2018年9月 4日

パン・チルト対応でHD録画も可能な防犯カメラ「GENBOLT GB102S」で自宅監視やペット見守りまで

genbolt_bg102s_01.jpg

ワイヤレス防犯カメラ GENBOLT GB102Sです。

とりあえず、安価に防犯も兼ねられる監視環境を構築したい!という場合に結構オススメな感じになる、ワイヤレスカメラとなります。

4,000円を割り込むお値段で、パンチルト対応。

左右は355°回転が可能ですし、上下も120°で動いてくれるため、撮影領域が非常に広いです。

メモリーカードへの録画についても、いわゆる常時録画と動体検知連動録画機能を備えているので、使い勝手も良い印象。

見た目がちょいと無骨な感じは否めませんが、その分お値段が安い!ということで、まずは手軽に設置出来る監視カメラが欲しい!という方にオススメです。

ちょっとセットアップして使ってみたのでご紹介。

2018年2月18日

手ぶれ補正もしっかり備えた「EKEN H6s EIS 4k+」はネイティブ4K/30fps対応で高画質エンコードなアクションカメラ

EKEN H6s EIS 4k+

EKEN H6s EIS 4k+です。

アクションカメラに力を入れまくってるEKENの商品になります。

4K対応以上的なことを示す4k+が特徴的な感じですが、実際には4K解像度です。

ただ、ソフトウェア補間な4K対応ではなく、しっかりとネイティブ解像度での4K対応かつ30fpsでの録画が行えるという点が魅力の商品となります。

内蔵の3軸ジャイロスコープと3軸加速度計による手振れ補正機能こと、EISが備わっています。4K 30fpsは対象外となりまして、4K 25fpsまでの対応となる模様ですが、2.5kや1080pであれば30fps対応ですし、1080pかつ60fpsでもEIS機能は使用することが可能なので、個人的には1080pの60fpsで使うことに決めました。

4Kでの利用はぶれずに撮影出来るシーンで使用する感じが良いかもしれません。

そんな EKEN H6s 4K+を見ていきます。

2018年1月 2日

じわっと動く映像が撮影可能な「Dolly Car Rolling Rail」でこだわり映像撮影を

dolly_car_rolling_rail_01.jpg

充電可能な電動式電動トラックスライダーDolly Car Rolling Railです。

動画撮影などで、じわ~っと横移動とかしながら撮影するのに便利な商品です。

こちらの動画を見て貰えれば、その利点がわかるかと思います。

どうしても固定された画角だと物足りなくなるわけですが、固定物に対して様々な角度から映像撮影するのに結構便利。

最大荷重は8kgで、4つの1/4インチ&3/8インチのネジ穴があり、なかなか使い勝手が良いんじゃないかな?というトラックスライダーとなります。

陽極酸化処理されたアルミニウム合金製で、耐久性と耐錆性を備えているなど、質感についてはちょっとした高級感も感じられる商品となっています。

2017年12月15日

値頃感あるプロジェクター「VIVIBRIGHT GP90」がネイティブ1,280×800解像度対応でコスパ的にイケてる

vivibright_gp90_03.jpg

ネイティブ解像度1,280×800、入力最大解像度1,920×1,080をサポートし、明るさ3,200lmを謳うプロジェクターVIVIBRIGHT GP90 LCD Projector 3200 Lumensです。

結論から言うと、3200 ANSI Lumensは・・・流石に2,000lm程度にしか感じられないよ~という結果ではあったんですが、その点を妥協できるならば、という条件付きではありますが「アリだねコレ。」という感じのプロジェクターになります。

1.2メートル〜8.5メートルの投写距離をサポートし、35インチ程度~200インチ超の映像投影を可能としていたり。

OSDメニュー言語は中国語、英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ロシア語、日本語など23言語をサポートしていますが、英語でも十分理解出来るものとなっています。

2017年11月12日

ドキドキ出来るコンパクトさで全天球撮影できる「Insta360 ONE 4K 360° VR Video Action Sports Camera」がモードが多彩で撮影が楽しすぎる

insta_360_one_01.jpg

Insta360 ONE 4K 360° VR Video Action Sports Cameraです。

4K!360度!VR対応!アクションスポーツ対応!というトレンドとなるキーワードをふんだんに盛り込み、それでいて超コンパクトサイズにまとめてきた!ということで、Insta360のぶっ込み具合満載な意欲溢れる商品になります。

insta_360_one_13.jpg

セール記事である「【さらに約2,600円OFF!】Insta360 ONE 4K 360° VR Video Action Sports Camera - 全天球撮影対応カメラ」でも紹介していますが、2,400万画素(6,912×3,456)の360度写真と4K対応(3,840×1,920@30fps、2,560×1,280@60fps)の360度動画を撮影可能というだけで、実用性の高さが窺える代物になっていますし、単体での使用、Bluetooth経由でのリモート操作、スマートフォンの充電端子に直接接続しての操作と、3種類の操作モードを備え、多様なシーンでの利用に合わせた使い方が可能となるなど、ユーザビリティが向上しています。

6軸手振れ補正や、 スローモーション、120fps撮影、バレットタイム対応、撮影後に360度動画の中で選んだ対象をトラッキング可能などなど、多機能です。自撮り棒隠し機能(かなり強力)なんかも備えています。

