デカくてゴッツい「AUKEY SK-M12」はスタミナ溢れる低音もいけちゃうアウトドア派なスピーカー

aukey_sk-m12_01.jpg

AUKEY Bluetoothスピーカー SK-M12です。

この写真には比較対象となるブツを映していないのでわかりにくいんですが、ポータブルを謳うBluetoothワイヤレススピーカーとしては結構大きな部類に入ります。

一言で言えば「ゴツい」。

もうちょっといえば、グリルはシルバーで主張はしっかり、周りはゴムでキッチリガードしてくれて防水というアウトドアのお供としてのBluetoothスピーカーという位置づけで考えた方が良いかなーということで、自宅内というより、外出時に使用したときのことを考えつつ、ちょっと見ていきます。

aukey_sk-m12_02.jpg

持ち運ぶという意味ではポータブル、だけど手に持った感じとしてはずっしり感を感じたりもするしっかりとした重量を伴ったボディになってます。

シルバーカラーなグリルは質感としては好印象です。

aukey_sk-m12_03.jpg

本体上部に各種ボタンを備えていて、こちらで操作をする形。

これ自体はスタンダードな操作形態でしょう。

電源を入れたときに大音量で音が出たのには(夜だったので)ちょっとびっくりしました。

(この手のBluetoothデバイスには)時折ある所作とはいえ、突然の大音量は流石にびっくりします。業界標準?である程度抑えてくれると助かるんですが。

aukey_sk-m12_04.jpg

底面には、三脚取り付け用のねじ穴が備わってました。

これにより、自転車などへの搭載も可能になったりします。MINOURA(ミノウラ) カメラマウントとかが使える感じかなと。

まぁ、日本だとあんまりこのサイズのスピーカーでガンガンに音楽流しながら走行していると奇異の目で見られるので、基本はキャンプやらなんやらのアウトドアを楽しむ際に仲間内でワイワイやるのが良いんじゃないかなと思う次第。

aukey_sk-m12_05.jpg

吊り下げようのフックを引っかけるようなものも備わってました。

aukey_sk-m12_06.jpg

反対側には防水用のカバーがされている部分。

aukey_sk-m12_07.jpg

充電用のMicroUSBコネクタ、AUX INコネクタ、写真では見えにくいんですがリセットスイッチもカバーに隠れた位置ではありますが備わってます。

リセットスイッチを押す用のピンも付属。

aukey_sk-m12_08.jpg

そのほか、付属品は説明書(日本語対応)とAUXケーブルおよび、MicroUSBケーブルです。

aukey_sk-m12_09.jpg

肝心の音質は、そのボディサイズを活かしたパワフルさが特徴的で、デュアル5Wドライバを搭載し、割と迫力ある低音を提供してくれます。

特に低音は力を入れているのか、再生中、本体上部の「M」ボタンを押すと、重低音を効かせることもでき、音量とともに迫力を出してくれます。

音割れしちゃう感じもあるので、まぁほどほどにという感じではあります。

あくまでBluetooth経由なため「高音質か?」と聞かれれば「No.」と回答せざるを得ない音質ではあります。いわゆる「アウトドアで音大きめにしてみんなで楽しむ」という用途であればバッチリ。「家の中でしっぽり音楽を聴く」という用途だともうちょっとかな・・・という感じだったりします。

AUX IN経由で音楽再生すると、ちょっと改善されたりするのであくまでBluetooth経由であるが故の音質になっているということでしょう。

その代わりといってはなんですが、Bluetooth4.1対応な恩恵もあり、内蔵バッテリーによる連続再生時間は30時間にも及ぶ(メーカー好評値)ので、一度充電しておけば基本的には2,3日使う分にはOKでしょう。

AUKEY Bluetooth スピーカー ワイヤレス 防水スピーカー 30時間連続再生 内臓マイク 三脚穴搭載 iPhone、iPad、Android機器に対応 SK-M12

AUKEY Bluetoothスピーカー SK-M12
楽天市場の最安値[送料無料で比較] / Yahoo!ショッピング最安値[送料無料で比較]

コメントする