プロフェッショナルツール「VEGAS Proシリーズ」が初心者でも扱えて時折安い

MAGIX Software VEGAS Proシリーズ

MAGIX Software VEGAS Proシリーズです。

ノンリニア動画編集ソフトウェアで、Sony Creative Softwareが開発・販売していた製品で、2016年からMAGIX Software社が取り扱うようになったソフトウェアとなります。

非常に軽快な動作が特徴的で、音声や動画のトラックの順番や数に制限無しだったり、キーボード操作が前提になっているなど、 非常にシンプルかつ柔軟に設計されているため何気に初心者でも取り扱いやすいのではないかと。

4K素材の読み込みにも対応してますし、業務用としての実力も十分な感じになっています。

そんな、MAGIX Software VEGAS Proシリーズのなかでもやっぱり動画編集でしょ!ということで、VEGAS Pro Suiteをちょちょいと使用してみたので、ご紹介。

VEGAS Pro Suite

「限られた時間の中で結果を出す、プロフェッショナルの道具」こと、VEGAS Pro Suite

  • オーディオ編集もできる豊かな表現力
  • 直感的な優れた操作性
  • 4K をサクサク快適に処理

このあたりまでは、基本機能というヤツですが、バージョン14 の新機能として以下がドーンと追加に。

  • HD を4K 並みにアップスケール
  • HEVC、ProRes 形式に対応
  • 動画の切出しが簡単・高速
  • 綺麗に拡大できるスマートズーム機能
  • 動画の超高速化が可能( 最大40 倍速)
  • 業務用RED カメラをサポート
  • パフォーマンス・安定性の向上

詳しいことはよくわからないけれど、とにかく高機能かつ便利になった!ということでしょう。Ver.13の頃に興味を持ち始めたんですが、気がついたらVer.14となりさらに高機能に。

簡単に便利になることは良いことです。

VEGAS Proシリーズが初心者的に嬉しいあれこれ

ビデオトラック、オーディオトラックを配置できる数に制限が無いところとか、動画や音楽、写真、テキスト、エフェクトを組み合わせて、オリジナルの動画を制作できちゃいます。

さらには、動画の見た目にさまざな効果を与えるエフェクトと、動画と動画をつなぐ切り替え効果(トランジション)を豊富に搭載しているので、シーン切替えでの演出も思いがまま。

この手のエフェクトが390種類以上、寅二ションも200種類以上備えています。

でもって、DVカメラ、DVDカメラ、HDVカメラなど、ほぼすべてのビデオ/オーディオデバイスからメディアを直接取り込み、編集の素材として使用できたりするのも嬉しいところ。XAVC、XDCAM HD、AVCHD、HDCAM SR、R3Dファイルなど、幅広いファイルフォーマットにネイティブ対応です。

読み込み:

AA3、AAF、AIF、ASF、AU、AVC、AVCHD、AVI、BMP、BWF、CDA、DIG、DLX、DPX、DV、EXR、FLAC、GIF、H.264、HDP、IVC、JPEG、M2T、M2TS、MVC、MOV、Sony MXF(XDCAM および HDCAM SR)、MP3、MP4、M4A、MPEG-1 および MPEG-2 ビデオ、MPO、OGG、OMA、Panasonic MXF(DVCPRO、AVC-Intra)、PCA、PNG、PSD、QT、R3D、SFA、SND、TIFF、TGA、VOX、W64、WAV、WDP、WMA、WMV、XAVC Intra MXF、XAVC S

書き出し:

AA3、AC3、AIF、ATRAC、AVC、AVCHD、AVI、DPX、EXR、FLAC、H.264、HDP、MOV、MP3、MPEG-1 および MPEG-2 ビデオ、MP4、M2T、Sony MXF(XDCAM および HDCAM SR)、MVC、OGG、Panasonic MXF (AVC-Intra)、PCA、W64、WAV、WMA、WMV、XAVC Intra MXF、XAVC S、H.265、HEVC

ただ、ちょっと試していた段階で、まだ詳しく調べてはないんですがiPhoneで撮影した動画を取り込もうとしたんですが、QuickTimeが必要ということで、ちょいとコーデックが追加で必要なのかな?というところも。WindowsだとQuickTimeはもう開発が終了しちゃったので、どうしようかな~と思案してたりします。別ファイル形式にエンコードしちゃえば良いんでしょうけども。

そんなわけで、割と直感的に使用出来ちゃう感じではあるものの、多機能さもあってちょちょいと使用してみた感じでは、やはり所々どうしたら良いの?と迷うところもあるわけで・・・

操作手順のチュートリアルで、知りたいことを選ぶと画面上の操作する箇所に指のマークや赤枠が表示されるので、実際の画面を操作しながら手順を学べるあたりは初心者にとってはありがたかったり、ほかにも各機能の詳細や、操作方法、用語を調べられるマニュアルがPDFで提供されている(しかもちゃんと日本語!総ページ数708ページ!)ので、よくわからなかったらマニュアルで検索すれば概ね把握が可能です。

それでも操作がわからない時の助け船、解説ムービー

マニュアルじゃなくてもっと直感的に!

