【cTDP】AMDのAPU「A10-7800」をConfigurable TDPで45W化して消費電力計ってみた

ctdp_01.jpg

cTDP!cTDP!

というほどではないにせよ、TDPをコントロールして、消費電力抑えちゃうという仕組みである「Configurable TDP」ですが、なんでもこのcTDPはA10-7800に最適化されているという話じゃないですか。

面白いのは,AMDが「A10-7800を45WのcTDPに最適化した」と謳っていること。具体的にどのような最適化が行われているのかは明らかになっていないが,AMDの位置づけによれば,A10-7800は,45W cTDP設定時に,同じ設定を行ったA10-7850Kよりも高い性能を期待できるAPUということになるようだ。

参考(4gamer.net):A10-7800 with Radeon R7 Graphics

とくれば、試さないわけにはいきません。

お時間の都合上サックリではあるものの、cTDP設定45Wおよび65W時での消費電力の違いを測定してみました。

cTDP設定65W

ctdp_02.jpg

起動して10分ほど放置プレイした後のアイドル状態で測定。

消費電力:30~40Wといったところ

ctdp_03.jpg

YouTubeで負荷の高い4K映像を再生させながら測定

消費電力:80~90Wといったところ

cTDP設定45W

ctdp_04.jpg

起動して10分ほど放置プレイした後のアイドル状態で測定。

消費電力:20~35Wといったところ

ctdp_05.jpg

YouTubeで負荷の高い4K映像を再生させながら測定

消費電力:70~80Wといったところ

cTDP消費電力テスト使用動画

画質を2,160P(4K)に設定して再生。

CPUは4コアともに80%前後を行き来する状況でした。結構な負荷です。cTDP45W時は映像がかくつくシーンが多かったのも印象的。

cTDP結果を受けて

アイドル時で、65Wが30~40W、45Wで25~30W。

4K映像再生時で、65Wが80~90W、45Wで70~80W。

概ね思っていたとおりの結果だったので、必要に応じて使い分けるのがベターかなというところです。

設定はBIOS上から実施しなければならないのが面倒といえば面倒ですが、それほど頻繁に切り替えるようなものでもないので、低消費電力性を重視するなら45W化すればいいですし、一定のパフォーマンスが欲しいならば65Wとすればいいので、単純に用途が変わったときに切り替えれば良さそう。

ATXケースで使用していたのを、Mini-ITXへ鞍替えするから45W設定にする~というのもいいでしょうし、24時間365日稼働させるサーバとして用いるから、ピーク性能よりも消費電力落としたいな~というニーズにも応えてくれます。

現状、デフォルトのTDPが45WなAPUは、日本市場限定で販売された「A10-6700T」がありますが、CPUクロックをガッツリ落とされてました(A10-6700:3.7GHz → 2.5GHz)し、GPUクロックもダウン。さらに対応メモリもDDR3-1866止まりだったりで魅力半減な感じはありましたが、A10-7800は「TDPを下げる選択肢」が与えられているというところに価値がありそうな印象です。

上位品となるA10-7850KもcTDP対応していて、標準のTDP95Wから、65W、45Wが選択可能だったものの、cTDP設定時のベンチマークスコア落ち込みが結構顕著であまり有益な機能とは感じられなかったんですが、A10-7800は「最適化」されているということもあってか、そもそもの65W動作時のパフォーマンスがA10-7850KのcTDP 65W設定よりも高い上に、45W時であってもA10-7850Kほどはスコアが落ち込まないということで、実用性のあるTDP低減が行われているのが魅力。

個人的には、上記消費電力の差はさほど大きいとは感じないため、基本65Wで使用することになりますが、cTDPの実力が十分なものだと感じられたので、「【組立編その2】一悶着あったけど、APU「AMD A10-7800」でMini-ITX PC組み上げ完了!」で書いた、GIGABYTE GA-F2A88XN-WIFI初期不良品が交換対応だった際には、cTDPを存分に利用した常時か同様の低消費電力PCを組もうかなと。

今回、A10-7800を使用してましたが、どうせ低消費電力狙いでいくならば、cTDP 45W対応なAMD製APUの新モデルである「A8-7600」が非常におもしろいのではないかと考えてます。

CPUクロックがベース3.1GHz(ターボ時で最大3.8GHz)、搭載GPUがRadeon R7(6コア、クロック720MHz)、TDP 65W(cTDP 45W)、対応メモリがDDR3-2133ということで、A10-7800の下位グレードとなりますが、このA8-7600を使ってcTDPで45W化をすれば、アイドル時で20Wあたりを実現できそうな気がします。

コメントする