割と大きめな「Teyimo ワンタッチ サンシェードテント」が足下メッシュで通気性良し

teyimo_tent01.jpg

Teyimo ワンタッチ サンシェードテントです。

海に行ったり、ちょっとしたアウトドアのお供として重宝するサンシェードで、重量が1kg程度(約1.1kg)と軽く、車に積んで置いてもそれほど邪魔にならないコンパクトサイズに収まるあたりが魅力の商品となります。

袋から取り出して、サッと開くだけでドーンとテントが設置可能なお手軽さが最大の特徴です。

また、ペグが6本付属してくるのでビーチなどではテントを固定して使用することも可能。

 

teyimo_tent02.jpg

ゴムバンドがなされていて、いきなりバッ!っと開いたりしないような心遣いがなされてました。

teyimo_tent03.jpg

説明書が入っていたんですが・・・これ、アカンやつじゃないですかね。

なぜに顔隠しでミッキーをチョイスしたのか。

teyimo_tent04.jpg

説明書はさておき、ゴムバンドを外して広げます。

teyimo_tent05.jpg

ボファッ!と開いて、速攻でテントが完成。

開いた後は、形を整えてあげればOKです。

teyimo_tent06.jpg

横から見た感じ。

高さは125cm、ピラッとしたところを覗いてテント自体の奥行きは100cm程度。

幅が185cmということで、大人なら2~3人、子供なら3~4人ぐらいは入れるのではないかと。

teyimo_tent07.jpg

6歳児が寝転ぶとこんな感じに。2人ぐらいだったら普通に昼寝できそうな感じになってます。

UVカットの素材を採用しているので紫外線カットが期待出来ますし、子供が寝たときなどは、足下から空気が入ってくるようにメッシュ形状になっているため、シェードの中でも快適さが得られるんじゃ無いかと。

風が凄い強い場所とかだとメッシュのところからなんか色々入ってきそうですが、普通にオープンになっているところから入ってくることもあるだろうということで、通気性の良いところ(ただし砂簿頃が舞うようなところは避ける)での使用が良いんじゃないかなと。

なお、折りたたみ方法は、怪しい説明書を見てもよくわかりませんでしたが、以下を読むことで理解できました。

【折りたたみ方法】

  1. 二つ折にします
    ※フロントは空気が逃げるように少し開けます
  2. 頂部から底に向けて畳みます
  3. 頂部を少し中側に丸め込みます
    ※両サイドが内側に倒れてきます
  4. サイドの片側を内側に丸め込みます
  5. 片方のサイドも内側に丸め込み重ねます
  6. ワイヤーのバランスを整えてバッグに収納

ペグを収納する小袋も付いているので収納には困らないでしょう。

手軽さと値頃感がある商品なので、この手のシェードは1個もっておくと何かと便利。

この夏、海に行ったときにつかってみようかな~というところです。

Teyimo ワンタッチテント サンシェードテント 2-3人用テント 紫外線防止 風通しデザイン 軽量コンパクト アウトドア 海水浴 ビーチ プールキャンプ

Teyimo ワンタッチ サンシェードテント
楽天市場の最安値[送料無料で比較] / Yahoo!ショッピング最安値[送料無料で比較]

コメントする