赤軸採用キーボード「MOTOSPEED Mechanical Keyboard CK101」がめっちゃ光ってど派手な演出

  • 投稿日:
  • Category:

motospeed_mechanical_keyboard_ck101_01.jpg

MOTOSPEED Mechanical Keyboard CK101です。

パッケージをご覧になっておわかりの通りで、それはもう光って光って仕方がない感じのメカニカルキーボードになっています。

カラーリングだったりはコントロールできて、好みのモードで光らせることが出来ちゃいます。

motospeed_mechanical_keyboard_ck101_02.jpg

キーボード全景はこんな感じになっていまして、いわゆる英語配列のゲーミングキーボードのそれとなっています。

通電していないと、特に光らないのでこの状態だとまだ単なるテンキーレスキーボードですね。

motospeed_mechanical_keyboard_ck101_03.jpg

キーは赤軸を採用。

赤軸は、カチャカチャ感が特徴の「茶軸」と、キー重量がそれなりにある「黒軸」の中間みたいな感じで、比較的キータッチ音を低減しながら使用することが出来ます。

反発感は適度にあるので、メカニカル感は味わえますし、なでるような入力でもしっかりキー入力が可能です。

motospeed_mechanical_keyboard_ck101_04.jpg

こちら側から見ると、赤軸感がよくわかります。

なおトップ部分に、MicroUSBコネクタが備わっていて、PCと接続して給電しながら使用する形となります。

motospeed_mechanical_keyboard_ck101_05.jpg

早速PCと接続してみました。

通電するなり、速攻でこの光りっぷり。

キーそれぞれにランダムなカラーが配されて光ってくれてます。

デフォルトで派手というのが小気味よいです。

motospeed_mechanical_keyboard_ck101_06.jpg

部屋を暗くするとこんな感じです。

めっちゃ光ってます。

まぁ、これぐらい光った方が主張としては良いのでしょう。

motospeed_mechanical_keyboard_ck101_07.jpg

光らせるモードは非常に多彩で、基本はFNキー+INSキーえ切替える形。

明るさはFNキー+カーソル上下で調整が出来ます。

FNキー+ "-"、"=" キーでLEDの点滅速度だったりのスピード調整が行えたりします。

さらに、FN+1~5の数字キー組み合わせでゲームモードとして、ゲームで使用するキーだけ光らせたりするモードになったりも。

非常に多彩で、色々と気分に応じて切替えが出来て楽しいです。

motospeed_mechanical_keyboard_ck101_08.jpg

MOTOSPEED Mechanical Keyboard CK101は、派手好きの方はもちろん、ちょっと気分に応じて光らせて、気分展開をしたい方、はたまたゲームキーだけ特化して光らせたいかた、そしてメカニカル好きだけどカチャカチャ感はなるべく低減して、なでるような入力がお好みの方まで、割と幅広い方にお使いいただけるんじゃないかと。

キーボードを光らせると、PCケースとかも光らせたくなってきたりするから不思議です。

テンキーレスで割とコンパクト。打ち心地も良好で、お値段も4,000円ちょっとと手を出しやすい感じになっているので、光る系の特徴に魅力を感じるのであればアリな感じの商品になっています。

MOTOSPEED Mechanical Keyboard CK101

MOTOSPEED Mechanical Keyboard CK101

コメントする