出不精解消に一役買ってくれる「INSTA360 Nano」の360° 全天球パノラマ式カメラが楽しい

insta360_nano_01.jpg

INSTA360 Nano 360°全天球パノラマ式カメラです。

ちょっとアウトドアなお出かけをするシーンが増えつつあるので、お外に出るなら全天球な写真を思い出として撮っておきたい!という感じにもなったりするわけですね。

そんなわけで、iPhoneに繋げばアプリが連動して起動、そしてそのまま全天球写真をパシャっと取れちゃうINSTA360 Nanoに興味が向いたという流れです。

insta360_nano_02.jpg

このINSTA360 Nanoは、iPhone 6 /iphone 6 plus /iphone 6s / iphone 6s plus/iPhone 7 /iphone 7 plusスマートフォン用アプリの使用でライブビュー撮影が可能になるるデバイスです。

iPhone専用のデバイスで、割とお値段が張るデバイスであるからには、しっかり確認しておきたいのがMade for iPhoneであるかどうか。

INSTA360 Nanoはしっかり、AppleのMfi対応デバイスなので、安心して使用することが可能となってます。

insta360_nano_03.jpg

パッケージをひっくり返してみたら、VR視聴が可能な簡易ビューワとして機能するようにパッケージングに工夫が施されていたり。

撮影した360度動画の表示モードをVRモードに変更することができるので、VR視聴デバイスを持っていない場合のお試し用途として機能してくれるんじゃないかと。

insta360_nano_04.jpg

INSTA360 Nano本体です。

insta360_nano_05.jpg

結構スリムな印象で、ゴテゴテしていないのでちょっとスタイリッシュさも感じられたり。

insta360_nano_06.jpg

Lightningコネクタ部は完全に固定。

iPhoneに保護用のケースを付けていたりすると、装着が出来ないので基本的には「素(裸)なiPhone向け」という形になります。

ある程度柔軟性があったりして、多少のケースも物ともしないような感じになってくれるとより使い勝手は向上するんじゃないかな~と思うわけです。

iPhoneに接続しなくても使用すること自体は可能(ただし画面プレビューはできない)なので、サッと取り出して使用する分にはiPhoneレスで使うことも出来ます。

insta360_nano_07.jpg

底面には、MicroSDカードスロットと、本体充電用のMicroUSBコネクタが備わってます。

動画撮影時のマイク穴も。

insta360_nano_08.jpg

保護ケース付きのiPhone6sには装着不可。

insta360_nano_09.jpg

惜しい・・気がしますが、2mmほどの厚みが邪魔してダメでした。

insta360_nano_10.jpg

おとなしくケースを外して、素のiPhone6sに装着。

insta360_nano_11.jpg

ケースを外しているのも軽量化に寄与してたりしますが、重さは70g程度なので、装着した際の重さはそれほど気にはなりませんでした。

撮影に関しては、割と直感的な操作が可能なのと、アプリがチュートリアル付きなので英語メインのアプリにはなっていますが、普通に使えます。

撮影自体、画質はお世辞にも高画質!とまではいきませんが、その場の雰囲気を十二分に感じることが可能な3K(3,040×1,520)と高解像度で撮影することが出来ます。

静止画だけでなく、動画もバッチリ撮影出来ちゃいますし、バッテリーを800mAh内蔵していることもあって、連続動画撮影時間は約1時間とこれまた十分。

モバイルバッテリー等をMicroUSBコネクタに繋げば、そのまま連続撮影時間を延ばすこともできちゃいます。

撮影した画像は、接続しているiPhone本体(基本はアプリ内)への保存が可能です。加えて、メモリーカードが商品に付属してくる(Andoer製32GB MicroSDHCメモリーカード)ので、余計なストレージ消費と出費が抑えられたりも。なお、INSTA360 Nanoとしては、64GBまでのSDXCメモリーカードに対応しています。

どんな感じなのかは、プロモーション映像があるのでそちらを見ていただいた方がおわかりいただけるんじゃないかと。

YouTubeや、Facebook、Lineなどの各種プラットフォームが360° 全天球パノラマ映像(静止画、動画)に対応しているので、任意のシーンで撮影したものをそのままソーシャルに投稿することも出来ます(というよりそれがメインの使用想定であるように見受けられる)。

iPhone自体のカメラロールにも保存できますが、その場合は360° 全天球パノラマ映像ではなく、単なるパノラマ写真だったりになるので、そういう意味ではiPhone単体での360° 全天球パノラマ映像取り扱いはもう少しiOS側の対応がひつような状況ではあります。

そんなわけで、メモリーカードにガシガシ撮影、記録して後々確認だったりアップロードのためにiPhoneへ接続するという感じの使い方が良いのかもしれません。

アプリケーションは頻繁にアップロードされ、機能追加されてますし、各種Webサービスもメジャーどころは360° 全天球パノラマに対応しているので、一気に普及が進んじゃうかもしれません。

個人的な使用用途としては、自分の顔は映らなくて良いので、タイマー機能などを駆使しつつ良い感じの360° 全天球パノラマ映像が撮影出来るようにしたいなーということで、なんらかのマウンタをかまして使いたいなぁという感じだったり。

Insta360 パノラマ カメラ マウント ベース ホルダー ブラケット アルミ合金制 1/4 三脚 ソケット付き Insta360 Nano 専用

そういう意味では、Insta360 三脚ネジ付きパノラマカメラ マウントベースホルダーが別売りで用意されていたりもするので、iPhone直つなぎ以外で使用したい!という場合には、この手のオプション品を導入するのが良さそうです。

都度ケースを外して使用するのが億劫だなぁ~という場合にもこれにはめ込んで使用するのがいいのかなと。

雲台に取り付けられるような形になるので、使い勝手はグッと広がる気がします。

ちょいちょ撮影してみて思ったのは、普段は視野の範囲でしか視認することが出来ないような場所だったり、だだっ広い場所だったりに無性に出かけていきたくなる感じです。

家から出るのがちょっと面倒だったりする人は、出かけるためのモチベーションとして360° 全天球パノラマ式カメラを手にしてみてはいかがでしょうか。

INSTA360 Nano 360°全天球パノラマ式カメラ 超HD3K 3040x1520高解像度 デジタルカメラ 二つの超広角魚眼レンズ 210°+ 210° VR体験 iPhone 6 /iphone 6 plus /iphone 6s / iphone 6s plusに対応

INSTA360 Nano 360°全天球パノラマ式カメラ
楽天市場の最安値[送料無料で比較] / Yahoo!ショッピング最安値[送料無料で比較]

コメントする