ど派手&青軸採用な「Ajazz AK33 NKRO Mechanical Keyboard with RGB Breathing Light」がふんわりLEDで気分転換も兼ねられる

  • 投稿日:
  • Category:

a-jazz_ak33_led_10keyless_01.jpg

Ajazz AK33 NKRO Mechanical Keyboard with RGB Breathing Lightです。

コンパクトに仕立て上げたゲーミングキーボードで、テンキーレスでガワもほぼ無し。

スマホでいうところのベゼルレス感あるキーボード配置となっています。

ぱっと見は普通のコンパクトキーボードですが、そこはAJAZZ。派手に光る演出機能を備えたモデルということで、良い感じに光で入力性能向上感を表現してくれたりします。

a-jazz_ak33_led_10keyless_02.jpg

キー左側の構成はこのような感じ。

配置自体に違和感はありません。

a-jazz_ak33_led_10keyless_03.jpg

キー右側の配置。

EndキーとDelキーの位置が気になりますが、それほど違和感なくお使いいただける感じ。

LEDライト演出設定変更で用いるFnキーは右上Delキーの横にあります。使用頻度が少ないキーなので、使いにくい位置に置いておくのは良い選択だなと。

a-jazz_ak33_led_10keyless_04.jpg

中心部。

英語配列キーということもあり、スペースキーは広め。

押し心地は良好で小気味よくメカニカル感を味わいながら入力することが可能です。

キーに備わっている文字は少し小さめで割と大きめなものが流行っている感じがしますが、これぐらいのサイズの方が好ましいなと。

a-jazz_ak33_led_10keyless_05.jpg

付属品はこの通り。

掃除用のブラシ、PC接続用のUSBケーブル、キー抜き道具と説明書という構成。

a-jazz_ak33_led_10keyless_06.jpg

PC接続用のUSBコネクタは最近めっきり見なくなったMini-USBを採用。

使用する際は通常、繋ぎっぱなしなるかと思われるので気にすることはあまりないと思いつつもMicroUSBの方が良いかな?と思ったりも。

a-jazz_ak33_led_10keyless_07.jpg

キーは青軸を採用。

小気味よいレスポンス感で、カチャカチャと入力することが出来ます。

a-jazz_ak33_led_10keyless_08.jpg

LEDによる演出具合は通電時は7色に光って、次々と色が切り替わっていく感じ。

明るさも十分。もちろん、明るさの調整も可能(Fn+カーソルキー上下)です。

a-jazz_ak33_led_10keyless_09.jpg

キートップ上の文字サイズが小さめなので、全体の光通し具合はそれなりなんですが、その分だけ底面部に反射というか光が広がってくれるちゃう感じ。

LEDの演出感は動画で確認いただければわかりやすいかなと。

a-jazz_ak33_led_10keyless_10.jpg

LEDライトによる演出は、ただのキーボードを使うのとは異なり、気分によって光らせ方を変更することができるので、気分転換にちょうど良し。

個人では普段、東プレのRealforceを用いて作業をしているんですが、文章では無くプログラムなどを打ち込む際などはあえてゲーミングキーボードを用いて、メカニカル感を味わいながら入力した方がコード書いているぜ!という感じで入力が捗ったりします。

特に欠点らしい欠点は見つかりませんでした。コストパフォーマンスは良いです。

使い方は様々ですが、省スペース性が高く設置場所に困らず、演出性もあり、気分転換にも寄与してくれるキーボードとして1台持っておいてもいいんじゃないでしょうか。

Ajazz AK33 NKRO Mechanical Keyboard with RGB Breathing Light
Ajazz AK33 NKRO Mechanical Keyboard with RGB Breathing Light

コメントする