AUKEYのVR製品参入第一弾となる「Aukey VR-O1」はコストパフォーマンス十分

aukey_vr-o1_01.jpg

Aukey 3D VRゴーグル VR-O1です。

世の中がVR元年!とばかりに多種多様なVR対応製品を送り出してきている状況で、AUKEYもそれに乗ってきたというところ。

型番からわかるように、第一弾といえるVR-O1となっているので、まずは定評ある商品で市場に参入しておこうという意図が垣間見える印象。

VRゴーグルも日々改善され、機能追加されていっている状況なので、近いうちにVR-O2とか出てくるんじゃないでしょうか。

さておき、現時点で2,500円程度の出費で手軽にVRコンテンツが楽しめるということもあり、このVR-O1をちょっと見ていきます。

aukey_vr-o1_02.jpg

外観はシンプル。

「AUKEY VISION」とロゴのようなものがありますが、簡易プリントされているだけです。

全体的にプラスチック素材を使用しているので、割と軽いかなという印象。

aukey_vr-o1_03.jpg

パカッと開けまして、写真手前の部分にスマホをセットします。

3.5インチ~6インチまでのスマートフォンに対応すると謳ってます。

今回、5.2インチAndroidスマホとiPhone6s Plusで試してみましたが、すんなり使用することが出来ました。

iPhone6s Plusの場合はケース付きだと厳しいかなーというところ。素のままなら問題ないです。

aukey_vr-o1_04.jpg

クッション性が高いパッドを採用することで、顔に柔らかくフィットしてくれるので嫌な装着感はないです。

余計な光が入ってこないように遮光性能を高めるという意味愛もあるのか、没入感がしっかりと得られました。

aukey_vr-o1_05.jpg

上部に備わったツマミを用いることで、前後の位置調整を行うことが可能で視覚を合わせることが出来ます。

aukey_vr-o1_06.jpg

横に備わったツマミでは、レンズ位置を縮めたり広げたりして、目にあった位置に出来る用な調整が可能。

aukey_vr-o1_07.jpg

本体にスマートフォンをセットして、このような形でコンテンスを再生してあげればあとはレンズをのぞき込むだけでOK。

サイド部にちょっとしたスリットがあるので、ケーブルを通すことも可能なため、そこから充電したり、イヤホンを接続して音声(オーディオ)をイヤホンで楽しんだりという使い方も可能です。

気が利いているというか、なんというか、構造上の利点かなという形。

今回、5.2インチスマートフォンと5.5インチなiPhone6s Plusで視聴してみましたが、5.2インチスマホでも十分に楽しめたものの、5.5インチにジャストフィットするような形で作られてるのかな?という印象を受けるほどiPhone6s Plusにピッタリな感じでした。

ある程度の需要を満たそうとすると、絶対数として多いiPhone製品がスコープされることになるとは思いますが、4インチスマホでは迫力に欠けたので、やはり5インチ~5.5インチクラスのスマホで使用するのに適した構成になっているものと思われます。

ただ、装着している時の重量感からすると、5インチで軽量なスマートフォンの方が頭部や首回りに対する負担が少ないような気がします。長時間視聴するのであれば・・ですが。

Aukey 3D VR メガネ ゴーグル ヘッド マウント スマホ ゲーム 映画 仮想現実 3.7-5.5インチのスマホに適用 VR-O1

Aukey 3D VRゴーグル VR-O1

コメントする