2018年10月14日

ビジネス利用に適した片耳ヘッドセット「Esonar tecker X1」が無駄なく軽くて音質良し

tecker_x1_01.jpg

Esonar tecker X1です。

ちょっとパッケージは汚れてましたが、まぁ外箱はそのうち捨てるのであまり気にしてません。

iPhoneとかの箱だと箱そのものにそれなりの価値が出たりするので、そういうのじゃなければ多少汚れてても(場合によっては軽く潰れてても)別にいいかなーというような感じです。

さておき、ちょっと仕事を中心に電話をする機会が多くてですね...電話回数そのものを減らせれば良いんですが、そういうわけにもいかず。

電話をしている時間、片手が埋まってしまうので、1分程度であればまだ良いんですが、内容によっては5分、10分ということもザラにあるのと、電話しながら資料確認などでPCを操作したり紙媒体をめくったり、メモをとったりなどなどするため、両手を空けて作業しながら電話できるようにヘッドセットを導入することにしました。

2018年10月 5日

IP45防水防塵対応な「SEOBIOG S-B99」は素材品質良いピンクゴールドカラーなネックバンドワイヤレスヘッドホン

seobiog_s-b99_01.jpg

SEOBIOG Bluetoothイヤホン S-B99です。

写真の形で届きました。

外箱というか、パッケージングとかガン無視で、本体が前面に出る直球タイプ。

宣材写真だけ見栄え場良くてもね・・ということで、実物そのものを押し出してくるのは自信の表れか何かでしょうか。

13時間連続再生が可能と、割とバッテリーの持ちが良い感じのIP45防水防塵対応ネックバンドワイヤレスヘッドホンで、サッと持ち出しすることができる軽量さもウリなモデルとなります。

2018年9月21日

トレンド押さえたBluetoothイヤホン「Ancreu H18」はIPX5防水・マグネット機構・8時間連続再生対応

ancreu_h18_01.jpg

Ancreu H18 ブラックカラーモデルです。

非常にシンプルな構成で、箱への収まり具合も上々なBluetoothイヤホンになります。

デザイン面で目立ったものがあるわけではないんですが、押さえるべき機能やトレンドはしっかりと押さえたモデルで、必要十分さを兼ね備えたことでコストパフォーマンスの面から見て魅力的に映る商品といえます。

IPX5防水・マグネット機構・8時間連続再生対応で、apt-Xにも当然対応といった感じです。

2018年9月17日

IPX7防水でドンとこい!な「Poweradd Musicfly BS-2082GY」がデカゴツくてパワフルサウンド

poweradd_bs-2082_01.jpg

Poweradd Musicfly BS-2082GYです。

13W×2+5W×2と、合計4つのツィーターとウーファーを内蔵したBluetoothスピーカーになります。

モダンなデザインで、IPX7防水規格の素材を採用し複数の保護構造で作ったため、極端な環境でも持ち運びが可能だとしています。

箱も割とゴツかったんですが、本体はさらにゴツい!ということで、ガッツリボディでパワフルサウンドを楽しむのに良さそう!ということで、ちょいと試してみました。

時折イベント的なものでゴツめなサウンドが欲しいなぁというときがあるのに良いかも!と思って使ってみたら、予想通り良かったのでご紹介。

2018年7月 8日

Bluetoothイヤホン「Dudios Zeus Plus」が改良版ということもありイマドキ仕様に

dudios_zeus_plus_01.jpg

Dudios Zeus Plus Bluetoothイヤホンです。

IPX6防水 高音質 apt-Xコーデック対応とスタンダードな構成のBluetoothイヤホンとなります。

定番チップ(CSR8645チップ)を採用&10mmHDドライバーユニットを採用し一定の音質を確保しているのと、ABS&金属の組み合わせで、価格以上の質感を得られる印象のデザインを採用。