という場合の助け船。動画による「60分でわかるシリーズ」も提供されています。

「Vegas/Movie Studio」
動画編集入門

「Vegas/Movie Studio」2
映像効果編

「Vegas/Movie Studio」
動画編集入門

「DVD Architect」オーサリング入門

動画編集やディスク作成など、基礎的な部分を分かりやすく解説。初心者におすすめ。

場面切り替え(トランジション)やエフェクトの使い方のコツをわかりやすく解説。

キーフレームを使った時間経過に伴う変化の付け方とコツをわかりやすく解説。

オーサリングソフト「DVD Architect」シリーズを使って、映画のディスクのようなメニューを付ける方法とコツをわかりやすく解説

別売りで、普通に購入するとなると10,000円/本というお値段設定なので、単品購入はお勧め出来ない感じではあります。

ただ、VEGAS全部パックが安価に販売されたりするキャンペーン時にこの60分でわかるシリーズもセットされたりするケースがあるので、そういったタイミングを狙って買うのも良さそうです。

まぁ、基本的に操作は習うよりも慣れろ的な感じだとは思いますが。

VEGAS Pro操作感

vegas_pro14_01.png

実際の編集画面がこんな感じ。

動画素材をちょちょいと読み込みまして、タイムラインに並べて、合間合間にエフェクトを組み込んで綺麗に繋ぎつつ、各種処理を施していくというのが基本的な流れかなと。

カット編集程度であれば使い方は簡単そのもの。複数の動画を読み込んで、画面下にあるビデオトラックに好きなだけ並べて、不要なところをちょきちょきカットして、あとはレンダリングすればオッケーという具合です。

単に複数素材を組み合わせて繋げてオーサリングするには処理もサクサクですし、フルHD程度の解像度動画ならば、ノートパソコンでも問題なくサクサク処理できます。

OpenCLに対応するグラフィックスボードがあれば、GPUを利用して4K映像もサクサクいけちゃう感じに。

vegas_pro14_02.png

テキスト挿入なんかもサクッとできますので、演出だったり、紹介テキストだったりを任意に入れ込んだりするのも楽ちん。

アウトライン処理だったり、表示位置、長さなども思いのまま。テロップ自体のコピー&ペーストも可能です。

VEGAS Proシリーズって結局買いなの?

そんな感じで、色々と簡単に編集が行えるわけですが、その魅力を自分が伝えるにはスキルと時間が足りないわけですね。

そもそも動画素材があまりなく、当サイトにおいても商品レビューは基本静止画。

動画を扱い慣れてないわけですね。当然、動画編集も初心者も初心者であり、このVEGASソフトウェアの機能を紹介するには力不足にもほどがあります。

本当は何かよさげな動画をこしらえて、掲載しようと思いましたが、控えめに見ても酷い出来(エフェクトは綺麗なのに・・)だったので、違う観点でこのVEGASの魅力を伝えなきゃいけないわけです。

それは、サイト名で最早お察しですが、「お値段の安さ」「コストパフォーマンスの高さ」これに尽きます。

 

このVEGASは、通常販売価格が「ものすごく高い」んです。

標準価格が142,800円。(7/10時点)

14,280円じゃないです、142,800円。14万超えです。

 

ただ、販売代理店であるソースネクストでは時折エラい割引率のセールを実施してきます。

自分の知る限りにおいてはVer.12ぐらいの頃から定期的にセールを開催。

日替わりキャンペーンとしても、ソースネクストVEGAS 紹介ページにおいて TheChance という形で、期間限定×本数限定で手にするチャンスが示されています。

1日10本とかの限定セールだったり、キャンペーン販売の仕方は色々ですが、ちょいちょい見てみると良いんじゃないかと。

なお、全機能が使えるお得なパックについては、Everyday Saleという感じで、毎日セールされていたりもします。

VEGASシリーズは色々と多彩な商品ラインナップになっているので、VEGAS シリーズの機能比較表からご確認していただき、欲しい商品・機能はなにかな?というあたりをチェックしておいた方がいざキャンペーン対象となったときに決断しやすいんじゃないかと。

当サイトでもセール、キャンペーンが実施される場合には随時紹介を実施していきますので、ソースネクストのVEGASサイトをちょいちょい見るか、当サイトをちょいちょい見るかでセールチェックされることをオススメします。

MAGIX Software VEGAS Proシリーズ

コメントする