4k 30fpsや手ぶれ補正機能を備えた「AKASO V50 Pro」は質感と性能のバランスが良いアクションカメラ

akaso_v50_pro_01.jpg

4K/30fps 2,000万画素170度広角撮影可能なアクションカメラ AKASO V50 Proです。

スローモーション、タイムラプス、長時間露光撮影、連続写真、水中モード、車載モードなどの豊富な撮影モードが選択可能で、ドライブレコーダーとしても利用可能だとしています。

ドラレコとしてはGセンサーとかがないのでちょっとアレかなと思いますが、まぁ機能を豊富に揃えたアクションカメラということで、4K 30fps撮影もしっかり可能というあたりがウリになっています。

4,5,000円でそれなりのアクションカメラは買えますが、少し背伸びした満足いく性能のアクションカメラをお探しの方にオススメできるんじゃないかなというところです。

簡単にオススメポイントをまとめると

  • 4k 30fps、1080p 60fps、720p 120fps撮影が可能
  • 2,000万画素静止画撮影可能(センサー自体性能はPanasonic MN34112を採用しているので1,400万画素)
  • 256GB メモリーカードに対応している
  • 撮影画角が広い(170度を謳っている)
  • 2インチタッチパネル液晶(タッチ感度はそれなり)
  • バッテリーが2個付属するほか、アクセサリが豊富
  • 本体の質感が良い

