ドキドキ出来るコンパクトさで全天球撮影できる「Insta360 ONE 4K 360° VR Video Action Sports Camera」がモードが多彩で撮影が楽しすぎる

insta_360_one_01.jpg

Insta360 ONE 4K 360° VR Video Action Sports Cameraです。

4K!360度!VR対応!アクションスポーツ対応!というトレンドとなるキーワードをふんだんに盛り込み、それでいて超コンパクトサイズにまとめてきた!ということで、Insta360のぶっ込み具合満載な意欲溢れる商品になります。

insta_360_one_13.jpg

セール記事である「【さらに約2,600円OFF!】Insta360 ONE 4K 360° VR Video Action Sports Camera - 全天球撮影対応カメラ」でも紹介していますが、2,400万画素(6,912×3,456)の360度写真と4K対応(3,840×1,920@30fps、2,560×1,280@60fps)の360度動画を撮影可能というだけで、実用性の高さが窺える代物になっていますし、単体での使用、Bluetooth経由でのリモート操作、スマートフォンの充電端子に直接接続しての操作と、3種類の操作モードを備え、多様なシーンでの利用に合わせた使い方が可能となるなど、ユーザビリティが向上しています。

6軸手振れ補正や、 スローモーション、120fps撮影、バレットタイム対応、撮影後に360度動画の中で選んだ対象をトラッキング可能などなど、多機能です。自撮り棒隠し機能(かなり強力)なんかも備えています。

insta_360_one_02.jpg

商品サイズは幅96×奥行き36.5×高さ25とコンパクト。重量は82gしかありません。

insta_360_one_24.jpg

付属品はご覧の通り。1番の紐みたいなヤツはカメラに取り付けてぶん回して撮影する「バレットモード」で使う振り回しコードです。

取り扱いは注意がいるので、子供とかにはやらせないようにしないといけないかも。

そのほかは、至って普通な付属品。5番は後述しますが、収納ケースのようなもの兼スタンドになるブツです。

なお説明書はしっかり日本語対応。

insta_360_one_03.jpg

表と裏でレンズの位置が少し違います。

2つのレンズで撮影した映像を合成する形で360度撮影を実現しているので、きっとこの配置は必然なのでしょう。

位置が違うことでどういう効果があるのかはわかりませんが、表裏の認識はしやすいんじゃないかと。

insta_360_one_14.jpg

このサイズで全天球な4K撮影を実現しているということもあって、いろんな技術的要素がたっぷりと盛り込まれている感じになってます。

内部構造とか何がどうなのかはわかりませんが、興味深いです。

insta_360_one_04.jpg

各種規格対応アイコンおよび、コネクタ周り。技適にもバッチリ対応しています。

充電はMicroUSBとなります。

insta_360_one_05.jpg

収納されているLightningコネクタは小さなスライダーをスライドすることで起き上がり出てきます。

良い具合のサイズ感で、普段は収納、使うときだけポップアップという感じで扱いやすいです。

insta_360_one_06.jpg

底面にはメモリーカードスロットと、三脚用の穴。

insta_360_one_22.jpg

三脚用の穴はスタンダードな1/4ねじ穴になっているので、色々なデバイスを取り付けて試用することができちゃいます。

結構良い感じに汎用的。

insta_360_one_07.jpg

スマホ(iPhone6s)に取り付けるとこんな感じに。

Lightningコネクタに装着する形になるため、アプリ操作時は逆さまにiPhoneを使います。

それほど重量がないので、逆さまな違和感こそあれ、扱いにくさはありません。

insta_360_one_08.jpg

ケースを付けていてもある程度対応出来るようになっていて、コネクタ部周りにケースを想定した凸処理がなされているため、概ねケースを付けたまま使えるのではないかと。

Insta360 ONEでの撮影

insta_360_one_09.png

ちょっと色々と使ってみまして、撮影した写真や動画を載せようかなと思ってたんですが、撮り慣れていないのか、絵的な問題なのか、投稿されている写真と比較するとしょんぼりする出来になっちゃったので、ユーザがアップロードされているお写真をちょっと取り上げてご紹介してみることにしました。

