリーニングクロス、電源ケーブル、D-Sub15ピンケーブル。

HDMIケーブルあたりが付属してくると良かったかなと。

vivibright_gp90_04.jpg

本体のボタン群。

メニュー呼び出し、カーソル移動および決定キー、入力切替え、リターンキー、電源ON/OFFという感じ。

vivibright_gp90_05.jpg

入力インターフェース群。

ヘッドホン出力、AV入力、IR、USB×2、HDMI×2、D-Sub15ピンとなっています。

搭載しているブロワーファンは小型。

vivibright_gp90_06.jpg

電源接続すると赤色LEDが点灯。

電源ONとすると、緑色になります。

vivibright_gp90_07.jpg

電源投入後のメニュー。

USB入力のメニューとなります。

かなりシンプルな構成で、接続デバイスが無いことを示しているほか、写真、音楽、動画、E-Bookを読み込める模様。

VIVIBRIGHT GP90でSplatoon2してみた

vivibright_gp90_08.jpg

ニンテンドーSwitchを接続してみました。

入力は1,920×1,080まで対応可能なため、1080iでの入力認識となりました。

vivibright_gp90_09.jpg

お試し投写ということもあって、和室の壁に投影。

距離にして2.2m程度でしょうか。42インチ程度で投影が出来ています。

vivibright_gp90_10.jpg

投影箇所を暗くするために、ふすまをVIVIBRIGHT GP90の後ろに置いて、影調整。

vivibright_gp90_11.jpg

色域はそれほどカバー領域が広いわけでは無いですが、色も結構出てくれてます。

色塗りゲーなSplatoon2をプレイするのに問題は全くありません。

vivibright_gp90_12.jpg

GP90本体を少し後ろに下げて、55インチ程度での投影でSplatoon2がしっかり楽しめました。

ピント調整は、中心に合わせると四隅が少し甘くなりますが許容範囲内。細かな文字を読むようなタイプの映像素材でなければ大丈夫でしょう。

2時間ほど連続してプレイしましたが、本体の発熱はそれなりにあるものの、動作が不安定になるなどは全くなく、風量はあまり無いながらも放熱自体はしっかり出来ている印象。

ファン音も無駄に回転数変えるのでは無く、常に一定(でそれなりの音量)なので、慣れると以外と気にならない(ゲームしてる限りは)かなと。

 

20,000円を大きく割り込んだ価格帯で、しっかり1,280×800ネイティブ対応。

重量も2.2kgと割と軽量なため、持ち運びもそれほど苦になりません。

電源OFF時の放熱はファンがスッと止まってしまうのでちょっと心配になりますが、5~10分程度放っておけば放熱は出来ているという感じなので、スッと止めても問題ないのかもしれません。

 

また電源投入時の音は大きいですが、スピーカー音量と連動しているため調節で押さえられますし、スピーカー自体しっかりとした音を出せるので、ファン音が結構しますが打ち消そうと頑張ってくれて以外と気にならなかったり。

とはいえ、音を出さない使い方(データプロジェクター的な)をする際には気になってしまうのかなと。

自己責任でファン交換すると効果が得られるかもですが、保証はゼロ+危険が伴うので自己改造はオススメすることは出来ません。

そんなわけで、3,200 ANSI Lumensと記載されているものの、実際の体感する限りでの明るさは2,000lm程度(※未測定)で、ファン音がそこそこある、角度調節は上方向に15度のみ(ただしマニュアルながら台形補正は可能)など、妥協すべき点はいくつかありますが、お値段を考えれば十分。

時折、友人知人家族と大画面映像を楽しむ、複数でゲームを楽しむといった用途であればバッチリ対応することが出来るでしょう。

値頃感ありコストパフォーマンスの高さを実感できました。

VIVIBRIGHT GP90
VIVIBRIGHT GP90 LCD Projector 3200 Lumens

コメントする