そんな、AKASO V50 Proをちょっと見ていきます。

akaso_v50_pro_02.jpg

商品パッケージは綺麗に収められていて見栄えも良いんですが、なぜか本体が傾いて収納されていました。

後述しますが、マウントされる形で収納されているので、配送過程か何かでズレたのかな?と。

akaso_v50_pro_03.jpg

開封の仕方がですね・・・上から開けるのかと思いきや、下から開ける感じでした。

綺麗に開けようとするとこれしか方法がないというところ。上から開けようとすると、箱部分をバリバリと破かないと開けられないみたいです。

akaso_v50_pro_04.jpg

バッテリーが見えるほか、アクセサリがてんこ盛り。

akaso_v50_pro_05.jpg

下部から開けていって、スポッと抜く感じで取り出すとAKASO V50 Proがお目見え。

防水ケースを装着した状態で収まってます。

akaso_v50_pro_06.jpg

反対側から。

本体下部を見ていただくとわかるとおり、パッケージにマウントされている状態で収納されていました。

なので、まず本体を触るには、マウントを解除してあげる必要があります。

akaso_v50_pro_07.jpg

で、取り外したんですが、パッケージとマウント部分が一体化していてですね・・・

この部分はいわゆる付属アクセサリではなく、単なる飾りとしてのマウンタだったようです。

ちょいとディスプレイしておく分には良いと思いますが、箱と一体になっているので、使い道はあまりないかもしれません。

akaso_v50_pro_08.jpg

バッテリーは2個付属。

容量は1,100mAhと比較的容量は大きめ。

akaso_v50_pro_09.jpg

充電器のUSBコネクタはMiniUSBでした。

レガシーな感じでMicroUSBの方が良かったですが、この手の充電器ではまだまだMiniUSBが多いのでそんなものかなと。

専用品というわけでもないと思うので、必要に応じてMicroUSBじゃなきゃ嫌!という方は、このあたりからお探しになればお買い求めになれます。

akaso_v50_pro_10.jpg

ともあれ、バッテリーを充電。

なお、MiniUSBケーブルは付属してきますが、写真のMiniUSBケーブルは付属品ではありません。

我が家ではバイクのヘッドセットがMiniUSBなのでそちらに付属のケーブルを流用しました。

akaso_v50_pro_11.jpg

AKASO V50 Pro本体。

安価なアクションカメラだとプラスチック感満載な筐体を採用していたりするんですが、質感のいい合成樹脂を用いていて手触りも含め良い感じです。

akaso_v50_pro_12.jpg

ボタンは2つだけと非常にシンプル。

Wi-Fiインジケータとマイクも備えています。

akaso_v50_pro_13.jpg

インターフェースはこのような感じ。

MicroHDMIコネクタと、MiniUSBのような独特の形状コネクタ(規格的にはMiniUSBの模様)、そしてメモリーカードスロットです。

独特のコネクタは何に使うのかな?と思ったら、外付けマイクを接続して使用するのに用いることが出来るようでした。

V50 pro アクションカメラ外部マイク

V50 pro アクションカメラ外部マイク

2,000円ちょいで外部マイクが購入可能。

他社製マイクが同様に使用出来るかは不明ですが、2,000円程度で買えるのであれば専用品を購入する方が良いでしょう。

akaso_v50_pro_14.jpg

本体底部。

三脚穴が備わっているのは使い勝手良いですね。

右側のバッテリーケースについても造りがしっかりとしていて、カチッと感があって安心感があります。

akaso_v50_pro_15.jpg

スピーカーも備わってます。

akaso_v50_pro_16.jpg

リモコンも付属。

腕時計型なので扱いやすいですが、スマホアプリでのリモート操作も可能なのでどちらを用いるかは状況次第かなと。

akaso_v50_pro_17.jpg

防水ケースについては、カバーの予備が付属してました。

akaso_v50_pro_18.jpg

防水ケースにいれずとも、マウンタ可能なケースも付属。

https://amzn.to/2Ji8m4u

アクセサリは非常に豊富。

ぶっちゃけお過ぎてどれがどれやら状態になるので、説明書を見ながら使い方をチェックした方が無難です。

akaso_v50_pro_19.jpg

本体付属の説明書には詳細が記載されていないので、別途PDFを参照する必要があります。

https://www.akaso.net/usermanual/v50pro.pdf

akaso_v50_pro_20.jpg

肝心のカメラですが、2インチ液晶自体の解像度はそれなり。360×240ぐらいでしょうか。

高精細!とまではいきませんが、タッチパネルなので高精細パネルは使えなかったのかなと推測。

それでもIPSパネルを採用しているのかな?というぐらい、視認性が良いです。

akaso_v50_pro_21.jpg

初期設定は英語でしたが、日本語の選択も可能。

タッチで押しやすい感じのメニューになってます。

akaso_v50_pro_22.jpg

設定を押し下げていくと色々あるわけですが、アクションカメラとして使えるほか、PC用のカメラとしても使える模様。

使う予定はないんですが、PCと接続してライブ中継的なものをしても良さそうです。スマホで十分かもですが。

akaso_v50_pro_23.jpg

アクションカメラとして、4k 60fpsを求めなければこのAKASO V50 Proで十分ですね。

アクションカムに4万出せるならGo Proでどうぞというところですが、コントラストが少し高めに出ているぐらいで画質は非常に綺麗です。

AkASO V50(Proではない)の評価が高かったのは知ってましたが、マイナーチェンジでProとなり、タッチパネルに対応したぐらいかな?と思ってましたが、ソフトウェアのバージョンが上がって画質が向上していたり、ファームも向上していて発売当初は色々とバグ(タッチパネル感度が悪い、Wi-Fi接続ができないなど)も解消されていて使いやすくなっていました。

あとは特に、手ぶれ補正(EIS機能)が非常に優秀で、ジンバル等なくても問題ないレベルで撮影できます。

比較動画も上がってたりするので、参考まで。

割引クーポン!

今ならさらに、注文時に使用することが可能な割引クーポンコード「9B4JWA8K」を適用することで15%OFFとなり非常にお買い得。

クーポンコードの使用期限は5/15 23:59までとなっています。加えて、いつまで有効なんかわかりませんが2,000円OFFクーポンもリンク先に掲載されていて併用が可能なので、よりお得感が高まってます。

AKASO V50 Pro アクションカメラ 2インチタッチスクリーン 超高画質4K/30fps 2000万画素 WiFi搭載 EIS手ぶれ補正 170度超広角 視角調整可能 外部マイク対応 30m防水 HDMI出力 スポーツカメラ リモコン付き 水中カメラウェアラブルカメラ バイク/自転車/車に取り付け可能 メーカー12ヶ月安心保証 (ブラック)

AKASO V50 Pro
楽天市場の最安値[送料無料で比較] / Yahoo!ショッピング最安値[送料無料で比較]

コメントする