2018年12月13日

左右色違いでIPX7防水&AAC対応な「ANCREU mifo O5」はバッテリーの持ち良い完全ワイヤレスイヤホン

ancreu_mifo_o5_01.jpg

完全ワイヤレスイヤホン ANCREU mifo O5です。

神々しい感じのパッケージになっていて、ちょっと高級感も感じられたりもします。

iPhoneに適したAAC対応に加え、CVC 6.0ノイズキャンセリング機能搭載により、通話の安定性も実現。バランス感を両立する高音質を楽しみいただける商品です。

良く出回っているタイプの安価な完全ワイヤレスイヤホンとはちょっとデザインを含め趣が異なる印象となっています。

質感もよく、バッテリーの持ち(後述)もよいですし、何よりケースがスタイリッシュということで、所有欲も満たされるナイスな完全ワイヤレスイヤホンとなっています。

外観中心にちょいとご紹介。

2018年12月10日

IPX5防水対応な「Tuddrom SP100」はマグネット機構採用でスタンダードなワイヤレスイヤホン

tuddrom_sp100_01.jpg

Tuddrom SP100です。

高品質なチップセットを採用、ステレオサウンドを再現。CVC6.0ノイズキャンセリング機能搭載、外からのノイズを削減し、またマイク内蔵付き、クリアな通話できます。IPX5防水設計:ランニング・ジムなどスポーツ時の汗やお風呂の湿気、ワークアウト中の汗と小雨での使用に耐える防水・防汗性能を備えたスタンダードモデル。

マグネット機構採用で持ち運びにも便利。

これだ!というポイントがあるわけではないんですが、基本的な機能だったりコストパフォーマンスだったりが優れているのと、デザインがシンプルで悪目立ちしないあたりがポイント。

2018年11月26日

低価格で必要十分な「LOFTER ゲーミングヘッドセット V4」のマイクの位置セットデザインが小気味よい

lofter_gaming_headset_01.jpg

LOFTER ゲーミングヘッドセット V4です。

大口径50mmドライバを搭載し、高音はもちろん重厚な低音でもクリアな音圧を出力することができるのと、5.1chサラウンドで前後左右から音が聞こえて、臨場感あふれるサウンドを実現し、ゲーム体験をよりリアルにすると謳うゲーミングヘッドセットになります。

何年か前からこの手の商品を使ってたりしますが、年々地味ながらも機能向上を果たしているんですよね。

2018年モデルということで、中のサウンドチップも改良されているでしょうし、マイクはしっかりノイズキャンセリング機能が付いてきてますし、ゲーブルの耐久性も向上。

加えて低価格な商品ではありますが、マイクのミュート機能もコントローラに備わっていたりで、普通に使う分には「これで十分」な性能を持った商品という感じです。

2018年10月14日

ビジネス利用に適した片耳ヘッドセット「Esonar tecker X1」が無駄なく軽くて音質良し

tecker_x1_01.jpg

Esonar tecker X1です。

ちょっとパッケージは汚れてましたが、まぁ外箱はそのうち捨てるのであまり気にしてません。

iPhoneとかの箱だと箱そのものにそれなりの価値が出たりするので、そういうのじゃなければ多少汚れてても(場合によっては軽く潰れてても)別にいいかなーというような感じです。

さておき、ちょっと仕事を中心に電話をする機会が多くてですね...電話回数そのものを減らせれば良いんですが、そういうわけにもいかず。

電話をしている時間、片手が埋まってしまうので、1分程度であればまだ良いんですが、内容によっては5分、10分ということもザラにあるのと、電話しながら資料確認などでPCを操作したり紙媒体をめくったり、メモをとったりなどなどするため、両手を空けて作業しながら電話できるようにヘッドセットを導入することにしました。

2018年10月 5日

IP45防水防塵対応な「SEOBIOG S-B99」は素材品質良いピンクゴールドカラーなネックバンドワイヤレスヘッドホン

seobiog_s-b99_01.jpg

SEOBIOG Bluetoothイヤホン S-B99です。

写真の形で届きました。

外箱というか、パッケージングとかガン無視で、本体が前面に出る直球タイプ。

宣材写真だけ見栄え場良くてもね・・ということで、実物そのものを押し出してくるのは自信の表れか何かでしょうか。

13時間連続再生が可能と、割とバッテリーの持ちが良い感じのIP45防水防塵対応ネックバンドワイヤレスヘッドホンで、サッと持ち出しすることができる軽量さもウリなモデルとなります。

2018年9月21日

トレンド押さえたBluetoothイヤホン「Ancreu H18」はIPX5防水・マグネット機構・8時間連続再生対応

ancreu_h18_01.jpg

Ancreu H18 ブラックカラーモデルです。

非常にシンプルな構成で、箱への収まり具合も上々なBluetoothイヤホンになります。

デザイン面で目立ったものがあるわけではないんですが、押さえるべき機能やトレンドはしっかりと押さえたモデルで、必要十分さを兼ね備えたことでコストパフォーマンスの面から見て魅力的に映る商品といえます。

IPX5防水・マグネット機構・8時間連続再生対応で、apt-Xにも当然対応といった感じです。

2018年9月17日

IPX7防水でドンとこい!な「Poweradd Musicfly BS-2082GY」がデカゴツくてパワフルサウンド

poweradd_bs-2082_01.jpg

Poweradd Musicfly BS-2082GYです。

13W×2+5W×2と、合計4つのツィーターとウーファーを内蔵したBluetoothスピーカーになります。

モダンなデザインで、IPX7防水規格の素材を採用し複数の保護構造で作ったため、極端な環境でも持ち運びが可能だとしています。

箱も割とゴツかったんですが、本体はさらにゴツい!ということで、ガッツリボディでパワフルサウンドを楽しむのに良さそう!ということで、ちょいと試してみました。

時折イベント的なものでゴツめなサウンドが欲しいなぁというときがあるのに良いかも!と思って使ってみたら、予想通り良かったのでご紹介。

2018年7月 8日

Bluetoothイヤホン「Dudios Zeus Plus」が改良版ということもありイマドキ仕様に

dudios_zeus_plus_01.jpg

Dudios Zeus Plus Bluetoothイヤホンです。

IPX6防水 高音質 apt-Xコーデック対応とスタンダードな構成のBluetoothイヤホンとなります。

定番チップ(CSR8645チップ)を採用&10mmHDドライバーユニットを採用し一定の音質を確保しているのと、ABS&金属の組み合わせで、価格以上の質感を得られる印象のデザインを採用。

加えて、IPX6防水であらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響なくお使いいただけます。

左右のイヤホンの背面はマグネット搭載するので、イヤホン同士を絡むことなく持ち運べるあたりが特徴点。

ザッと外観中心に見ていきます。

2018年6月11日

横に長いテレビ向きなサウンドバー「LP-09 Sound Bar」がウルトラワイドにもよく似合う

lp-09_02.jpg

LP-09 Sound Barです。

ちょっと黒くてわかりにくいんですが、横に長いサウンドバーになります。幅が約80cmということで、結構長めです。

テレビのスピーカーでは再現が難しい繊細な音をクリアに再生。また、ダイアログモードを使うと、ニュースやトーク番組のスピーチが聞き取りやすくなるとしています。

いわゆるRCA接続や、AUXケーブル接続のみならず、光デジタル接続にも対応。

加えて、Bluetooth対応でワイヤレス接続もOKということで、スマートフォンやタブレットなどに保存した音楽をお楽しみいただけます。