2016年6月 8日

Win/Android/iOS切替え利用も可能な「iClever IC-BK04」は薄くて軽くて光るBluetoothキーボード

iclever_ic-bk04_01.jpg

BluetoothキーボードiClever IC-BK04です。

アルミヘアラインのように見えますが、プラスチック。

プラスチック採用のおかげで非常に軽く、かつ薄型に仕上げられている商品になります。

横幅がiPad Airと同等ということもあり、iOSでの利用を想定されているものと思われますが、WindowsやAndroidでも使用可能な切替えショートカットキーも備えていたりと使い勝手を考えられたコストパフォーマンスに優れたモデルになってます。

2016年6月 7日

ゲームコントローラみたいな「iClever IC-RF02」はちょいと癖あるワイヤレスミニキーボード

  • 投稿日:
  • Category:

iclever_ic-rf02_02.jpg

iClever 2.4GHz ミニワイヤレス IC-RF02です。

先日、レビューをした「片手操作もできそうな「iClever IC-RF01」は2.4GHz帯対応ワイヤレスミニキーボード」の兄弟モデルというべき型番の商品になります。

こちらは両手持ち前提となる感じのモデルです。

似たようなところがあるので、サクッとレビューしていきます。

2016年6月 6日

片手操作もできそうな「iClever IC-RF01」は2.4GHz帯対応ワイヤレスミニキーボード

iclever_ic-rf01_02.jpg

iClever mini wireless keyboard IC-RF01です。

職場で2名ほど同様の商品を使用してまして、気にはなっていたこの商品。

メインで使用するわけではないけれど、ちょっと離れた位置から端末を操作する必要があるときに活躍をしてくれるワイヤレスキーボードです。

片手扱えちゃうぐらいのサイズ感で、本体も軽く、持ち運びするにも全く苦にならないお手軽さが魅力のデバイスとなります。

2015年9月14日

安かったので「Logicool ウルトラスリム キーボードカバー TF715SG」をカバー代わりに購入

  • 投稿日:
  • Category:

logicool_ultrathin_keyboad_cover_tk710_01.jpg

なんか安くなってたので、Logicool ウルトラスリム キーボードカバー スペースグレー TF715SGを購入しました。

発売開始当初は10,000円超で、最近でも5,000円前後のイメージだったんですが、気がついたら2,000円程度になっていて手を出しやすくなってました。

Bluetoothキーボードはすでに4つ以上所有しているんですが、モバイルデバイス(今回でいえばタブレット)にあわせたキーボードが欲しくなって、安いと手を出しちゃいます。悪い癖ですが、安いので仕方が無いですね。はい。

そんなわけで、ざっくりと安かろう悪かろうなのか、お値段以上なのかを見ていきます。

2015年1月23日

Bluetoothマルチデバイス キーボード「Logicool k480」はアナログ切り替えが便利

logicool_k480_01.jpg

自宅利用目的の、タブレット対応なBluetoothキーボードが欲しくなって、色々と探してみた結果、複数台での利用が可能で切り替えがアナログスイッチ一つで3台切り替え可能というのを見て、アナログ切り替えって逆に新しいな!と興味を持ったのでLogicool Bluetooth マルチデバイス キーボード ブラック k480を購入してみました。

WindowsおよびMacintoshのショートカットキーをキーに表記し、Windows/Macintosh/Android/iOSなどBluetooth HID対応機であれば最大3台まで接続可能な商品です。

2015年1月12日

2.4GHzワイヤレスプレゼンター「Inateck WP1002」はシンプルデザインで手に馴染む

  • 投稿日:
  • Category:

inateck_wp1002_01.jpg

何の因果か、お仕事を中心にPowerPointでプレゼンをする機会がちらほらというか、結構頻繁にあるんです。

その際に、都度ノートパソコンを手元に置いて操作するわけですが色々と説明をしているとノートパソコンから離れてプレゼンしたくなる機会が出てくるんです。

そうなると、リモートで操作できる端末が欲しくなるんですね。

そんなわけで、2.4GHz帯の無線経由でちょちょいと操作できるInateck 2.4GHZワイヤレス プレゼンターInateck WP1002を導入してみました。

