手触り良いアルミ外装で薄型軽量な「MOXNICE モバイルバッテリー」が10,000mAh/8,000mAhどちらも色々魅力的

moxnice_mobile_battery_01.jpg

MOXNICE モバイルバッテリーです。

写真は容量10,000mAhモデルですが、8,000mAhモデルもあります。

アルミ筐体を採用していることもあり、見た目はまさにスタイリッシュ。

後ほど紹介しますが、ただ単に薄くて軽いという以外にもデザイン性に優れていて所有感をそそられる作りとなっているあたりがポイント。

10,000mAhモデル、8,000mAhそれぞれ見ていきます。

スマホ4.7インチサイズなMOXNICE 10,000mAh

moxnice_mobile_battery_02.jpg

まずは10,000mAhモデル。

グレーカラーなんですが、光沢感が強くライトブルーがかったグレーという印象。

光の当たり具合で見え方が変わります。

moxnice_mobile_battery_03.jpg

型番としてはMOXNICE C7Aとなります。

容量10,000mAh / 3.7Vで、2.1A出力にバッチリ対応。

バッテリー本体の充電についても2A入力対応となっています。

moxnice_mobile_battery_04.jpg

横からの見た目は、かなり薄い!

MicroUSBコネクタ(バッテリー充電用)が備わっていてます。

本体をぐるっと回るような感じでラインを引くように溝が掘られているため、手で持ちやすく滑り止め的な役割も果たしてくれます。

普通に薄い本体がより薄く見えるのもポイントでしょう。

moxnice_mobile_battery_05.jpg

スマートフォンなどの端末を充電するためのケーブルを別途持ち運ぶ必要の無い、本体内蔵型となってます。

キュポっとはずしてあげると、そこにはMicroUSBコネクタを備えたケーブルがお目見えします。

そのまま充電をすることが出来ちゃいます。

moxnice_mobile_battery_06.jpg

薄い本体でありながら、しっかりとUSB出力コネクタも備えているので、手持ちのケーブルなどをここに差し込むことで出力給電が可能となります。

また、その右側にはMicroUSBコネクタが見えるわけですが・・・・

moxnice_mobile_battery_07.jpg

ここにはMicroUSB to Lightning変換コネクタが内蔵されてます。

すなわち、MicroUSBコネクタを内蔵するだけでなく、変換かましてLightningコネクタによってiOSデバイスを充電することが可能となっています。

ケーブルを持ち運ばずに2種類のデバイスを充電出来る利便性は素敵としかいいようが無い感じ。

moxnice_mobile_battery_08.jpg

さらに、MicroUSB to Lightningコネクタだけでなく、MicroUSB to USB Type-Cコネクタも付属しています。

本体に内蔵することが可能なのはどちらか1個だけとなるわけですが、使用頻度が高い方を内蔵しておけば良いかなと。

moxnice_mobile_battery_09.jpg

アルミ外装は持ち運び時はちょっと気を使うなぁ(傷つきそうで)という方も安心な、レザーカバーが付属してくるので、ごちゃごちゃしたバッグにモバイルバッテリーを入れて持ち運ぶような扱いでも大丈夫な肝心。

moxnice_mobile_battery_10.jpg

すっぽり収まります。

収まりつつ、収めすぎない・・・といいますか、コネクタ部は扱えるだけの余裕がある状態でカバーされます。

これにより、充電はケースに入れたまま行えますし、時折必要な本体の充電についてもちょいとケースから本体を顔を出してあげることで本体充電用のMicroUSBコネクタにアクセス出来るので、ケースに入れたまま運用も可能です。

