2017年6月21日

お手軽スマートスキャン「Kealive SC-B1」で体重、脂肪、水分量、筋肉量、骨量、カロリーとBMIをまとめて測定

  • 投稿日:
  • Category:

kealive_sc-b1_01.jpg

お手軽測定が行える、スマートスキャン Kealive SC-B1です。

何も考えずにスッと乗るだけで、体重、脂肪、水分量、筋肉量、骨量、カロリーとBMIをまとめて測定できる優れもの。

薄型デザインでスタイリッシュな外観、お値段も安いと三拍子揃った商品となります。

2017年6月21日

UV除菌&振動機能でパワフルに吸い取る「TENKER 布団クリーナー P00254」がハンディでも使えて一石二鳥

tenker_p00254_01.jpg

TENKER 布団クリーナー P00254です。

波長253.7nm紫外線殺菌灯を搭載していてUV除菌してくれるほか、温風でふとんのダニを除去。加えて熱風噴射で布団乾燥してくれたりもする商品です。

布団クリーナーは布団のダニ除去とチリ吸着だけでなく、部屋の清掃しにくいコーナーでも活躍しちゃいます。

吸着ノズルを取り付けることでソファやコンピューターの隙間のホコリを吸い込めるなど、ハンディクリーナーとしての活躍も期待出来る一石二鳥な商品です。

2017年6月19日

2in1な「UGREEN MicroUSB二股ケーブル」で持ち運びケーブルをとりまとめ

ugreen_2in1_microusbcable_01.jpg

UGREEN Micro USB二股ケーブルです。

ケーブル1本あれば、2台のAndriod端末を同時に充電することが可能な2in1二股ケーブルになります。

2本持ち運ぶのは面倒!という方にうってつけな商品となっています。

ケーブルは最大2.4Aの出力に対応し、充電時の電圧低下を軽減できる独自技術を採用したと謳う商品です。

2017年6月10日

全天球撮影が楽しい「Xiaomi mijia 3.5K Panorama Action Camera」が性能・質感ともに良し

xiaomi_mijia35k_action_camera_02.jpg

Xiaomi mijia 3.5K Panorama Action Cameraです。

写真は本当であれば上下逆ですね・・・、Xiaomiマークが下になってしまいました。

スペックとしては、Ambarella A12 chipsetでSONYのセンサー採用の1,600万画素のDual IMX 206 1/2.3 inch sensorを備えたレンズを2つ搭載。360度撮影が可能な全天球対応。

3.5k解像度(3,456×1,728)で30fpsな動画撮影が可能なアクションカメラになります。なお、解像度2,304×1,152であれば60fpsでの撮影が可能です。

静止画に至っては、解像度6,912×3,456の7K?撮影もできちゃいます。

IP67防水/防塵性能を備えるなど、薄型軽量でありながらきちんとアクションカメラとしての機能を備えています。

6軸手振れ補正付きというあたりも見逃せないポイントでしょう。

めっちゃスリムなのに、高性能で素敵な全天球カメラです。

見た目にもスタイリッシュで、高級感も漂うXiaomi mijia 3.5K Panorama Action Cameraをちょっと見てみます。

2017年6月 7日

磁力でカチッとできるMicroUSBケーブル「dodocool DA125」で差し込み迷わず抜き差し要らず

  • 投稿日:
  • Category:

dodocool_da125_01.jpg

dodocool DA125 Micro USB磁力ケーブルです。

「小さすぎて無くしそう」それが第一印象なわけですが、この小ささが武器になってくれちゃいます。

具体的には超コンパクトサイズで、モバイル機器のMicroUSBコネクタに差し込んでおけば、磁力でカチッと接続かのうなケーブル経由で給電を行うことができるという、MicroUSBの抜き差しでコネクタの向きとかで逆になっていつもイライラしていたりする方のストレス解消を実現してくれる感じの商品です。