2014年4月 8日

【最大8A出力】5ポート/40WなUSB急速充電器「ANKER AK-71AN7105-B5A」はマットでコンパクト

anker_ak-71an7105-b5a_01.jpg

USB充電するのにスマートフォン、タブレット等のUSB機器に対してフルスピード充電同時ができる急速充電対応で複数ポートあるものが欲しいなぁという状態で「【5A出力!】Anker AK-71AN25W-W5JA - 5ポート備えたAC-USBアダプタ」を書いたときに

個人的にブラックカラーモデルがあったら是非とも買いたい感じなんですが、Ankerさん出してくれないですかね。

なんて書いていたところに、ブラックカラーかつさらに高出力対応のUSB「急速」充電器、「Anker AK-71AN7105-B5A」が登場したのでサクッと購入しました。

単純に充電するんであればセルフパワー対応なUSBハブを用意すればいいんでしょうけれど、ACアダプタがごっついのは避けたかったので、メガネケーブル採用な本商品が選択肢として上がり、個人的この皆ブラックカラーモデルが出てきたことで即決した次第。

増税前に2,599円送料込みで購入したんですが、増税後についても同価格で販売されているようで、買い急がなくても良かったかな?とか思ったりもするんですが、記事作成時点でブラックカラーモデルは売り切れとなっているあたり、購入しておいて良かったなぁと思うわけです。

※追記:次回入荷分の注文受付が再開されました。

なお、ホワイト/シルバーカラーモデルは在庫ありとなってます。

ともかく、ブラックカラーモデルが早速届いたので、開封&使用してみました。

2013年2月19日

安くてワイヤレスなUnifying対応キーボード「Logicool K270」はコスパ良し

LOGICOOL ワイヤレスキーボード Unifying対応レシーバー採用 K270

こんにちはhanです。

安くてワイヤレスなキーボードLogicool K270を買って1ヶ月くらい経過しましたので、使用した感想や気づいた点などをレビューします。 もっと早くやっておけという話なんですが、なにぶんキーボードは慣れが必要なブツ。

レビューして紹介したは良いけれど、翌週には処分しちゃいました~というのではアカンわけで、ともかく使って即ポイすることがないというところまでは確認したというわけです。

といいつつも、さほどお値段が張るわけでもなく、気軽に買えるキーボードなのでファーストインプレッションぐらいはしておけというのも事実。

今回はファーストインプレッションをすっ飛ばして、使用感を中心にご紹介。

2013年2月 7日

ASUS PA248Qを購入したので箱を開梱して各部位を軽くチェック

  • 投稿日:
  • Category:

asus_pa248q_open_01.JPG

記事にする前に使用し始めたカラーキャリブレーションがセットになったSpyder4 Express、遮光フード付属 PA248QJを使用してすでに2ヶ月ちょっと前から使用しているんですが、なかなか良いブツだったので、買い増ししてデュアルディスプレイ化してしまおう!と決めました。

で、2台目を購入するのにあたり、デュアルディスプレイ化するので遮光フードは不要ですし、キャリブレーションも1台あればOKということもあり、それらが省略されたモデル ASUS PAシリーズ PA248Q を購入。

IPSパネルかつ、LEDバックライト採用のWUXGA対応24インチワイド液晶ディスプレイです。

無事到着したので開梱&各所をちょいとチェック。

2013年1月 5日

カードリーダー/ライタ&USBハブセット「iBUFFALO BSCRH01U2BK」のケーブルが短くて失敗

iBUFFALO カードリーダー/ライター USBハブ付 ブラック Black 黒 2倍速 USB2.0バスパワーモデル BSCRH01U2BK

3ポートのUSB2.0ハブ機能付カードリーダー/ライター iBUFFALO BSCRH01U2BK が 秋葉原に行ったときに500円で投げ売りされていたので、衝動買い状態で購入しました。

デジカメ直つなぎと比較して、2倍速読み書きできて、おまけにUSBハブとして3ポートあれば十分でしょう!という気持ちでの購入だったんですが、事前にケーブルの長さをチェックしていなかったことが祟り、思っていた以上にケーブルが短くてちょっと使い物にならないという結論に。

元々使用していたUSB2.0バスパワーモデル メモリーカードリーダライタ BSCR12U2RDと、USBハブを2in1で置き換えられる!と思って購入したんですが、玉砕。

個人的な用途と合致しなかったというだけであって、ノートパソコンなんかと繋ぐ分には大いに役立ってくれると思うんですが、いかんせん今回必要としていた用途には合致しませんでした。