軽くて低音強化が可能なLightningコネクタ ヘッドホンジャック変換アダプタ「dodocool DA123」がスタイリッシュ

dodocool_da123_01.jpg

dodocool DA123です。

iPhone7以降はイヤホンジャックがなくなっちゃったので、有線ヘッドホンを使用する際には変換アダプタを使用しなければいけなくなりました。

Bluetoothヘッドホンが大いに普及して、有線ヘッドホンがなくても大丈夫な状況にはなってますが、それでもやっぱり有線ヘッドホンを使いたいというシーンは少なくありません。

そんな時に使えるこのdodocool DA123。

Lightningコネクタに差し込めばそれでOK~というお手軽さ。

軽量なので、持ち運びもさっくり行えて、使っているシーンもスタイリッシュに映ります。

dodocool_da123_02.jpg

ゴールドカラーモデル。

TPEシェルとアルミ合金ワイヤー採用で、柔軟および耐久性に優れています。

以前に「MFI認証取得Lightningイヤホン「dodocool DA55」ハイレゾ対応モデルが低音強調でゲーム向き」でレビューしてますが、割と使い勝手が良かったので、同様にLightningコネクタのオーディオモデルは期待出来る!ということで選択した次第。

dodocool_da123_03.jpg

表面上に各種ボタンを装備。

ボタン自体は押しやすいです。

ケーブル長が短めなので、基本はiPhoneでの利用がお勧め。とはいえ、もちろんLightningコネクタがあればOKなのでiPadでも使用可能。

dodocool_da123_04.jpg

背面に備えているBASS BOOSTボタンはワンクリックは低音ブーストモードになってくれます。

結構な低音強調っぷりです。POPやClassicには向きませんが、動画再生時やゲームプレイ時などで効果を発揮してくれます。

dodocool_da123_06.png

iOS8.3及びその以降のシステムに対応しているわけですが、初回接続時はこのようなポップアップが出てきます。

アプリは入れなくても使うことが出来ますし、説明書でも記載されていますが「無視」をタップすればOK(以降は出ない)です。

dodocool_da123_05.jpg

コネクタ部。

抜き差しは容易です。

L字コネクタなイヤホンよりもストレートタイプのものの方が適しています。

dodocool_da123_07.jpg

Lightningコネクタへ接続。

写真撮影の都合上、iPhone6sに接続してますが、当然使用可能です。

dodocool DA123経由での音質は直つなぎのそれと変わらず。そういう意味では純粋なヘッドホン性能をそのまま体験することが出来ます。

加えてBoostが可能だという機能があるので、シーンによってイコライザ調節すること無くポチッと低音強化できるので、気分転換にも適していたり。

Lightningコネクタ経由で使用することもあり、バッテリー消費への影響が気になるところでですが、数時間使った感じではあまり影響は感じませんでした。

お値段はそれなりにしますが、デザイン性も優れてますし、操作性や機能面も十分満足いく品質になっているので、今後のイヤホンジャック廃止モデルが継続していきそうなことを踏まえても、1つ持っておいてもいいんじゃないかなと。

Bluetoothヘッドホンもいいですが、iPhoneではapt-Xに非対応ということもあり、伝送遅延が発生する状況なので、やはり有線のほうが!という方向け。

dodocool MFi认证 Lightningコネクタ ヘッドホンジャック変換アダプタ 3.5mm端子イヤホンアダプタ  iPhone 7/iPhone 7 Plusためのデザイン Apple Lightning デバイスをサポート ゴールド

dodocool DA123 Lightningコネクタ ヘッドホンジャック変換アダプタ
楽天市場の最安値[送料無料で比較] / Yahoo!ショッピング最安値[送料無料で比較]

コメントする