2017年6月 6日

360度回転可能な「Teyimo tym005」がエアコンルーバーにカッチリ

teyimo_tym005_01.jpg

エアコン吹き出し口へ装着するタイプの車載スマートフォンホルダー Teyimo tym005です。

シンプルでコンパクトな構造で、ネジを回してエアコンのルーバーに挟んで固定して、蝶ナットを回してボールジョイントの角度を調節するだけでOKな工具いらずのスマホスタンドとなります。

2017年6月 4日

サウンドバー「docooler BT808」がBluetoothでも良いけどAUX接続での利用もイケてる

docooler_bt808_01.jpg

docooler BT808です。

デュアル10Wドライバからの20W出力に加え、3Dステレオサウンドシステムを内蔵したBluetooth4.2をサポートのスピーカーになります。

出力は大きめですが、4,400mAHバッテリーを内蔵しているので、最大6時間程度の再生を可能(音量の大きさによって再生時間は増減)としています。

商品サイズは、幅が38cmで奥行き6cm程度。

重量は約620gとなっています。

2017年6月 2日

出不精解消に一役買ってくれる「INSTA360 Nano」の360° 全天球パノラマ式カメラが楽しい

insta360_nano_01.jpg

INSTA360 Nano 360°全天球パノラマ式カメラです。

ちょっとアウトドアなお出かけをするシーンが増えつつあるので、お外に出るなら全天球な写真を思い出として撮っておきたい!という感じにもなったりするわけですね。

そんなわけで、iPhoneに繋げばアプリが連動して起動、そしてそのまま全天球写真をパシャっと取れちゃうINSTA360 Nanoに興味が向いたという流れです。

2017年5月25日

左耳派にもオススメな片耳Bluetoothヘッドセット「SoundPEATS D4」が車載対応&自動ON/OFFでストレスフリー

soundpeats_d4_01.jpg

SoundPEATS D4です。

クレードルに接続して使用するタイプで、主に車内で使用することを想定されたBluetoothヘッドセットとなります。

あらかじめBluetoothデバイスとペアリングしておけば、充電クレードルから外すことで電源がONとなり、通話ボタンを押すだけで電話に応答することが可能となります。クレードルに戻すと電源OFFになると同時に充電されますのでバッテリ切れの心配もありません。

車のエアコン通風口のフィンにクレードルを固定できるようクリップが付属していたりもします。

マイク部分が通常より少し長めに作られており口元に近いため、音を拾いやすく相手に明瞭な声をお届けできるほか、2台同時にペアリング可能なので、私用/仕事用端末で同時ペアリングしておけば、どちらの着信にも対応することが出来ちゃうという便利な商品です。

2017年5月23日

超コンパクトなプロジェクター「P6 Portable Smart Mini DLP LED WiFi Projector」が結構イケてる

p6_portable_projector_01.jpg

アルミ筐体を採用した超コンパクトサイズのWi-Fiプロジェクター P6 Portable Smart Mini DLP LED WiFi Projector です。

ネイティブ解像度は640×480と控えめですが、入力解像度としてはフルHDにも対応。

超コンパクトサイズで30cm~3.5mの距離で投影が可能。50~120インチで投影が可能だとしています。

重量はわずか113gなので、可搬性は抜群。TRIPOD(ミニ三脚)も付属してくるので、ドッキングさせて使用するのも良い感じです。

こんなに小さいにもかかわらず、バッテリーを内蔵していて、ケーブルレスでの動作もバッチリ行えちゃいます。

そして、何気にQuad-core CPUおよび、1GBメモリを搭載しているというから侮れません。

AirPlayやMiracastにも対応しますし、DLNAクライアントにもなれちゃいますし、メモリーカードからの各種メディアの再生もOK。

本体にもスピーカー内蔵してるので、このP6だけでも十分楽しめちゃいますし、3.5mmイヤホンジャックも備えているので、スピーカーに接続すれば簡易シアターの構築も出来ちゃいます。

そんなP6 Portable Smart Mini DLP LED WiFi Projectorがサイズ感の割にどのぐらい実用的なのか使ってみました。