キャリングケース付きアクションカメラ「Andoer AN5000」が使い勝手が良く実用性高い

andoer_an5000_01.jpg

コンパクトアクションカメラAndoer AN5000です。

NTK96660チップ&ソニーIMX078 CMOSセンサーを採用し、防振/ジャイロスコープ/動き検出機能を備え、単なる動画撮影から、ドライブレコーダ、タイムラプスなどの撮影も行えるモデルです。

ザックリ仕様は以下の通り。

  • レンズ:広角、F = 2.0 f / 3 mm
  • レンズの範囲:170°、140°、110°、70°選択可能
  • スクリーン:2.0 "LCDスクリーン
  • ズーム5倍、フォーカス固定
  • オーディオ録音:サポート(ただしモノラル)
  • ダイビングモード:サポート
  • WDR(ワイドダイナミックレンジ):サポート
  • ビデオ解像度:UHD P24(2880 * 2160)(補間)、QHD P30(2560 * 1440)、FHD P60 / 30(1920 * 1080)、HD P120 / 60/30(1280 * 720)、WVGA P30(848 * 480 )、VGA P240 / 30(640 * 480)、QVGA P30(320 * 240)
  • 画像サイズ:20M(5120×3840)、16M(4608×3456)、12M(4032×3024)、10M(3648×2736)、8M(3264×2448)、5M(2594×1944)、3M(2048×1536 )、VGA(640 * 480)
  • フォーマット:MP4 / H.264(ビデオ)、JPEG(画像)
  • ループ録音:3/5 / 10min、ファイルの削除/保護:サポート
  • タイムラプス記録:100ms / 200ms / 500ms / 1s / 5s
  • セルフタイマー:1/2/5 / 10s、バースト:3/5/10写真/秒
  • プリティピクチャ:OFF /夜景/ポートレート/ライトペインティング
  • ホワイトバランス:自動/昼光/曇り/タングステン/蛍光
  • カラー:ナチュラル/ブラック&ホワイト/セピア
  • ISO: Auto/100/200/400
  • ストレージ:64Gまでのメモリカードをサポート(別売)
  • バッテリー:3.8V 950mAh充電式リチウムイオンバッテリー(同梱)

そんなAndoer AN5000をちょっと見ていきます。

Andoer AN5000のキャンリングケースがでかゴッツい

andoer_an5000_02.jpg

商品到着時、結構大きなパッケージに包まれていて、あれ?何頼んだっけ?となったんですが、正体はこのキャリングケースでした。

アクションカメラは付属パーツが多いので、こういったキャリングケースが付属してくると、収納・管理が容易になるのが良いですね。

andoer_an5000_03.jpg

パカッと開けてみたんですが・・・

なんでしょう、整理されているとはいえない、適当な詰め具合。

収まってはいるんですが、収納というよりも詰め込んだという表現が正しい状態になってまして、これはちょっといただけないなぁと。

せっかく、区分けするような形になっているのにも関わらず、ざっくばらんに入れられていてちょっと所有欲が減衰。

andoer_an5000_04.jpg

パーツをより分けていったら、Andoer AN5000が出てきました。

この収納の仕方自体間違っている気がしますね。

andoer_an5000_05.jpg

気を取り直して本体。

防水ケースに入れられた状態になってます。

andoer_an5000_06.jpg

ケースを取り外すと非常にコンパクトに。

若干のエンボス加工がなされたサイド部は持ちやすさも意識しているのかもしれません。

ボタンとスピーカーを備えています。

andoer_an5000_07.jpg

上部はOKボタンと、LEDのみとシンプル。

andoer_an5000_08.jpg

逆サイド部には、MiniHDMI出力、充電用のMicroUSBコネクタ、記録用のMicroSDメモリーカードスロットとなっています。

andoer_an5000_09.jpg

液晶サイズは2インチで、視認性は良いです。

日付が2015/2/28となってましたが、これは・・・製造日か何かでしょうか。だとしてもちょっと古い日付な気がします。

andoer_an5000_10.jpg

言語は日本語にも対応。

おかしな翻訳という感じもなく、素直な日本語表記になってくれるので変なストレスなく使用することが可能です。

各種操作における挙動もキビキビしています。

andoer_an5000_11.jpg

動画は最大で2,880×2,160(24P)。

商品としては4K対応を謳っていますが、実際は3Kというところ。

また、ソフトウェア補間による実現だと思われるため、動きが控えめな動画撮影ではQHD(2,560×1,440、30P)を、日常利用についてはFHD(1,920×1,080、60P)が良いんじゃないかなという印象。

andoer_an5000_12.jpg

静止画撮影については最大5,120×3,840まで対応。

2,000万画素を謳います。

ただ、採用しているセンサー(Sony IMX178)は3,088×2,076なハズなので、こちらもソフトウェア補間によって実現しているのでしょう。

その代わりに、光感度が高く、暗い環境でも優れた画質を実現してくれるという特徴があります。

そんなわけで、静止画の性能としては800万画素クラスと認識して貰えれば。

撮影についてフォーカスは固定になってるんで、ピントあわせ大丈夫かな?という事前の不安があったんですが、ソフトウェア制御がある程度優秀なのか、基本的には問題のないレベルでピントが合ってました。違和感なく使えます。

andoer_an5000_13.jpg

ファームウェアVer.は2017年4月となってました。

andoer_an5000_14.jpg

綺麗に収納してみました。どうでしょうか。

コレがあるべき姿な気がしますね。

 

撮影した感じとしては、謳っている「4K!2,000万画素!」というよりは、「3K(がそこそこ)、フルHDで快適!静止画も頑張ってる!」という表現でしょうか。

動画撮影については、ジャイロ(2軸っぽい)補正によってブレ軽減されるので、歩きながらの撮影とかでも結構頑張ってくれちゃいます。

画角も170/140/110/70°で切替えできたり、タイムラプス撮影は0.1秒~の撮影間隔がセット出来たりするのもユニーク。

付属パーツは定番どころがキッチリ揃っていますし、保管用ケースもちゃんと収納すれば便利。

ジャイロによってジンバルなくてもそこそこ安定した映像撮影が出来ますので、利用シーンは結構幅広いんじゃないかなと。マニュアルは英語ですが、操作メニューは綺麗な日本語対応してますので、扱いやすさも上々です。スペックはさておき、実使用という意味では十分なコストパフォーマンスといえるんじゃないでしょうか。

Andoer AN5000 アクションカメラ 4K 24fps WiFi 20MP 1080P 60fps 5倍ズーム 2

Andoer AN5000
楽天市場の最安値[送料無料で比較] / Yahoo!ショッピング最安値[送料無料で比較]

コメントする