丸みを帯びたデザインの「AUKEY PB-N42」は10,000mAhでコンパクトなモバイルバッテリー

aukey_pb-n41_04.jpg

AUKEY モバイルバッテリー PB-N42です。

バッテリーも地道ながら着実な進化を遂げているようで、10,000mAhクラスの商品でも手に平に収まる感じのサイズにまでなってきました。

年々コンパクトになっている印象で、必要容量の増加(スマホのバッテリー内蔵量の増加)とともに並行推移はしばらく続くのかな?という印象。

そんなわけで、現時点においては十分な容量とコンパクトなサイズ感に加えて、丸みを帯びたデザイン形状で万人受けするんじゃないかなと思われるモバイルバッテリーAUKEY PB-N42を見ていきます。

aukey_pb-n41_01.jpg

パッケージから漂う丸形形状。

どちらかというと角張ったデザインの方が好きだったりするんですが、丸みを帯びたデザインの方が手になじむということもあって、好まれる傾向にあるような気がします。

あとは、ポケットにスッと入れておくことができて、取り出しやすいなども好まれる理由としてありそうです。

aukey_pb-n41_02.jpg

パカッと開けて、PB-N42がお目見え。

aukey_pb-n41_03.jpg

付属品はMicroUSBケーブルと、ユーザマニュアルのみ。

マニュアルは多言語対応で、日本語にも対応しています。

aukey_pb-n41_04.jpg

本体はプラスチックなカバーを採用しているものの、マットな処理が施され、きちんと面取りされているように見えるボタンも備え付けられていたりでシンプルさを押し出すデザインなのかなという印章。

aukey_pb-n41_05.jpg

横から見ると、厚みがそれなりにあるのがわかります。

なお、本体横にモバイルバッテリーPB-N42自体を充電するためのMicroUSBコネクタが備わっています。

aukey_pb-n41_06.jpg

こちらはモバイル端末充電用のUSBコネクタ×2、それとLEDライトです。

USBコネクタは2ポートありますが、左側が5V/1A出力で、右側が5V/2.1A出力となっています。

両方とも5V/2.4A出力だとより良かったんですが、回路かコストか何かとの兼ね合いでこうなったのでしょう。

aukey_pb-n41_07.jpg

反対側には10,000mAhであることと、見えにくいですが出力について記載があり、先に挙げたとおりで1Aと2.1A出力であることを示しています。

モバイルバッテリー自体の充電は2.1Aで行われます。

aukey_pb-n41_08.jpg

指2本でもちょいとつまめてしまうぐらいのサイズ感に、10,000mAhを良く収めたものだなぁと感心したり。

バッテリー残量については、写真を撮り忘れましたが、ボタン部横に備わっている青色LEDによって4段階で表示されます。

aukey_pb-n41_09.jpg

本体重量は233g。

重量そのものはもう少し削れるような気がしますが、及第点でしょう。

1ポート出力とかにすれば切れるんでしょうけれども。もしくは、軽さを求めるのであれば、5~6,000mAh品の方が携帯しやすいですし。

2ポート備えた状態で200gを切っていたりすると、またさらに魅力的な感じになりますが、それにはまた1年ぐらいかかるのでしょう。

まぁ、バッテリーの進化は鈍重なので、1年経っても実現しない可能性も十分ありますし、1年経ってもこのサイズ感と重量であれば十分に魅力的だともいえますので、今モバイルバッテリーを必要としていて、ある程度の容量とコンパクトさを求めるということであればオススメ出来る商品です。

AUKEY モバイルバッテリー 5000mAh 超コンパクト 軽量 スマホ急速充電可能 iPhone / iPad / iPod / Xperia / Galaxy / Nexus 他対応 【AiPower搭載】 (ブラック) PB-N42

AUKEY モバイルバッテリー PB-N42

コメントする