2017年7月16日

プロフェッショナルツール「VEGAS Proシリーズ」が初心者でも扱えて時折安い

MAGIX Software VEGAS Proシリーズ

MAGIX Software VEGAS Proシリーズです。

ノンリニア動画編集ソフトウェアで、Sony Creative Softwareが開発・販売していた製品で、2016年からMAGIX Software社が取り扱うようになったソフトウェアとなります。

非常に軽快な動作が特徴的で、音声や動画のトラックの順番や数に制限無しだったり、キーボード操作が前提になっているなど、 非常にシンプルかつ柔軟に設計されているため何気に初心者でも取り扱いやすいのではないかと。

4K素材の読み込みにも対応してますし、業務用としての実力も十分な感じになっています。

そんな、MAGIX Software VEGAS Proシリーズのなかでもやっぱり動画編集でしょ!ということで、VEGAS Pro Suiteをちょちょいと使用してみたので、ご紹介。

2016年6月 5日

お手軽操作でしっかり機能な「EaseUS Todo Backup Workstation」でシステマチックなバックアップ

easeus_todo_backup_workstation_01.png

バックアップ、ちゃんと取得して管理されてますか?

自他共に認めるズボラーなため、気を使って作業していたり、バックアップを意識している時は問題ないんですが、気が抜けた状態で作業してたり、「大丈夫っしょー」とかいう感覚だけで作業を実施していると、だいたい誤った操作をしてしまうわけで。

「差分でバックアップとっておけば・・」とか「間違ってUSBメモリ初期化しちゃった!」とかいう細かなやらかしから、何年かに一回は「サブPCのシステムデータ飛ばしちゃった・・・」とか、「バックアップ用のハードディスクを初期化しちゃった!」というような致命的なやらかしをかましてしまったりするのです。

なんでこうもバックアップが下手くそなのか。

人は過ちを繰り返す生き物なので!という真理はさておき、それならシステム的にバックアップを取ってくれる環境にしておけばいいじゃないということで、導入したのがEaseUS Todo Backup Workstationです。

バックアップソフトウェア界の老舗的な位置づけで、長いこと機能追加だったり性能向上を果たしてきた定番ソフトです。Vectorの「第25回Vectorプロレジ大賞」の【バックアップ・復元 部門賞】を受賞していたりもします。

有料ソフトではありますが、お値段がそれほど高いワケではなく、商用利用モデルだとしても4,000円を割り込む価格ということでコストパフォーマンスが高いです。なお、30日間のトライアルも行えますので、まずは使ってみて常用したくなったら購入すればOKというところ。

2015年1月11日

AMDの独自API「Mantle」の効果を「Sniper Elite 3」で実体験

amd_mantle_tech_01.jpg

AMDの独自APIである「Mantle」について、ご存じでしょうか。

PCでゲームをプレイする方なら聞いたこともあるんじゃないかな?というぐらいの感覚であり、日ごとPCを利用している方にとって、それほど身近に感じられる技術ではないので「Mantleってなぁに?」と思われる方も少なくないのではないかと。

かくいう自分も、PCでゲームは殆どプレイせず。

コンシューマ向けの据え置きゲーム機よりもPCの方がスペック選択が可能で、好みの構成でPCを組み上げて、プレイするゲームに合わせた最適な環境を構築できるのでゲームやるならPCでガッツリのめり込みたい!という側の人間であり、割とスペック厨な面もあるのですが、ことゲームに関してはここ数年プレイする時間の確保が難しいことから手つかずなところもあり、不勉強な状態だったんですが、AMD主催の勉強会に参加させて貰う中で何度かゲーミングテクノロジーについて学ぶ機会があり、Mantle APIについても「You, 体感しちゃいなYO!」的なお誘いがあったので、全然ゲームをプレイしていないながらも、そのMantle APIの威力を身を持って体験してみることにしました。

