丸いキーを採用した「Ajazz ROBOCOP Wired Mechanical Gaming Keyboard」がイエローLEDバックライトでど派手

  • 投稿日:
  • Category:

ajazz_robocop_keyboard_01.jpg

Ajazz ROBOCOP Wired Mechanical Gaming Keyboardです。

通常良くあるタイプの四角なキーではなく、丸いキーを採用したキーボードになります。

ゲーミングキーボードらしく、LEDでビカビカと光らせることも可能。

普段使いまたは、ゲームプレイ用のキーボードとしての使いやすさは丸キーが指にフィットするか否かでその使い心地は変わるかなというところ。

フラットなキーがお好みであれば、基本指先にフィットしてくれる感じがあるので、入力性能そのものはいい感じです。

ajazz_robocop_keyboard_02.jpg

テンキー付き。

長さのあるキーも総じて丸みを帯びたキーを採用しています。

ajazz_robocop_keyboard_03.jpg

スペースキーも丸くて長いキーを採用。

ちょっと遠目から見てもわかるその丸さは、職場などで使用すると目を惹くんじゃないでしょうか。

一瞬タイプライターを思わせるようなデザインは世代を超えて注目を集めそうです。

いわゆるタイプライター感という意味では、プラスチックが主素材だということもあり、あまりその印象はありませんが、そもそもタイプライター自体がかなり昔のデバイスなので、そこまでこだわるようなものじゃないかなということで、丸が好き、普通のキーじゃないヤツが良いというかた向け。

ajazz_robocop_keyboard_04.jpg

しっかりとした鉄板が底面には備わっていて重量感は十分。

この赤ラインは黒と対比させる感じでデザインされたのかな?という感じですが、使用している際はあまり目に入りません。

Ajazz ROBOCOP Wired Mechanical Gaming Keyboardの真骨頂は黄色LED

ajazz_robocop_keyboard_05.jpg

USBケーブルをサクッと繋いだら、そこにはもう光り輝くキーが。

各キーに仕込まれているLEDが光って丸キーを際立てるような演出に。

明るさの増減はもちろんのこと、光らせるモードの調整は多彩。

ajazz_robocop_keyboard_06.jpg

Fnキーと、INS / Home / DEL / END / PageUP / PageDownあたりを組み合わせると、モード変更でき、動きのある光らせ方や、押したキーから全体へ広がらせる動き、押したキーのみ光らせる、などなど気分に応じた光らせ方を行えます。

キーボード自体がブラックカラーなので、黄色LEDが映えますが、別モデルとして青色LEDを備えたAjazz ROBOCOP ホワイトカラーモデルも販売されていますので、そちらもチェックされてみてはいかがでしょうか。

派手さでいえば、ブラックカラーのほうがギラギラとLEDが光ってくれて目立つので、オススメ。

ajazz_robocop_keyboard_07.jpg

キーそのものは黒軸を採用しているので、メカニカル感は控えめ。

キーを押すときの押し下げ圧が重く(60g)、押し戻すときに磁石が反発するような強い反発力を感じられるのが特徴で、適度な押し心地と入力性を備えています。

ajazz_robocop_keyboard_08.jpg

光らせるも光らせないも気分次第!

ということで、普段使いとしても十分な入力性能があり、ギラギラした感じでゲームをプレイしたり、入力キーにあわせて適度に光らせつつ、文字入力を捗らせるための一助として用いるも良しというところ。

ゲームプレイ用に、ASDWキーとカーソルキーだけを光らせたりすることも可能です。

キーボードとして特殊な機能を備えているわけではないですが、確かな耐久性(5,000万 打鍵)とNキーロールオーバー、エルゴノミクスキーデザインなどによってユニークさを備えつつも実用性を重視した商品に仕上がってる感じです。

Ajazz ROBOCOP Wired Mechanical Gaming Keyboard

Ajazz ROBOCOP Wired Mechanical Gaming Keyboard

コメントする