完全ワイヤレスイヤホン「DACOM K6H Pro」は充電ケース直結ケーブル内蔵が嬉しい片耳4gの軽量モデル

dacom_k6h_pro_01.jpg

完全ワイヤレスイヤホン DACOM K6H Proです。

最近、だいぶ普及してきた感のある完全ワイヤレスイヤホンですが、各社差別化が大変なんだろうなぁ~と、進化を追いつつ温かい目で見ている今日この頃です。

お手軽さも出てきた商品群の中で、最軽量クラスの商品も試しておかないといけないかな?ということで、片耳あたり4gのDACOM K6H Proを試してみることに。

dacom_k6h_pro_02.jpg

封入のされっぷりはこんな感じでした。

イヤホン部の小ささが際立ちます。

dacom_k6h_pro_03.jpg

ちょっとした豆粒サイズ。

dacom_k6h_pro_04.jpg

手のひらに乗せてもこんな感じなので、無くさないようにしないといけないレベル。

基本的にははずしたら収納ケースへINしておくのが良いでしょう。

dacom_k6h_pro_05.jpg

イヤー値婦はSML3種付属。

本体はL/Rがわかりやすいように充電接点部の上にマークが施されてます。

V5.0となっているのは、Bluetooth5.0対応を謳っていることを示してます。

dacom_k6h_pro_06.jpg

充電ケース。

バッテリーは容量1,100mAh内蔵。

スッキリとした見た目です。

dacom_k6h_pro_07.jpg

ケース背面になにやら封印されてるブツがありまして。

dacom_k6h_pro_08.jpg

USBコネクタが内蔵されていたりします。

ケーブルを別途用意することなく、充電出来るので荷物がひとつ減るのは嬉しいポイント。

dacom_k6h_pro_09.jpg

イヤホン自体の充電もいれるだけで非常に簡単です。

バッテリー容量(ケースの)残量はケース上のボタンを押すことで確認できたりもします。

肝心の音質は、価格帯なりで必要十分。使用しているチップは概ね各社共通でしょうし、特筆する機能があるというわけではないので、シンプルに聴きやすい、違和感のない音を鳴らしてくれました。

下手なチューニングがされてないのが良い意味で効果を発揮してる印象。

アジア人向けの耳輪郭データを元に設計されているということもあって、割と耳にはしっかりフィット。軽い運動であれば、落ちたりすることはないと思います。

装着時の見た目にチープさはないですし、ボタン部はキチッと処理されていて、手触りを通じて押しやすさなどを含めた操作性をちゃんと考慮されてるので、サッと操作できます。

イヤホンは完全ワイヤレスで、持ち運び時はケースだけでOKというのはやはり便利です。

DACOM Bluetooth イヤホン 高音質 Bluetooth5.0 完全ワイヤレス イヤホン 自動ペアリング ブルートゥース イヤホン 左右分離型 Siri対応 残量表示 隠し充電ケーブル搭載 iPhone/ipad/Android適用 ブラック

DACOM K6H Pro
楽天市場の最安値[送料無料で比較] / Yahoo!ショッピング最安値[送料無料で比較]

コメントする