LEDバックライト装備な黒軸採用キーボード「AJAZZ AK50」が白くて光って打ち心地良し

  • 投稿日:
  • Category:

ajazz_ak50_01.jpg

AJAZZ LEDバックライト装備な黒軸採用キーボード AK50です。

前面ホワイトカラーで非常にスッキリとした外観で、汚れた心を綺麗にしてくれそうなぐらいな白さが第一印象として強く視覚に訴えてくる感じの商品になります。

いわゆるメカニカルゲーム用キーボードとなるわけですが、3,000円ちょっとというお値段の安さと、多彩なLEDバックライトによる演出が特徴的なモデルです。

ajazz_ak50_02.jpg

テンキー周り。

A-JAZZのブランドロゴがこの位置に。

キートップの文字については、LEDによる光を通すためにクリア加工が施されているので、削れるという心配は無さそう。

どちらかというと、削れたらLED透過する領域が広がっちゃう感じかもしれません。

ajazz_ak50_03.jpg

キートップは滑らかに凹っていて指にマッチします。

安価ですがこのあたりはしっかりとした処理が施されている印象です。

ajazz_ak50_04.jpg

ホワイトで統一されたキーボードということで、見ていて気持ちが良いです。

キートップの文字こそゲーミングフォントが用いられていますが、嫌な感じもなく、いわゆる「メカニカルらしさ」を演出する感じになってます。

ゴツすぎず、カッチリしすぎず、適度に尖ったデザインとでもいいますか、端から見ても「いい感じ」に映ります。

ajazz_ak50_05.jpg

軸は黒軸を採用。

青軸などと違い、「カチャカチャ感」は控えめ。

メカニカルだとカチャカチャ感を求めがちですが、個人的にはあんまりカチャカチャするのはガーッと文字を打っていて耳障りに感じるケースが結構出てくるので、入力性能と「打鍵感」を適度に得ることが出来る黒軸が好みです。

ajazz_ak50_06.jpg

LEDバックライトについては、デフォルトでバッチリ光ってくれます。

明るさの調整も行えて、使用環境に応じた明るさでお使いいただけます。

モードも多数あり、FNキー+INS/Home/PageUp/PageDown/END/DELキーなどと組み合わせることで光らせ方を色々と変えて楽しむことが可能です。

個人的には、キーを打鍵したときに押したキーから周りに波を打つように光が広がっていくモードが好きです。

ajazz_ak50_07.jpg

光り方という意味では、前面ホワイトなんですが、枠を明るめのグリーンに光らせることが可能なのもポイント。

前面白色で優等生感を演出しておきながら、バリバリ光らせて枠もホワッとした感じのグリーンでちょっとした癒やし感を演出してくれたりするのは面白いです。

ホワイトカラーモデルのLEDバックライトはあんまり良い印象をこれまで持ってなかったんですが、いわゆる使わず嫌いだったのかもしれないなと。

黒軸採用でキーボードとしての基本性能が十分にあり、かつ多彩に光るLEDバックライトを備えて、3,000円ちょっとだということで、割と人気が出るんじゃないかなと思ったりも。

ホワイト、ホワイト言ってきましたが、ブラックカラーモデルもしっかり備えていますので、ブラックが良い!というニーズにもしっかりと答えてくれるのは嬉しいところ。

Lightintheboxでは、多彩なキーボードを多種販売しているので、まずはウィンドウショッピングがてら要チェックといった感じでしょう。

光らせたいだけなら、より安価な商品がありますし、テンキーレスや軸色違い、はたまた片手用キーボードなどなど、色々あります。

AJAZZ AK50
AJAZZ LEDバックライト装備な黒軸採用キーボード AK50

コメントする