明るくて軽く、そして安い「Alfawise X 3200 Lumens HD 1080P Smart Projector」でお手軽大画面

  • 投稿日:
  • Category:

alfawise_x3200_01.jpg

Alfawise X 3200 Lumens HD 1080P Smart Projectorです。

ネイティブ解像度は1,280×800とHD対応で、4K入力にも対応しています。

LED光源で3,200lmということで、明るさはナカナカ。

投影サイズは32~200インチ。100インチぐらいまでが実用範囲でしょうか。重量が約2.5kgということで持ち運びも割と出来ちゃうんじゃないかと。

今回、Alfawise X 3200 (Android搭載モデル)をチョイス。Android OS非搭載で純粋なプロジェクターとして使えるAlfawise X 3200 (OS比搭載モデル)であれば、15,000円台で購入できちゃいます。

実用性あるプロジェクターを安価に購入できちゃうということで、お手軽に投影環境を実現したい方向け。

もちろんコストカットしている部分(光学ズーム非対応、フォーカスあわせは手動)などありますが、コスパは十分。

alfawise_x3200_02.jpg

本体全景。

ずっしり感あるように見えるのは色のせいかもしれません。

実際には約2.5kgなので、片手でもサッと持って運べます。

alfawise_x3200_03.jpg

操作系ボタンは上部にズラッと並ぶ形。

ボタンそのものは大きめなので押しやすいです。

alfawise_x3200_04.jpg

レンズ部キャップ。

ゴム製の簡易な物です。

alfawise_x3200_05.jpg

外すとこのような感じに。

alfawise_x3200_06.jpg

右サイドには、スピーカーと放熱部が備わっています。

モノラルスピーカーではありますが、音量は十分。

必要に応じて外部スピーカーに接続するのが良いでしょう。

alfawise_x3200_07.jpg

背面の入出力インターフェース群。

D-Sub15ピンとHDMI×2だけでも十分ですが、AV入力や、USB×2なども備えています。

alfawise_x3200_08.jpg

付属品。

電源ケーブルは3ピンコネクタである点はご注意を。

リモコンの電池は付属してきませんので、単4×2本を別途用意する必要があります。

写真には写ってませんが、別途HDMIケーブルが付属してきてました。

alfawise_x3200_09.jpg

そしてネジが付属。

このネジは、Alfawise X 3200の底面部にあるネジ穴に取り付けることによって、高さ調節をする物となります。

正味数cmしか調整できないので、底面部の中心あたりに三脚穴とかあったらより設置の汎用性が上がるのになーと思ったりもしました。

使えるかいまいちわかりませんが、ETSUMI メスメスネジ大 E-6115あたりを底面中心部というか重心がかかっているところにペタッと何らかの方法で接着して三脚を使ったりすると良い感じに設置出来るのかも。ということで、そのあたりは自己責任でどうぞ。

Alfawise X 3200の投影具合

alfawise_x3200_10.jpg

Android OSが入っているので、いわゆるSoCが載ってて様々なアプリを動作させることが可能です。

Amlogic S905Xを採用し、メモリは1GB、ストレージは8GBとなっています。ちょいとアプリを使う分には十分。

YouTubeだらだら見るのにも便利。

OSレスモデルには無い、BluetoothやWi-fiを用いて色々とできるので個人的にはAndroid搭載モデルがオススメです。

alfawise_x3200_11.jpg

コントラスト比はそこそこ。

画面は、iPadをHDMI入力してちょっとゲームをしたところなんですが、色鮮やかなゲームでもバッチリプレイ可能。

3,200lmは伊達じゃない・・というか、LED光源なのでそのあたりを加味する必要はありますが、光源寿命は20,000hと十分ですし、蛍光灯下でもそれなりに投影してくれます。

alfawise_x3200_12.jpg

薄暗くした感じの部屋であれば臨場感含めバッチリな感じに。

alfawise_x3200_13.jpg

1点だけ、解せない点がありまして・・・

それは、「本体のボタンでは "戻る" に該当するボタンが無い」という点。

リモコンにはバッチリ備わっているんですが、本体にはありませんでした。もしあったらゴメンナサイ、ポチポチ弄んでる感じでは、戻るボタンが無い感じでした。

なので、設定変えたり、Android OS使うときはリモコンを使用する必要がある感じです。

まぁ、入力切替えボタンでパッと切替えちゃえば実用上の影響は少ないので、良いといえば良いんですが。

alfawise_x3200_14.jpg

今回は、自宅の壁に投影して使ってみたんですが、それでも十分な品質で楽しめました。

画面はiPad投影ですが、Fire TV Stick (New モデル)などとの相性も良さそうですね。

Android上のアプリ経由でも良いと思いますが。

もう少しクオリティを上げて投影したい・・という場合には、 Folding Table-top Projection Screenなどのスクリーン(50インチサイズの「Folding Table-top Projection Screen」がお手軽設置が可能で便利でレビュー済)を使うとよりくっきりハッキリとした映像で楽しめること請け合いです。

設置場所さえカッチリ決まれば、低コストで実用性十分な投影環境が整いますので、プロジェクター入門機としても、高級機へのつなぎ的な扱いとしてでもオススメできる商品じゃないかなと思います。

Alfawise X 3200 Lumens HD 1080P Smart Projector

Alfawise X 3200 Lumens HD 1080P Smart Projector

コメントする