横に長いテレビ向きなサウンドバー「LP-09 Sound Bar」がウルトラワイドにもよく似合う

lp-09_02.jpg

LP-09 Sound Barです。

ちょっと黒くてわかりにくいんですが、横に長いサウンドバーになります。幅が約80cmということで、結構長めです。

テレビのスピーカーでは再現が難しい繊細な音をクリアに再生。また、ダイアログモードを使うと、ニュースやトーク番組のスピーチが聞き取りやすくなるとしています。

いわゆるRCA接続や、AUXケーブル接続のみならず、光デジタル接続にも対応。

加えて、Bluetooth対応でワイヤレス接続もOKということで、スマートフォンやタブレットなどに保存した音楽をお楽しみいただけます。

lp-09_01.jpg

テレビと並べてみたんですが、よくわからない状態になりました。

lp-09_03.jpg

サイド部にボタンが凝縮されています。大きめで押しやすいです。

lp-09_04.jpg

背面には、フック的な感じで引っかける部位も備わってました。

lp-09_05.jpg

反対側も同じような感じ。

lp-09_06.jpg

ボタンがあった側の裏側に各種インターフェースが備わってます。

左の上から、電源、MicroSDメモリーカードスロット、3.5mmステレオイヤホンジャック、そしてオーディオ入力、光入力、USB入力といったところ。

lp-09_07.jpg

付属品群。

lp-09_08.jpg

光ケーブル。

lp-09_09.jpg

リモコンも付属してきます。

離れた位置から入力音源切替えするときなど、かなり面倒なのでリモコンがあると結構便利。

lp-09_10.jpg

スピーカーは10W ×4ということで、総合出力40W。

lp-09_11.jpg

左右に2つずつスピーカーが備わっています。

lp-09_12.jpg

見えにくいですが、真ん中あたりにはサブウーファー的なものがある模様。

低音もある程度カバーしているということでしょう。

ということで、ある程度外観を見終わったので設置していきます。

LP-09を設置

lp-09_13.jpg

設置前のデスクはこんな感じ。

lp-09_14.jpg

液晶ディスプレイ下にJBLのUSBスピーカーを設置して使っています。

lp-09_15.jpg

LP-09を設置・・というか、置いてみました。

液晶ディスプレイの横幅をそのまま埋めるぐらいの勢いの長さです。

lp-09_16.jpg

高さはさほど無いので、綺麗にディスプレイ下へ収まりそうな感じ。

lp-09_17.jpg

JBLスピーカーをちょいと横にずらしたら非常に綺麗に収まってくれました。

肝心の音質は、エージングが足りてないのか高音の伸びはそれほど無いものの、4スピーカー備えていることもあって音の広がりはナカナカ。

サブウーファーを左右に配置した独自の「デュアルドライブ方式サブウーファー」を採用するほか、不要な低音振動を打ち消し合う「振動キラー」効果で、クリアな重低音を実現するとしている点については、"ほどよい"低音というところでしょうか。

いわゆるウーファー感は少なめですが、バランス良く低音も鳴らしてくれている印象。

スマホとのペアリングも容易に行えましたし、iPhoneやiPad使用時は動作視聴などが迫力ある音と共に楽しめるので捗ります。

幅広なため、設置場所については結構制約が生まれそうですが、40インチ程度のテレビのお供として使ったり、ウルトラワイド液晶ディスプレイのお供として使ったりするのが良さそうな感じになっています。

LP-09 Sound Bar Subwoof BT Speaker Home TV Echo Wall Soundbar Wall-mounted Remote Control U-disk Plugging Speaker

LP-09 Sound Bar

コメントする