折りたためて軽い「docooler Bluetoothヘッドホン JH-812」がMP3プレーヤーとして使えたりしてユニーク

docooler_bluetooth_headphone_01.jpg

docooler Bluetoothヘッドホン JH-812です。

ローズゴールデンカラーでオーダーしたんですが、グリーンカラーのボックスで届きました。

多色展開しているというのもありますが、パッケージはグリーンで統一されているのかもしれません。

Bluetooth &TFカードMP3プレーヤー&FMラジオ。内蔵CVC6.0のノイズキャンセリング技術と高感度マイク、ハンズフリー通話機能、約120時間の待機状態、約8時間の通信状態。最新のワイヤレスBluetooth 4.1テクノロジーA2DP / AVRCPをサポートしたモデルということで、まぁ2,000円ちょいの安価な商品でありながら多機能っぷりをアピールしているわけです。

実際問題どの程度、実用性があるの?ということで、試してみた次第。

以外といけてるdocooler Bluetoothヘッドホン

docooler_bluetooth_headphone_02.jpg

実はパッケージが凹みアリ、ヨレあり、で開封前からちょっと残念感漂っていたわけですが、中身を開けたらきちんと新品(当然ですが)ですし、ローズゴールデンカラーはイメージ通りのカラーリングでした。

docooler_bluetooth_headphone_03.jpg

折り畳み機構は、この手の商品としては一般的なもの。

めちゃくちゃコンパクトになる!というわけではないですが、実用性という意味では十分なサイズに収まってくれているのではないかと。

割と傷つきやすいような塗装に見えるため、ポーチとかが付属してきたらより良かったかなと。

docooler_bluetooth_headphone_04.jpg

持った感じは非常に軽く、重さでのストレスは無さそう。

実測で167gでした。

ヘッドレスト部の長さ調整は左右ともに3cm程度までとなっていて、自分の頭では最大に伸ばしたところでちょうど良いという具合でした。ある意味ギリギリ。

頭がでかいと自認されている方は合わなかったりするかも。

docooler_bluetooth_headphone_05.jpg

各種操作ボタン周りは片側に集中。

写真のボタンは、左側から通話開始/終了ボタン、音量調節、マルチボタンとなっています。

docooler_bluetooth_headphone_06.jpg

ここには、3.5mmイヤホンジャック(有線使用時用)、充電用のMicroUSBコネクタ、そしてメモリーカードスロットという構成です。

上部には電源ON/OFFスイッチも備わっています。

塗装はしっかりしているものの、造りは若干チープに感じられます。さほど注目を浴びる部位では無いにせよ気になる方もいるかもしれません。

なお、メモリーカード経由での音楽再生については試せてませんが、フォルダわけとか細かいことには対応できないんじゃないかなという気がするので、お気に入り音楽をドーンと保存して持ち歩くような感じで使うのかなと。

docooler_bluetooth_headphone_07.jpg

音質自体は一般的なもので、音質重視で買うようなお値段のヘッドホンではないこともあり、それなり。

有線使用時の方が音質は良い印象なのはapt-Xなどに対応していないからじゃないかなと推測。

Bluetooth4.1サポートということで、バッテリーの持ちは約10時間と十分ですし、充電時間も2時間程度でOKとお手軽。

オーディオケーブルと充電用のMicroUSBケーブルも付属してきていますが、いわゆる100円ショップ品質のケーブル&普通のブラックカラーなので、見た目としてはホワイトか同一カラーのケーブルだったら良かったなと思ったりも。

ぱっと見の質感と塗装は良い感じなので、それらを含めてコストパフォーマンス重視の商品となっています。そのため、ライトな感じに使う用途で軽くてサッと取り出せてスッと音楽を楽しめるデバイスをお手軽価格で手に入れたい!という方向けの商品という位置づけで使うのがいいのでしょう。

docooler Bluetoothヘッドホン イヤホン 通話 折りたたみ ワイヤレス ステレオ ヘッドホン MP3プレーヤー/TFカード/FMラジオ機能ヘッドセット&3.5mm有線イヤホン マイク付き

docooler Bluetoothヘッドホン JH-812
楽天市場の最安値[送料無料で比較] / Yahoo!ショッピング最安値[送料無料で比較]

コメントする