2017年10月23日

アクションカメラ「LERVING SC001」が安価なのに4K 30fps対応で扱いやすさUP

lerving_sc001_01.jpg

LERVING 4K 30fps対応アクションカメラ SC001です。商品公式サイトはこちら

これまで何度かこの手のアクションカメラを紹介してきましたが、4K対応を謳っていても15fps止まりだったりで、実用フルHD止まりだったりするケースが大半。

10,000円Overとかじゃないと、なかなか4K 30fpsは難しいという状況でしたが、進歩は早いもので、10,000円を大きく割り込む価格帯であっても、4K 30fpsでの撮影が行える性能を持った商品が出てきています。

2017年10月 1日

炭素繊維を用いた34mm管径「Andoer 三脚スタンド付き一脚 TP-340C」が4段設計なのに高い安定性を誇る

andoer_d4218_01.jpg

Andoer 炭素繊維製 34mm管径 三脚スタンド TP-340Cです。

デジタル 一眼レフカメラ用にも用いることが可能な、一脚+支持付き三脚スタンドとなります。

炭素繊維製34mm管径採用&三脚スタンド支持付きで、高さ61cm~175cmまで4段階で調整可能です。

高強度炭素繊維の一脚チューブを採用し、耐久性と安定感がグッと増しました。Φ34mmであることを考えると大分お安いです。コスパ抜群。

そして、カーボンなのでケースを入れても約1.1kg程度で済んじゃいます。本体だけなら1kg割れ。持ち運びの移動はかなり楽に行えるのではないでしょうか。

2017年8月30日

動きスムースな「Zhiyun Smooth-Q 3-Axis Handheld Gimbal Stabilizer」が手振れ補正されまくり

zhiyun_smooth-q_3axis_01.jpg

手持ち用の3軸電動ジンバルとなるZhiyun Smooth-Q 3-Axis Handheld Gimbal Stabilizerです 。

ブレることなく、安定した映像撮影が可能な商品で、6インチまでのスマートフォンに対応していて、約220gまでのスマートフォンに対応可能といったところ。キャリングバッグも付属してきます。

バッテリーによって12時間程度の動作が可能だとしているナイスなブツです。

2017年7月 6日

360度パノラマカメラ「Andoer V1」がちょい置きパノラマ撮影に良さそう

andoer_v1_01.jpg

Andoer V1 360度 パノラマカメラです。

FOV220°レンズを採用し、1,600万画素での高解像度写真の撮影や、360度の広い​​視野でのパノラマ撮影も行えます。

動画については、2,448P(30fps)、2,048P(30fps)、1,440P(60fps / 30fps)、1080P(60fps / 30fps)での撮影に対応。

メモリーカードについては128GBまでいけます。

自転車用設置スタンドやヘルメットベースなどが付属しています。付属品は良くあるタイプのものなので、その辺は省略し、使い勝手的なものを見ていきます。

2017年7月 5日

キャリングケース付きアクションカメラ「Andoer AN5000」が使い勝手が良く実用性高い

andoer_an5000_01.jpg

コンパクトアクションカメラAndoer AN5000です。

NTK96660チップ&ソニーIMX078 CMOSセンサーを採用し、防振/ジャイロスコープ/動き検出機能を備え、単なる動画撮影から、ドライブレコーダ、タイムラプスなどの撮影も行えるモデルです。

ザックリ仕様は以下の通り。

  • レンズ:広角、F = 2.0 f / 3 mm
  • レンズの範囲:170°、140°、110°、70°選択可能
  • スクリーン:2.0 "LCDスクリーン
  • ズーム5倍、フォーカス固定
  • オーディオ録音:サポート(ただしモノラル)
  • ダイビングモード:サポート
  • WDR(ワイドダイナミックレンジ):サポート
  • ビデオ解像度:UHD P24(2880 * 2160)(補間)、QHD P30(2560 * 1440)、FHD P60 / 30(1920 * 1080)、HD P120 / 60/30(1280 * 720)、WVGA P30(848 * 480 )、VGA P240 / 30(640 * 480)、QVGA P30(320 * 240)
  • 画像サイズ:20M(5120×3840)、16M(4608×3456)、12M(4032×3024)、10M(3648×2736)、8M(3264×2448)、5M(2594×1944)、3M(2048×1536 )、VGA(640 * 480)
  • フォーマット:MP4 / H.264(ビデオ)、JPEG(画像)
  • ループ録音:3/5 / 10min、ファイルの削除/保護:サポート
  • タイムラプス記録:100ms / 200ms / 500ms / 1s / 5s
  • セルフタイマー:1/2/5 / 10s、バースト:3/5/10写真/秒
  • プリティピクチャ:OFF /夜景/ポートレート/ライトペインティング
  • ホワイトバランス:自動/昼光/曇り/タングステン/蛍光
  • カラー:ナチュラル/ブラック&ホワイト/セピア
  • ISO: Auto/100/200/400
  • ストレージ:64Gまでのメモリカードをサポート(別売)
  • バッテリー:3.8V 950mAh充電式リチウムイオンバッテリー(同梱)

そんなAndoer AN5000をちょっと見ていきます。