いわゆる4.7インチスマホ程度のサイズ感ということで、手になじみスマホと一緒に持ち運ぶのにも適しているように思えます。

スマホ4インチサイズのMOXNICE 8,000mAh

moxnice_mobile_battery_11.jpg

続いて、MOXNICE 8,000mAhモデル

こちらは、妻が利用するのに適しているかなということで、ピンクカラーを選択。

10,000mAhモデル比でしっかりとコンパクトになっており、いわゆる4インチスマートフォン的なサイズ感になってます。

moxnice_mobile_battery_12.jpg

こちらの型番は、MOXNICE C5A

10,000mAHモデルと同様に・・・と思ったら、ちょっと違いました。

容量8,000mAh / 3.8V(10,000mAhモデルは3.7V)で、2.1A出力にバッチリ対応。

バッテリー本体の充電については2.1A入力(10,000mAhモデルは2A入力)対応となっています。

仕様的には似てますが微妙に違いがある感じ。

moxnice_mobile_battery_13.jpg

本体充電用コネクタの位置は10,000mAhモデルと一緒です。

本体をぐるっと回した感じのラインデザインも同様な感じ。

moxnice_mobile_battery_14.jpg

MicroUSBコネクタが本体に内蔵されているのも一緒。

よりコンパクトな筐体を採用しているのに、しっかりコネクタを備えているあたりはちょっと驚きな感じ。

moxnice_mobile_battery_15.jpg

2in1な変換コネクタを内蔵している仕様も一緒。

もちろんUSBコネクタも備えています。

moxnice_mobile_battery_16.jpg

なんといっても、この8,000mAhモデルの魅力はそのコンパクトさ。

スッと取り出してサッと使用することが可能な感じ。

薄小さいのが好みなら、8,000mAhモデルをチョイスで間違いないんじゃないかと。

MOXNICE 10,000mAh/8,000mAhの違い

moxnice_mobile_battery_17.jpg

単純に長さが違うのかな?と思ってましたが、比較してみると実は8,000mAhモデルのほうが若干ですが厚みがありました。

その差は1mm程度。

比較しなければ気にならないレベルですが、こうしてみると10,000mAhモデルの薄さが際立ちます。

moxnice_mobile_battery_18.jpg

厚みの差以上にコンパクトさでは8,000mAhが際立ちます。

やはり10,000mAhは男性向き、8,000mAhは女性向きという感じでしょうか。

ただ、カラーリングとしてはどちらも6カラー展開となっているので、男性女性問わずどちらもお使いいただけます。

今回はグレー、ピンクカラーを選択しましたが、ゴールドカラーもオススメな感じ。

両モデルとも、薄くてサイドには溝が設けられているので滑って落とすといったシーンはあまりないと思いますので、扱いは容易。

ちょっと写真を撮るのを忘れちゃいましたが、バッテリー残量チェックについてはボタンなど押す必要すら無く(というかボタンがない)本体をちょいとトントンと触ってあげればバッテリー残量を4段階のLEDで確認することが出来ます。

となると、揺れるだけでLED光るとバッテリー消費されちゃうんじゃない?と思ったりもするわけですが、ちょっと揺らすだけだと反応しないのと、点灯するLED自体非常に小さなもので確認そのものを行う最低限のものとなっているため、バッテリー消費量は気にするレベルじゃないのかなと。

そんな感じでザッとみてきましたが、一通り触ってみて質感と使用感ともに抜群に良く、所有欲が満たされまくり。唯一、カバーケースの質感がそれなりなのと、カバーに入れることによってせっかくのアルミ感が感じられなくなっちゃうのが残念といえば残念。

持ち運び時のカバーだというだけで、使うときはスッと取り出してこれ見よがしにアルミ感を剥き出しにして使用することでそのあたりは充足するのと、自分の持ち運び具合としてはゴチャゴチャとしたところに入れるわけではなく、すっぽりと収まるポケットに入れて運ぶ感じになるので、むしろケーブルと一緒に持ち運ぶ必要がなくなったことで、本体が傷つく可能性も下がり、満足いくものとなりました。

MicroUSB / Lightnig 共に使えて、容量も十分。薄くて軽くて見た目も良いモバイルバッテリーとしてガッツリオススメ出来る商品です。

今ならさらに、2個まとめ買いしたときに使用することが可能な、注文時に使用することが可能な割引クーポンコード「MCNZUUZZ」を適用することで10%OFFとなり非常にお買い得(10,000mAhモデルで適用されることを確認済)ですので、まとめ買い時はお使いください。

MOXNICE モバイルバッテリー ケーブル内蔵 大容量 軽量 超薄型 10000mah 小型 急速充電 ライトニング コンパクトスマホ 充電器 iPhone & Android対応 ...MOXNICE モバイルバッテリー ケーブル内蔵 8000mAh 大容量 小型 軽量 薄型 コンパクト 急速充電 ライトニング スマホ 充電器 iPhone & Android対応 (ピンク)

MOXNICE モバイルバッテリー 10,000mAh  / 8,000mAhモデル

コメントする