iPod風ターンテーブル操作インターフェース採用「dodocool DA106」がMP3プレーヤー兼ICレコーダーとしてサッとつかえ

dodocool_da106_01.jpg

dodocool ICレコーダー DA106です。

MP3プレーヤーとして機能するのは当然として、ボイスレコーダーとしても機能するのと、FMラジオ受信機能も備えています。

DSD64、DSD128、DSD256(.dff&.dsf)、FLAC(192kHz / 24bit)、ALAC(192kHz / 24bit)、APE(96 kHz / 24bit)、WAV(192kHz / 24bit)、MP2、MP3、WMAといったファイルの再生が可能ということで、ハイレゾ対応を謳っています。

アルミニウム合金によって本体は作られているので、適度な質感と軽量性を一体化させている印象。

iPod風ターンテーブル操作インターフェース採用していることもあって、懐かしさと新しさが融合するような形になっています。

dodocool_da106_02.jpg

本体背面。

真ん中の凹みのついたラインがなかなかにスタイリッシュ。

手に持った際にひっかかりとして機能してくれます。

dodocool_da106_03.jpg

本体上部。

ヘッドホンジャックと、ライン出力、電源ボタンを備えています。

一目見ただけで機能が理解出来る、シンプルながら非常に洗練された作り。

dodocool_da106_04.jpg

底面には、充電用のMicroUSBコネクタ、マイク穴およびリセット穴、そしてメモリーカードスロットが備わっています。

メモリーカードは最大で256GBまで対応。

各部にアクセスしやすいのもポイントといえそうな感じ。

dodocool_da106_05.jpg

画面はQVGA解像度(320×240)となっていますが、明るさ控えめながら視認性も良く、くっきりはっきりとした操作画面となっています。

デフォルト言語は英語です。

dodocool_da106_06.jpg

言語設定は変更可能。

日本語を選択すれば、一部おかしな日本語が混じってしまうあたりはご愛敬ですが、普通に理解出来るレベルの日本語メニューとなってくれます。

なお、各ボタンの説明を記載した説明書は日本語にも対応してたりします。

dodocool_da106_07.jpg

薄型軽量かつ、内蔵バッテリーは1,400mAhということで、音楽の連続再生であれば30時間程度可能。

ARMデュアルコアCortex-M3をプロセッサとして搭載していることなどもあって、高音質192kHz/24PCMでの録音が可能。

加えて、音楽再生についてもSNR:105dBだったり、歪みも±0.05%、32mWということでなかなか。

内蔵フラッシュメモリは8GBなので、ちょっと心許ないわけですが、1,500円程度出せばmicroSDHC 32GB 東芝 Toshiba 超高速UHS-I フルHD動画撮影 [バルク品]が購入できちゃったりする状況なので、ストレージはメモリーカードで補う(というかメインにしちゃう)方が良さそうです。

メニューも豊富で設定も色々といじれるので、弄びつつ好みの設定にしてあげるのが良いでしょう。

手元にハイレゾ対応のイヤホン・ヘッドホンがなかったので、ちょっと音質の高さそのもののチェックは出来ませんでしたが、少なくとも普段使いしているイヤホンにおいて顕著におかしなところはなく、十分な音質は提供してくれています。

在庫がない状況が続いてしまっているようなので、入手性がちょっと悪いあたりが懸念されますが、商品自体のコストパフォーマンスは高いです。

dodocool ICレコーダー 8GBボイスレコーダー 録音機 スピーカー 高音質 Hi-Fi音楽プレーヤーボイスレコーダーとFMラジオ付き(グレー)

dodocool ICレコーダー DA106
楽天市場の最安値[送料無料で比較] / Yahoo!ショッピング最安値[送料無料で比較]

コメントする