AAC/apt-X対応ネックバンドBluetoothイヤホン「dodocool DA110」は丸みを帯び違和感軽減&操作ボタンが豊富

dodocool_da110_01.jpg

dodocool DA110です。

最近トレンドになっているのか、結構な種類の商品が登場してきているネックバンドタイプのBluetoothイヤホンとなります。

煩わしさを軽減しつつ、使い勝手を向上させ・・ということを各社謳っている状況ではあるんですが、コストパフォーマンス的に実現が難しい3,000円台の商品群の中で、AAC/apt-X対応ということもあることに加えて、ひとつ抜けて操作感であったり使い勝手が考慮されていたのでちょいと取り上げます。

dodocool_da110_02.jpg

まず1点目の利点が、マグネット内蔵でプラプラしがちなイヤホンをカチッとしてケーブル絡みを軽減している点。

ネックバンドタイプなので、絡まるシーンは少ないわけですが、それでも鞄の中に収納していたりするとどうしてもケーブルが絡まってしまいがち。

その点、しっかり磁気吸着してくれるので、鞄から取り出した際の煩わしさがないというのはストレス軽減に一役買ってくれます。

dodocool_da110_03.jpg

操作性についても利点アリ。

このDA110は、一般的なBluetoothイヤホンだとだいたい3ボタン構成となっていて、曲送りと音量調整が一緒になっている場合が大半です。

小さめなボタンではありますが、DA110は5ボタン構成となっていて、曲送りと音量調整が別ボタンとなっています。

これにより、いわゆる長押しによる調整が不要で、短押しで各種操作が可能だというのは実は嬉しいという人は多いはず。

曲送りのたびに長押しをしていた人からすると、どんどんサクサク曲送りできたら良いのに・・・という声は結構聞こえてきます。

低価格帯で5ボタンしっかり備えてきているのは良いですね。

dodocool_da110_04.jpg

充電は操作インターフェース横にMicroUSBコネクタが備わってます。

dodocool_da110_05.jpg

イヤホンの丸の部分に磁石が内蔵されていて、近づけるだけでカチッとくっついてくれます。

dodocool_da110_06.jpg

イヤーピース周りは至って普通。

S/M/Lと3種付属しています。

dodocool_da110_07.jpg

ケースは非常に軽量でコンパクト。

必要なだけのスペースだけを確保した感じで、ピッチリとした収納で持ち運べます。

dodocool_da110_08.jpg

結構頑丈なガワを採用していて、耐衝撃性もある程度期待出来る感じです。

dodocool_da110_09.jpg

ぱっと見でプラっとなりがちなネックバンドタイプのイヤホンにおいて、可搬性はコンパクトなケースで行えますし、装着時であれば磁石搭載でカチッとしながら持ち運べるため、細かなストレスがないという利点は魅力的です。

バッテリーもしっかりAAC/apt-X対応で10時間程度持ってくれますし、重量が軽いこと、また操作部についても丸みを帯びているため、肩のあたりにふれていても違和感は少ないです。

ボタン類も小さいながら、手で触ってわかる形状になっていて、位置的にも操作はしやすく、トータルで見たときのコストパフォーマンスが非常に高いなと。

デザイン面などで、お値段が倍ぐらいするモデルと比較すると流石に見劣りするところはありますが、必要十分な機能と実用性を備えている点を考慮するなら十分活躍してくれる商品だと思います。

dodocool 無線イヤホン Bluetooth インイヤー型 通話機能付き ステレオ 磁気吸引 apt-X CVC 6.0ノイズキャンセニング搭載 10時間持続 インラインリモートとHDマイク付き ブラック

dodocool DA110
楽天市場の最安値[送料無料で比較] / Yahoo!ショッピング最安値[送料無料で比較]

コメントする