本体一体型に出来るケーブル×2が便利な「dodocool モバイルバッテリー DP09」が5,000mAhでスマホのお供にピッタリ

dodocool_dp09_01.jpg

dodocool モバイルバッテリー DP09です。

モバイルバッテリーは数あれど、容量だけでの勝負はできず、使い勝手や軽量さ、デザイン性など様々な面で勝負していかないと売れない時代になってしまいました。

そんな中、ご紹介するのは容量5,000mAhと一般的なスマホであれば2回程度充電することができ、それでいて薄型かつ軽量。

そして使い勝手の面ではケーブルを持ち歩かなくて良いようにデザインされた、本体一体型収納が可能なケーブルを採用したモデルとなります。

この手の商品としては、過去に「極薄2,500mAhモバイルバッテリー「dodocool BE-DP08」がMicroUSB-Lightningアダプタ内蔵でマルチに使える」でレビューしていたりもしますが、今回は容量が倍!ということで、比較まではしませんが実用性という面でちょいと見ていきます。

dodocool_dp09_06.jpg

本体充電は2A入力対応で、出力は1A出力が2ポート。

そのため、タブレット端末などの充電には向かず、スマートフォンへの使用限定というところになりそうです。

5,000mAhなので、当然といえば当然のスペックといえるでしょう。

dodocool モバイルバッテリー DP09は薄型軽量だけど、しっかり2ポート出力対応

dodocool_dp09_02.jpg

本体底面に、出力用のUSBコネクタと、本体充電用のMicroUSBコネクタを備えています。

このインターフェース感は至って普通といえるでしょう。

dodocool_dp09_03.jpg

本商品dodocool DP09のユニークポイントは、そのサイド部にあり、本体にキッチリと収納することが可能なコネクタが備わっているところにあります。

dodocool_dp09_04.jpg

クイッとコネクタ部を出してあげると、そこにはApple iOS製品で使用出来るLightningコネクタが。

ここにiPhoneなどを接続するだけで充電OKなのです。

dodocool_dp09_05.jpg

Android派はどーするのさ!と思われるかもしれませんが、この本体収納可能なケーブルは、もう1種類付属していて、MicroUSBコネクタを採用したものがあるので、こちらを使用すればAndroid端末の充電にもバッチリ対応することが出来ます。

ケーブルの違いは、コネクタ部の違いだけなので、用途に応じて使い分けというところ。

本体底面に備わっているUSB出力コネクタを上手いこと使用して持ち運ぶケーブルを少なくしたり、使い分けたりしたいなと。

dodocool_dp09_07.jpg

バッテリーインジケータは4段階。

2個になったら充電しておいた方が無難です。

本体サイズは重量および形状含め、5インチクラスのスマホぐらい。

本体は丸みを帯びたデザインになっているため、バッグの中での収まりは割と良いんじゃないかなーと思いますが、付属(というか本体収納な)ケーブルはケーブル長が短めなので、スマートにスマホ端末と接続できるか?という点においては慣れというほか無いかも。

ケーブル長に関する「自由」は難しいですが、持ち運ぶケーブルの数を減少させつつ、いざという時に活躍してくれるであろうモバイルバッテリーの可搬性を維持するにはこういったアプローチ、効果的ではないかと思います。

MicroUSBおよびApple MFi認証済なLightningアダプタを本体にピチッと収納することが可能になっていて、ケーブルを持ち運ぶ煩わしさがないのが魅力的。

割引クーポン!

今ならさらに、注文時に使用することが可能な割引クーポンコード「WTTSXUAL」を適用することで、30%OFFとなり非常にお買い得。

ブラックカラーモデルにも適用することが可能です。

11/30までの期間限定で、Amazonマーケットプレイス Beeebo-JP取り扱い品が対象となります。

 

dodocool モバイルバッテリー  充電器 極薄 大容量 USB2ポート5000mAh iPhone Samsung LG  などスマホ用

dodocool モバイルバッテリー DP09
楽天市場の最安値[送料無料で比較] / Yahoo!ショッピング最安値[送料無料で比較]

コメントする