これは良い!「UMIDIGI Z2 Android SIMフリースマートフォン」がB19対応&デザインに優れたナイスモデル

umidigi_z2_12.jpg

UMIDIGI Z2 Android SIMフリースマートフォンです。

MediaTek Helio P23プロセッサに、6GBメモリ、64GBストレージを搭載したAndroid 8.1対応のSIMフリースマートフォンとなります。

液晶サイズは6.2インチ。ノッチ採用デザインです。顔認証 +指紋のロック解除、鮮やかでカラフルなボディが目に付きます。

液晶解像度は2,246×1,080と縦長タイプで、カメラはリア1,600万画素+800万画素SAMSUNGセンサーを採用。フロントは同じく1,600万画素+800万画素でこちらはソニーセンサーを採用しています。

絞りはf/2.0、自撮りカウントダウンや顔認識をサポート。

ネットワーク周りはIEEE802.11a/b/g/n対応無線LANのほか、W-WANはTDD-LTE 34 /38 /39 /40 /41、FDD-LTE 1 /2 /3 /4 /5 /7 /8 /12 /13 /17 /18 /19 /20 /25 /26 /28A /28Bに対応。

ドコモでもauでも(一部難あり)Softbankでもイケちゃう周波数対応となっています。

日本市場に適したコスパの良いモデルといえる感じです。

umidigi_z2_01.jpg

保護シートは最初から付いてます。

剥がしてあげればOKだったんですが、色々いじくってから剥がしたかったんでそのまま...。

電源投入直後から、発色の良い映りっぷり。

手になじむデザインで、6.2インチモデルとしては縦長ということもありますが、まぁ手になじむ感アリ。

ちょっと手持ちのXs MAXと重ねてみたらほぼ同サイズでした。

umidigi_z2_02.jpg

最初から日本語が選択できて使えるのはやっぱり楽です。

非対応なモデルだと、文字入力アプリ入れてからスタートな感じなので、スタートから躓く感じ(単に面倒)ですが、入れずともフツーに使えるのはやはり楽。

umidigi_z2_03.jpg

ノッチデザインはもはや違和感なくなっちゃいましたね。

ノッチサイズそのものもiPhone Xs MAXとほぼ同サイズ。

umidigi_z2_04.jpg

背面。

初期保護シートが付いてますが、説明付きなのでわかりやすいです。

IMEI IDがこの保護シートに記載されている(写真親指で押さえている部分)ので、ちゃんと保管しておくことをオススメ。

umidigi_z2_05.jpg

トワイライトカラーが人気っぽいですが、まぁどうせケース付けるし!ということで、パープル&ブラックなカラーをチョイスしたんです...が、光の具合で見た目が色々と変わります。

ワンパターンじゃ無く楽しめるのは良いですね。非常に良いです。

umidigi_z2_06.jpg

デュアルカメラ。

そして、指紋認証。

顔認証機能もあるので、指紋認証は無くても良いといえば良いんですが、マスクしてたりすると顔認証効かないので指紋認証はあるとやはり便利。

センターポジションにあるので、人差し指等をセットしておくとサッと認証できます。

umidigi_z2_07.jpg

そして保護ケースも付属。

割と質感の良いケースで、「これで十分」といえるだけのものでした。

内側はよくわからない模様が施されてて、フィット感が高まる?のかは不明ですが、なかなか素敵な感じに装着できます。

umidigi_z2_08.jpg

指紋などが付きにくい滑り止め機能的なものもあるザラ付いた素材を用いてます。

これを付けると、光の具合で見た目のカラーが変わる背面デザインは楽しめなくなっちゃうあたりは残念。

クリアケースはAmazon.co.jpでは販売してないっぽいので、海外通販を狙っていくしか無いのかな?という感じ。

umidigi_z2_09.jpg

付属品群。

海外向けなAC-USBアダプタと、USB Type-C to オーディオ変換ケーブル、充電用USB Type-Cケーブルという構成。

umidigi_z2_10.jpg

マーケットプレイス hommee-jp での購入であれば、変換アダプタやスタンドが付属してきます。

地味ですが、ありがたいところ。

umidigi_z2_11.jpg

そういえば...というわけではないですが、外箱もなかなかいい感じ。

umidigi_z2_13.jpg

スペック的にはミドルハイといっていいところ。

機能も豊富で、カメラ性能も十分満足いくところじゃないでしょうか。

実際に撮影してみた感じだと、暗所には弱いものの、普通に明るいところなどであれば結構良い感じ。

背景ぼかしも上手いことしてくれるので、日常撮りであれば不満は無いんじゃないかと。Edge AIカメラ的なものが色々と認識して綺麗に撮ってくれます。

インカメラもデュアルだったりするんで、自撮りも良いデス。

そして何より背面デザインの綺麗さは所有欲を大いに満たしてくれます。

こればかりは実機を見てください!という感じではあるんですが、飽きのこないデザインで素敵。

ゴリラガラス5採用で、頑丈さも備えてます。

AndroidスマホはMVNOな格安SIMを使う場合にB19対応がひとつのポイントかなというところだったんですが、Y!mobileなども含め、ソフトバンクのバンドにもバッチリ対応ということで、国内利用に便利なのは良いですね。技適の問題があるのでアレですが。なお、Globalレンジに対応ということで、海外旅行などのお供としての活躍も期待されます。むしろデュアルNano SIMでDSDS対応なこともあり、海外を飛び回る系な方に取っ手は便利に使えそうです。

あとは、記載漏れてましたが充電が速いのも素敵。18W充電ということで、いわゆる超急速充電に対応。

Qiワイヤレス充電にこそ対応してませんが、Type-Cで繋いであげればワイヤレス充電では(現時点では)得られない速度で充電を行ってくれるので、Qi充電にこだわりが無ければ問題なし。

手帳型ケースを使う方などは、Qi充電しにくいのでなおのこと不要なのかなと。

かくいうワタシはQi充電好きだったりするので、対応していたら良かったなと思ったりもしますが、それ以上に超急速充電が行える恩恵が大きいので充電時間が少ないという利点をフルに活かせるとQi対応じゃなくても大丈夫だなぁという印象に。

上位モデルであるUMIDIGI Z2 ProだとQi対応だったりプロセッサがUpしてたりするんですが、その分お値段も...ということで、コスパ重視な方からするとZ2無印の方がオススメかなと。

バッテリー容量もZ2の方が3,850mAh(Z2 Proは3550mAh)が多かったりもします。

ゲームプレイするにも問題ないスペックですし、メモリはたっぷり6GBでスペックバランスも上々。

割引クーポン!

今ならさらに、注文時に使用することが可能な割引クーポンコード「NIIZWF5R」を適用することで4,000円OFFとなり非常にお買い得。

クーポンコードの使用期限は不明ですが、在庫数が少なめですのでお早めにどうぞ。

UMIDIGI Z2 トワイライトカラーや、ブラックカラーモデルも同価格&クーポンコード適用が可能となっています。

UMIDIGI Z2 大画面 SIMフリースマートフォン 6.2インチ Android 8.0 6GB+64GB 4G-LTE 顔/指紋認証 Helio P23 MTK6763 オクタコア 16MPクアッドカメラ GSM/WCDMA/FDD/TDD-LTE KKmoonスタンド 国内用アダプタ

UMIDIGI Z2 Android SIMフリースマートフォン
楽天市場の最安値[送料無料で比較] / Yahoo!ショッピング最安値[送料無料で比較]

コメントする