ダイソンがでかくて重いので、綺麗好きとして「TWINBIRD HC-E251GY」という小型掃除機を買ってみた

TWINBIRD 強力にゴミを吸引 パワーハンディークリーナー ハンディージェットサイクロンEX HC-E251GY メタリックグレー HC-E251GY

どうも、綺麗好きなhanです。

現在家にはダイソンの掃除機があるのですが、でかいし重いしで取り出すのが面倒になってます。そのためちょっとしたゴミを見つけた時にぱっと掃除ができずヤキモキ。

ということで小型の掃除機を買うことにし、ひとまず家電量販店で物色。そして小型掃除機には充電式と、コンセント必須のものと2パターンあることを把握。

充電式のものは充電に数時間かかるのに実働10分程度でしかも吸引力が弱いものばかり。なので論外。

対して、コンセント必須のものはコードが邪魔にはなりますが吸引力が強く、実働時間にも制限無し。個人的に吸引力がほしいところなので、コンセント必須のタイプを買うことにしました。

そして選んだ商品がTWINBIRD 強力にゴミを吸引 パワーハンディークリーナー ハンディージェットサイクロンEX HC-E251GY メタリックグレー HC-E251GY

なかなかスタイリッシュな外観でありながら、お値段もそれほど高くなく、かつAmazonでの評価が平均で星4つ程度ということや、レビューに「吸引力が強い」と書いてあったので試しに買ってみました。

soujiki1.jpg

箱です。電源コードは余裕の6mということもあり、車内掃除にも最適と謳ってくれちゃってます。

soujiki2.jpg

ケーブル自体は細め。

soujiki3.jpg

掃除機本体です。思ったより小さかったです。ミキサーか?という感じの外観。

スペックは、14×29.5×23cm、吸込仕事率180Wを実現するサイクロン式ハンディークリーナーで重量が約1.9kg、運転音約75dB以下、集塵容積約0.7L、電源コード長さ約6m。

ちなみにコードを巻き取る機能はないので、適当に縛っておく必要があるので面倒といえば面倒ではあるものの、使用範囲が定まればさほど問題にはならない感覚。

soujiki7.jpg

付属のパーツたち。小型のくせに2段伸縮式な「柔らかすき間ノズル」、砂などをかき出せそうな「フロアブラシ」、かき出す感じの「ソフトブラシ」、広い面を掃除するのに便利な「延長パイプ」など豊富過ぎ。

パッケージにあったように自動車の掃除を意識した構成。

soujiki5.jpg

アタッチメントを装着。

この形が基本形。

soujiki6.jpg

これで掃除をしてみたところ、本当に吸引力が強くごみをしっかりと取ってくれました。

ただ重量が1.9kgあるため、長時間の使用はちょっと辛いものの、ダイソンに比べれば屁みたいなもの。

ダイソン同様・・・というわけではないですが、動作音はかなりうるさいので、夜の掃除はやめたほうがよさげ。まぁダイソンと比べると半分位の音量だとは思いますが。

そして一番気になったのが、排気口から出る空気がちょっと臭いです。モーターの焼けるような匂いがします。ただ故障というレベルではなく、ちょっと気になる程度です。

soujiki4.jpg

バラしてみました。構成はシンプル。

基本的には透明のカップに入ったゴミを捨てるだけでOK。使用頻度に応じて白のフィルターをつけ置き洗いする必要があるそうです。

ちなみに1日5分、1週間程度使用してみましたが、白のフィルターは少し汚れが溜まった状態です。

ゴミは5分の掃除でも大量に取れるので毎回捨てる必要があります。

良かった点(安い、吸引力が強い、見た目が良い)、悪かった点(うるさい、重い)共に善し悪しありますが、自分の中ではこの値段でこの商品ならお買い得だったなと。

コメントする