一人で撮影してたりしたのが影響したのか、ちっとも面白くなく(苦笑い)。

良い感じの写真は、パノラマ的な撮影をしたり、広く自撮り含めた映像を撮っていたり、撮り方、楽しみ方は色々。

アウトドアなど外出先での撮影が映える印象で、特に、多くの人が一緒に映れるのがいいですね。

insta_360_one_10.png

撮影モードも色々あって、画像の左は私の作業デスクだったりします。

モノクロモードかつ、縁取り強調してくれるモードが備わっていて、見え方的に面白いので載せてみました。

机の上の汚さがちょっと目に付きますが、結構面白いです。

 

写真右側は、360度撮影時における、自撮り棒隠し機能のご紹介だったり。

カメラ本体を「ほぼ消してくれる」上に、任意のロゴを加えたりすることも出来ちゃいます。自分のアイコンだったりをオーバーレイするもよし、自撮り棒を消してありのままのように見せるもヨシというところ。一般的な自撮り棒であれば、ほぼ全体を消してくれます。

insta_360_one_11.jpg

付属スタンドを装着してこの状態で撮影すると、本体が存在しないような写真がバッチリ撮れます。

本体の周り2~3cm程度であれば、合成時に見えなく処理してくれちゃいます。

手で持って撮影した写真を見ると、本体は見えず持っている手が映る形だったりするのは結構驚きです。

insta_360_one_15.jpg

そのほか、Facebook Liveなどで配信も全天球360度映像で行えたりします。

insta_360_one_16.jpg

360度なので、死角は無し。

さらに、リアルタイムでシームレスにスティッチング(継ぎ目無く接合)してくれます。素敵。

insta_360_one_17.jpg

さらに、Action Sports Cameraを謳っていることもあって、ジャイロスコープ機能もバッチリ。

振動の激しいシーンであっても、まるで正面をずっと見ながら平地を走行しているかのような撮影が行えちゃいます。

insta_360_one_18.jpg

さらにもうひとつユニークなのが、カメラ撮影時において、特定の領域をセットすると、その対象物をずっと追い続けるフォーカスを実現してくれちゃうという機能もあり、まるでカメラマンが被写体を追い続けるかのごとく自動で向きを調整しながら撮影してくれるのは凄いです。

対象物の認識率は結構高く、よっぽど小さくセットしない限り、人物だったり、もの(車、飛行機、ドローンなど)だったりをキッチリ追ってくれます。

insta_360_one_21.jpg

そして、バレットタイム。

カメラをグルグルと回しながら撮影することで、映画マトリックスさながらの映像を撮ることが出来ちゃいます。

自分を中心に世界が回る、まるで世界が超スローモーションになってしまったような絵になり、上手く撮影出来ればかなり面白いです。

insta_360_one_12.jpg

そんな多彩な機能がこのサイズにぎっしりと詰まってます。

insta_360_one_20.jpg

スマホアプリ上で、ある程度の編集が出来ますし、撮影した映像はそのままSNS各種に投稿可能。

insta_360_one_23.jpg

FacebookやYouTubeにアップロードしてみた映像を見てみましたが、360度動画に対応しているので、そのまま視聴することが(ある程度圧縮されちゃいましたが)出来て、コンテンツを活かす場も徐々に増えてきている感じです。

insta_360_one_19.jpg

iPhoneに取り付けての利用だったり、Bluetooth経由での操作だったり、本体に備わっているボタンを利用することで、単体での撮影も行えるので、3つのモードを上手いこと使い分けしながらシーンに応じた撮影ができます。

本体のみでの撮影が意外と便利で、スマホを取り出さずにボタンをポチッとしたり、ポチポチッとしたり、はたまたポチポチポチっとすることで、設定したモードでの撮影ができるスマホいらず。

とにかくいろんな場所に行って、いろんな撮影をして、色々弄って、最終的にはSNSだったり楽しい記録として振り返りたい!という自己欲求を埋めてくれる良いデバイスに出会えました。

撮影や編集、そしてShareしていくのには慣れも少しいりますが、基本直感的に使えますので、全天球360度撮影デバイスに手を付けたい!という方にオススメできます。

今ならさらに注文時に使用することが可能な割引クーポンコード「KMRJP8」を適用することで、30,534円送料無料と安くなってますので、なおさらオススメです。

Insta360 ONE 4K 360° VR Video Action Sports Camera

Insta360 ONE 4K 360° VR Video Action Sports Camera

コメントする