そんなわけで、AMDの独自API「Mantle」の効果をThird Person shooterこと、略称TPSゲームな「Sniper Elite 3」で実体験してみたのでご紹介。

ちなみに、PS版は日本語版となるスナイパーエリート3の国内販売が中止という憂き目に遭っていたりします。PSプラットフォームではSniper Elite III(北米版)ということですね。PC版は元々英語版しか出てなかったりしますので、Sniper Elite III (PC DVD) (輸入版)あたりをどうぞというところです。

2015年1月 4日

「AMD Fluid Motion」は動画が"ぬるぬる"動いて素敵

fluid_motion_video_powerdvd.jpg

AMD勉強会で「Catalyst OMEGA」と、「Fluid Motion Video」を学ぶ」でちょいと学んで、体験環境が手に入ったので、AMDのFluid Motion機能を使ってみました。

検証環境というにはおこがましい、残念環境によるテストなんですが、まぁ、効果のほどは実感できたので。

2013年8月17日

【先着5,000人は無料!】ALPHA SYSTEMS Media Link Player for DTV - サクサク動作でチャプター飛ばしができて嬉しいiOS端末用DTCP-IP再生・持ち出し対応アプリ

media_link_player_for_DTV_01.jpg

PanasonicやSONY製のBlu-rayレコーダやnasneなどのDLNA/DTCP-IP対応メディアサーバー製品とWi-Fi接続し、録画された地デジ/BSデジタル/CSデジタル放送番組をストリーミング再生することができる Media Link Player for DTV - ALPHA SYSTEMS INC. が iTunes にて先着5,000名は無料と太っ腹配布中だったので、速攻でインストールしました。

もともと、DTCP-IP再生やBlu-rayレコーダ連携についてはTwonky Beam: 動画/音楽/写真の再生/転送アプリケーション - PacketVideoで対応してたんですが、2つ大きな不満点があって困ってたんです。

それは、「読み込みが遅く、再生されるまでの待ちが微妙に長い」「Twonky Beamではチャプターがスキップできない」という点。

前者はまだしも、後者のチャプタースキップ不可は結構致命的で、CM飛ばすのは秒単位でのスライド指定スキップしかできなく、それでいてスキップしても読み込みが長く再生が襲い、そして飛ばしたのにまだCM中でもう一回スライドして飛ばして、また待ち時間・・・というイライラループ状態。

そんな中、このたび公開された ALPHA SYSTEMS Media Link Player for DTVを使うことで概ね上記問題が解決できました。これで心置きなく宅内Blu-rayレコーダ連携再生が捗ることになったので、ザックリご紹介。

2013年7月17日

SONY「RECOPLA」をアップデートで、iPadも番組持ち出しがRECOPLA経由で出来るように

recopla_ipad_01.png

Twonky BeamがVer.UPでライブチューナ再生に対応してiPadが完全テレビ&レコーダ操作端末化」してからしばらく時間が経過しましたが、RECOPLAは(SONY製品対応のため当然といえますが)Android先行で、iOSは先延ばしになってたんですが、このたびVer.UPでiPadも番組持ち出しがRECOPLA経由で出来るようになりました。

番組持ち出し機能「ワイヤレスおでかけ転送」が、iPadでも可能になったんですが、ワイヤレス転送自体はTwonky Beam単体でもワイヤレスおでかけ転送が利用できるので、機能面での向上は実はさほど無かったり。

とはいえ、「RECOPLA」から操作出来るということを個人的には待望してたので、サクッとVer.UPして使ってみました。

2013年1月30日

クーポンコード適用で安く買えたMicrosoft Windows 8 Pro 発売記念優待版が届いた

windows8_pro_upgrade_01.jpg

お買い得感あふれまくりでおそらくお得に買える期限が迫っていることで売れる売れているのではないかと推測される Microsoft Windows 8 Pro 発売記念優待版 (XP・Vista・7からのアップグレード専用:2013年1月31日まで) が届きました。

