IPX7防水でドンとこい!な「Poweradd Musicfly BS-2082GY」がデカゴツくてパワフルサウンド

poweradd_bs-2082_01.jpg

Poweradd Musicfly BS-2082GYです。

13W×2+5W×2と、合計4つのツィーターとウーファーを内蔵したBluetoothスピーカーになります。

モダンなデザインで、IPX7防水規格の素材を採用し複数の保護構造で作ったため、極端な環境でも持ち運びが可能だとしています。

箱も割とゴツかったんですが、本体はさらにゴツい!ということで、ガッツリボディでパワフルサウンドを楽しむのに良さそう!ということで、ちょいと試してみました。

時折イベント的なものでゴツめなサウンドが欲しいなぁというときがあるのに良いかも!と思って使ってみたら、予想通り良かったのでご紹介。

poweradd_bs-2082_02.jpg

箱を開けると、Poweradd Bluetoothスピーカーがお目見え。

剛性の高さや、IPX7防水らしさが垣間見える外見デザイン。

見た目からしてゴツいです。

poweradd_bs-2082_03.jpg

我が家にある、ゴツめなBluetoothスピーカー Anypro HFD-895と比較してもデカさが際立ちます。

大きさで2周り、厚さで1周り大きいかなという印象。

搭載しているスピーカーの数や出力(Anypro HFD-895は2個、5W×2)も違うので一概に比較はしにくいんですが、パワフルさはしっかりと感じられます。

poweradd_bs-2082_04.jpg

上部にはボタン類が並びます。

5ボタン横並び。

poweradd_bs-2082_05.jpg

アウトドア利用を想定していることもあり、太めなストラップも備わっています。

そこらにフックがあれば引っかけて使える感じです。

poweradd_bs-2082_06.jpg

サイド部は各種インターフェースが備わっています。

AUX LINE INと、本体充電用のMicroUSBコネクタ、給電用のUSBコネクタと一通り備わっています。

4,000mAhの高品質のリチウムイオン電池を採用しているため、いざという時のモバイルバッテリーとしても使用することが可能です。

poweradd_bs-2082_07.jpg

通電後、ペアリングは電源ボタン長押しでOK。

スマホ等とペアリングした後に、何故か勝手に音楽再生がなされましたが仕様でしょうか。

さておき、音質は流石に13W×2+5W×2と、合計4つのツィーターとウーファーを内蔵しているだけのことはあります。

DSP技術により、サブウーファのような低音を鳴らしてくれるあたりも、なかなかに効果的。

音量を10段階中の6程度にすると、低音がグッと強化される印象です。

ただ、1~3程度でも十分な音量なので、環境に応じてパワフルさを享受したいところ。

防水性能までテストはちょっと追いつきませんでしたが、サイド部の各種インターフェース部のゴムパッキンはかなりの締まり具合で、安心して水の中にポーンと放り込める感じに鳴ってます。

連続再生24時間程度OKという点もスタミナバッチリ感があって良いですね。

本体重量が約1.045kgあるので、ポータブルというよりは据え置き利用か、車など可搬性のある状況での持ち運びがお勧めといったところです。

割引クーポン!

今ならさらに、注文時に使用することが可能な割引クーポンコード「4342QCEA」を適用することで15%OFFとなり非常にお買い得。

100個限定のクーポンとなります。

Poweradd ワイヤレス Bluetoothスピーカー 合計36Wのホーン‐スピーカーとサブウーファを内蔵 強化された重低音 IPX7防水防塵規格 24時間連続再生 アウトドアに最適 (グレー)【2年間保証】

Poweradd Musicfly BS-2082GY

コメントする