加えて、IPX6防水であらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響なくお使いいただけます。

左右のイヤホンの背面はマグネット搭載するので、イヤホン同士を絡むことなく持ち運べるあたりが特徴点。

ザッと外観中心に見ていきます。

2018年6月11日

横に長いテレビ向きなサウンドバー「LP-09 Sound Bar」がウルトラワイドにもよく似合う

lp-09_02.jpg

LP-09 Sound Barです。

ちょっと黒くてわかりにくいんですが、横に長いサウンドバーになります。幅が約80cmということで、結構長めです。

テレビのスピーカーでは再現が難しい繊細な音をクリアに再生。また、ダイアログモードを使うと、ニュースやトーク番組のスピーチが聞き取りやすくなるとしています。

いわゆるRCA接続や、AUXケーブル接続のみならず、光デジタル接続にも対応。

加えて、Bluetooth対応でワイヤレス接続もOKということで、スマートフォンやタブレットなどに保存した音楽をお楽しみいただけます。

2018年4月15日

単品でもイケてるBluetoothスピーカー「MIFA A1」は2つあればTWS機能でステレオスピーカーに

mifa_a1_01.jpg

MIFA A1 TWS対応Bluetoothスピーカーです。

IP56防塵防水認証を取得していて、いかなる方向からの水の強い直接噴流によっても有害な影響を受けない設計であり、お風呂場周りでも使えると謳うモデルです。

TWS機能で、2台のスピーカーを同時に使用することで、臨場感のあふれる音質を実現することも可能だったり。

もちろん1台でもしっかり使えます。

レッドカラーモデルや、グリーンカラーモデル展開もされていますが、今回はブラックカラーモデルを用いて簡易レビュー。

MIFA A1を2台用いたTWS機能によるステレオスピーカー化による効果なども試してみました。

2017年12月 5日

apt-x Low Latency対応ワイヤレスヘッドホン「AUSDOM AH3」が軽量かつ抜群の装着感

ausdom_ah3_01.jpg

AUSDOM apt-x Low Latency対応ワイヤレスヘッドホン AH3です。

密閉型Bluetoothヘッドホンで、ヘッドフォンからの音と映像を同調させて、動画やゲーム使用時でも音声と映像のズレを最小限に抑え、快適なワイヤレス再生を実現してくれるapt-x Low Latency対応となるNFC搭載ワイヤレスヘッドホンです。

40mmのドライバユニットを搭載した密閉型ダイナミックヘッドホンで、Bluetooth接続によるノイズ、音切れ音飛びなどがなくワイヤレス再生を実現、お気に入りの曲が豊かでクリアな音質で楽しめます。また、長時間装着してもメガネを付けた状態で装着していても圧迫感は少なく、折りたたみ構造となっているためガッツリとしたサイズではありますが持ち運びも便利に行えます。

ausdom_ah3_02.jpg

バッテリーで約16~20時間再生出来ると謳っていることに加え、有線接続での利用も可能となっているため、利用シーンに応じて使用することが出来るのも便利。

スマホやタブレットでのスポーツ観戦時など、普通のBluetoothヘッドホンだと遅延が気になってイライラとしがちですが、Apt-x LL対応デバイスであればバッチリ遅延無しでお楽しみいただけます。

テレビ接続したりする際には、apt-X Low Latency対応トランスミッターと組み合わせて使用するのが良さそうなAH3をちょっと見ていきます。

2017年11月25日

AAC/apt-X対応ネックバンドBluetoothイヤホン「dodocool DA110」は丸みを帯び違和感軽減&操作ボタンが豊富

dodocool_da110_01.jpg

dodocool DA110です。

最近トレンドになっているのか、結構な種類の商品が登場してきているネックバンドタイプのBluetoothイヤホンとなります。

煩わしさを軽減しつつ、使い勝手を向上させ・・ということを各社謳っている状況ではあるんですが、コストパフォーマンス的に実現が難しい3,000円台の商品群の中で、AAC/apt-X対応ということもあることに加えて、ひとつ抜けて操作感であったり使い勝手が考慮されていたのでちょいと取り上げます。