特価品紹介ページでそのお得さに触れていたり、「【月末まで】Microsoft Windows 8 Pro 発売記念優待版がクーポンコード適用でより安く購入可能だったので買った」でもちょいと詳細に書いているとおり、とにかく1/31までは非常にお買い得。

普通に量販店や各種PCショップにおいても人気が高まり、ショップによっては売り切れも出てしまっているほど人気なのにもかかわらず、Amazonさんは追加のキャンペーンとして「Microsoft Windows 8」に使える1,000円OFFクーポンをご提供という太っ腹っぷりを発揮(Microsoftが展開してるのかもしれませんが)してくれちゃっているので、この機会・・・逃すべからず!という様相を呈しています。

この記事を書いているのが1/30なので、今日明日限定。しかも1人1回限りのお得注文ということで、もはや「とりあえず買っておけ」レベル。

「買ったけど、使わなかったわ~」という場合でも安心。なぜなら、Yahoo!オークションを見る限り5,000~5,500円前後での落札実績が大半なので使わなかったら売ればいいのです。2月以降は買いそびれてしまった方のニーズが増して、下手するとちょっとした利益出ちゃうぐらいのお値段で売れちゃうかも知れません。

と、そんなお得具合あふれているWindows8 Pro 発売記念優待版を開封だけしました。

2013年1月28日

【月末まで】Microsoft Windows 8 Pro 発売記念優待版がクーポンコード適用でより安く購入可能だったので買った

Microsoft Windows 8 Pro 発売記念優待版 (XP・Vista・7からのアップグレード専用:2013年1月31日まで)

Microsoft Windows 8 Pro 発売記念優待版 (XP・Vista・7からのアップグレード専用:2013年1月31日まで) が Amazon にて大幅値下げ&送料無料と激安特価なのは、特価品紹介ページですでに何度か触れてるわけですが、どうやら昨年末に提供された割引キャンペーンのクーポンコードがまだ使用可能だという情報をいただいたので、購入を迷ってました(ダウンロード版と迷ってた)がパッケージ版で購入することに決めて、実際にお得に購入できたのでご紹介。

月末までのキャンペーン特価+割引クーポンコードでダウンロード版並の価格・・・とまではいきませんが、近しい価格でパッケージ版が購入できることになります。

「今月中に買わないと、お値段が定価換算で4倍以上ですよ~」「実売で5倍越えちゃいますよ~」とか、エライ販促だなぁとか思いながらも、必要性度外視で「お得なうちに購入しなくちゃ!」というのは消費者心理を上手く突いてると思います。

個人的にはWindows8をスルーする予定だったのに、アップグレード版とはいえ、手を出してしまったのは価格の安さ故である点は否定できません。タッチパネル液晶搭載端末なんて、iPhoneとかiPadしかないのでおそらく検証用にVMWareなどで用いることになりますが、安いので後悔無し。むしろ、これまでのWindows OSのお値段を考えれば正直破格でしょう。

そんな、ただでさえ安いWindows8の(しかもPro!)販売記念優待版をより安く購入できたので、その証拠的な画像も一応Upしておきます。

2012年12月14日

SmartNewsでニュースチェックの手間激減!1点改善されたら、なお素敵!

smartnews_01.pngsmartnews_02.png

ちょっとユーザーインターフェースが直感的かつ、操作性が素敵すぎて、速攻で虜になりました。

  • 話題のニュースが毎日届く
  • 決まった時間にプッシュでお知らせしてくれる
  • 事前ダウンロードしておけば圏外でも読める

と、ツボをしっかり押さえたうえで、「話題の記事がサクサク読める」というのは伊達じゃない!そんなサクサクどころかヌルヌルというか、トゥルントゥルンな操作感がナイスなSmartNewsをオススメ&ご紹介。

ちなみに、ばっちり無料でダウンロードできちゃいます。